洞庭碧螺春(十大名茶の一つ)


洞庭碧螺春購入


3万6千平方にある太湖は江蘇省とこう江省を渡っている、400キロあまり太湖は呉の時代と越の時代の政治と分化揺籃の中心です。太湖の周囲に昔から多く名茶を生産される上に燦爛なさまざま茶文化も生まれています。
宋代の太湖そばにある呉県(今の蘇州)の洞庭山漂少峰に水月寺を建てられています、その水月寺で生産されていた『水月茶』と蘇州虎丘に生産されている『白雲茶』とも同時の宮廷貢茶をしている。
茶は古人に『仙草の王子様』とも呼ばれている、仙草は天の国である、蘇州は天の国とも言われている仙境であります、そこで多い有名な名茶の中に碧螺春(緑茶)が一番であります。
洞庭碧螺春(緑茶)は明代終わりごろ、清の初期です。太湖洞庭山で生産していることで洞庭碧螺春(緑茶)を呼ばれています。由来はいろいろなあります。
清代1757年に書いた『柳南続筆』による、洞庭東山びろう峰に野生茶木から茶葉を摘み時に量が多く、残り茶葉は摘み茶少女が胸に置きまして、山におりまして、胸に体温で発酵したお茶が出したら、びっくりほど香りで皆が驚きました。それはシャオウジンシャはお茶の名前になりました。
また康シ時代(1699年)康氏皇帝が南下太湖時に,江蘇太守が朱正元に作った名茶シャオウジンシャを献上した、康氏はそのお茶の香りと韻味で好きでもとの名前が気に入れず「碧螺春」を命じした。それからずっと宮廷の献上茶になりました。

もっと信じる由来は『洞庭碧螺春』は『洞庭』は生産場所で解明したほうが正しい、『洞庭碧螺春』の『碧』は茶葉のことを表現しているとおもいます。また『洞庭碧螺春』の『螺春』は出来上がったお茶の形が螺をみたいで、春のお茶一番のことを表現していると思います。この解明方法は多く中国茶を名前にをつける方法とに似ているから、可能性も高いでしょうね。


洞庭碧螺春は太湖の東山と西山であります、茶摘は清明から谷雨まで、谷雨以後に摘みした茶葉はビロシュンで売る出来ません。別の茶類として売るおおいです。優質なビロシュンは一芽一葉です「単芽だけするなら茶味が薄いでなり、また形が小さくて香りが弱いです。」
摘みされた茶葉は選抜してから加工する。工程が高温殺青(150℃~200℃、高級茶は低温、次は高温。)熱揉成形(65℃~75℃、軽い力で揉んで3-4分、あと重力で6~8分)成団露豪(55℃~60℃、12分~15分)文火乾燥(40℃~50℃、6分~8分)。
洞庭碧螺春は1997年前に七級で十三等に基準です、1997年以後は五級になりました。優質洞庭碧螺春は外観が美しい、色が碧緑で鮮やか、香りが高くて味が甘い濃厚であります。茶湯が浅い黄緑で明るいです、芽が大きくて葉が小さいです。
西山は大湖の最高佳境言われている、四面に湖を囲まれる西山は『包山』とも呼ばれている。また道教の『十大洞天』の一つ『林屋洞』ある事で西山も『林屋山』もいいます。
西山は太湖中に一番大きな島です、面積は82.36平方キロです、主峰は3365メートル。中国有名な茶菓産地です。西山に行くのは7キロほどである大湖橋7キロほどである大湖橋(7キロほどである大湖橋。)を渡らないはいけない。最初は蘇州東山湖岸から長沙少島に渡る、長沙少島に渡したら葉山島に渡る、それは渡したら西山です。西山は桃、梨、梅、杏、蜜柑など多いです。ここで宋代の水月寺の遺跡にあります。1747年の『蘇州府誌』による、茶が呉県西山、谷雨前に最貴重で最高級で言われている。宋代には『水月茶』で言う、近代碧螺春と同じお茶を見られます。唐代の大詩人皮日休と陸亀蒙とも水月茶を詠讃している。

皮日休《茶坞〉诗

闲寻尧氏山,遂入深深坞。种荈已成园,栽葭宁记亩。
石洼泉似掬,岩罅云如缕。好是夏初时,白花满烟雨。



それから見ると西山は唐代でも有名な産地あることで証明されています。




洞庭碧螺春と産地情報ガイト
f0070743_106543.jpg
f0070743_105198.jpg



写真は馨華の洞庭碧螺春極品です。


洞庭碧螺春購入こちらへ
[PR]
# by 10tea | 2006-02-15 15:05 | 中国茶の分類・物語 | Comments(0)

世界の紅茶女王、上品な祁門紅茶

祁門紅茶


キーマン紅茶は光緒年間に作られています。1915年バーナマ国際展示会に金賞を受賞、


また1987年にビリス首都で26回世界優質食品会に金賞を受賞。国際市場にキーマン紅茶は“君羊芳最”“茶中英豪”ともよばれています。現在世界にある紅茶の元祖です、インドの大吉嶺・アサムー・スリランカなど紅茶より高級なものです。

キーマンは安徽省の南端、唐永泰二年(766年)県になり。もともとxian 州で所属、現在は黄山市。『続文献通考』による、キーマン県はと東北にきー山をある、西南はqiang門にある、あわせてキーマンを呼びました。
現在は2257平方キロ。宋代に有る詩で「三十六渓清浅水、二十四重高下山」で誉めている。

キーマンのお茶は唐代から有名、白居易の「ピバ行」に「商人重利軽別離、前月浮梁買茶去」による、「浮梁」は唐代のキーマンのことです、キーマンは唐代に有名の茶市場ことを表明している。また唐代(862年)にもxi州の知事はお茶市場を繁栄していたことが書いている文献あります。

キーマンは原産緑茶です。製茶方法は六安茶と似ている、また安緑も呼びます、屯緑なかに高級緑茶です.

光緒元年(1875年)安徽qian県に出身の余幹臣が福建県から官職を辞めて、武夷山で正山紅茶を勉強して、キーマンに茶荘を作って、武夷山同じ製茶方で紅茶を作り成功した。また同年に胡元龍も試製成功した。それから大面積で作って全国に広がりました。

光緒八年にきー門紅茶は国際市場に広がりました。1931年70キロ紅茶は360両白銀で高い値段でうれていました。同時に「王子茶」「皇室茶」などよばれました。イギリスは特に人気をあります。

キーマン香は烏黒でツヤであります、形がすこし曲がっている、金豪などある、茶湯が紅亮でma naoみたい、香が高くて果物や花の香りみたい、味があまくて、口間に味を残ります。色・香・味がすべて上品です、世界の紅茶に追い着かないであり。

インギリスの詩人がキーマン紅茶についてこんな詩を残っている、「中国茶の香には春天の花香をあります。」


祁門紅茶
f0070743_953852.jpg
f0070743_9540100.jpg



祁門紅茶の購入こちらへ
[PR]
# by 10tea | 2006-02-07 09:54 | 紅茶・物語 | Comments(0)

馨華献上銘茶


by 馨華献上銘茶
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る