中国茶芸の纏め

中国茶芸は実は色々なあります、
日本で烏龍茶をよくしていますが、
実は色々なあります。
今日纏めてみました。
貴方している茶芸いくつありますか?
f0070743_15235615.jpg
中国福建省工夫茶詳しくこちら
f0070743_15223822.jpg

# by 10tea | 2006-03-03 11:36 | 茶芸観賞・茶文化 | Comments(2)

中国茶道と普通の淹れ方

中国茶茶道概念

f0070743_1021443.jpg
中国茶の入れ方の見本は詳しくこちら


茶を中国から世界に広がりまして、茶道も中国から開始しています。 
茶道は漢代に始まり、唐代に流行して、宋代と明代に最上の茶道を完成しています、近代に(アンヘイ戦争以後)廃止ぐらいなってしまった。中国茶道は日本・韓国など伝えていました。中国茶道は他国で新しい発展してます。
 
中国茶道はについてこんな理解でよいでしょう。

一:中国茶道は飲茶之道でことです。

陆羽著《茶经》三卷,分一之源、二之具、三之造、四之器、五之煮、六之飲、七之事、八之出、九之略、十之图十章。四之器叙述炙茶、煮水、煎茶、飲茶など器具二十四种。"茶道"就是指陆羽《茶经》に紹介した飲茶之道。


二:中国茶道は飲茶で修道することです。
   
  唐末劉贞亮による茶"十德"ある,"以茶散郁气,以茶驱睡气,以茶养生气,以茶除病气,以茶利礼仁,以茶表敬意,以茶尝滋味,以茶可行道,以茶可雅志。"これは飲茶で修道でことをある。   


三:中国茶道は飲茶で道である、

  老子による『道法自然』、道は自然であること、佛教による、有で無、無で有。それは飲茶は道であること同じ考えです。
  
四:中国茶道は芸・修行・道などの結晶。  


中国茶の入れ方見本はくわしくこちらです。
# by 10tea | 2006-03-02 10:23 | 茶芸観賞・茶文化 | Comments(0)

気持ちいい風景、日暮里の下町

先日、いい天気で日暮里にいきました、
狭いの街中に皆楽しく買い物の姿見て本当に親しみ感じでした。
猫も太陽の下に腰を伸びしたり、
歩きしたり、大自然の下町でした。
これは見ると、


f0070743_10245963.jpg
歴史に残ってる飴屋さん

午前中に
新橋の高層ビルと比べるとなんで不思議な気持ちなりました。
# by 10tea | 2006-03-01 10:29 | 人生七味日記 | Comments(0)

君山茶盛称于唐,始贡于五代(100%本物の産地に来た)

f0070743_12125599.jpg

私は君山公園で工場の方と記念写真です、
君山銀針の会社はかなり古い建物の中で伝統に従って管理されていました。


『君山茶盛称于唐,始贡于五代』君山銀針の産地こちら


f0070743_1213573.gif
君山公園中の蓮。

f0070743_12131774.jpg

君山公園に有名な井、この中の水で君山銀針茶を淹れるらしいです。

唐代詩僧斉己(863~937年)の文章による唐zhen観十五年(641年)松讃幹布のお嫁さんになって文成公主は入蔵時にもているお茶は『滬湖含膏』である、それは君山銀針。

清代同治年間に『芭嶺県誌』による、『君山貢茶は1781年から、年間8キロを献上している.』
1956年ドイツラービ博覧会に金賞を受賞、『茶身黄似金、芽針白如玉』と『茶
蓋中華、値圧天下』、1957年十大銘茶になりました。

君山は昔に湘山でよばれている、有縁山、洞庭山、小蓬莱である、面積は0.98平方キロです。72峰である、ここで中華民族伝統文化の優秀場所である。
黄帝の鋳鼎、YU帝の二妃の墓、秦始皇の封山印、漢武帝の射交台、柳い井など・・・・

君山銀針茶は優れるくれる君山の地理と気候です。

君山気候:
君山の最高峰は63.5メトル、基本的に高い山ではなく、丘嶺である。
しかし君山は周りに湖である、500キロ洞庭湖の湖水は毎日に蒸発して君山が年間雲霧あり。君山は年平均に大霧日は30日、軽い霧日が270日である、雲霧の原因で君山に雲霧茶ができます。

君山の土壌:

石を混ぜる砂地であり、土質がやわらかい、水分を蒸発やすい、深いどこ呂に水分吸収するために茶樹の根が横に広がります、茶樹の根があるものは6メートほど伸びている。また夏温度高いで、砂など昼夜と温度さあります、茶樹は自然に育てる土壌である。
君山生態環境

君山の茶園に高大の松木、風樹、杜英、梨、ビバーなど交差して植えている、茶樹は谷や山の傾斜面など植えている。植物が99科目、221属で311種類、緑化面積90%である、冬が気温高い、春が温度変化すくない、良好な自然環境は茶樹に有利生長みられます。
君山銀針合うお水。
明代詩人tan yuan 春はの『試茶』による『臨湖不飲湖、愛汲柳家井。茶照楼上人、君山破湖影。』君山にすばらしい会うお水もあります.。それは柳家井です。

君山に純粋な愛情の物語によるば班竹をある、それは娥皇、女英は旦那のyu帝を探したとき、旦那を死んでことを分かって悲しくて泣いた竹に涙で君山しかない班竹なりました、また土に落ち涙が茶樹になって愛情も表現した茶樹でした。

君山銀針は『摘み青、擺冷、初共、初包、復共、擺冷、復包、乾燥』は八道工程など72時間で完成する。

初包は茶葉が1キロから1.5キロで牛皮紙でお茶を40~48時間で自然発酵する。これは黄茶の特徴です。

君山銀針は芽でだけ原料でなる。芽頭を摘み時に芽頭と茶毛を傷がならないように、入れる竹藍は白い生地や紙など敷きます。摘み時期は清明前に3天前にと後10日だけ、芽頭は2.5から30ミリ、幅は3~4まで、芽締は2ミリです。
九不采である,『雨天、露水、紫色芽、殻芽、明け口芽、傷ある芽、虫芽、痩せている芽、長い短い芽』など不摘みである。
君山銀針を入れるお勧め方法:1:透明ガラスを入れるよい、2:100℃お湯で高いどころから注ぎ後すぐに蓋が閉め。これで君山銀針の『雀舌含珠』、『三起三落』、『群筍出土』、『万筆書天』など奇観をみれる。高温で君山の清香と韻味でる、繊細な白毛が多いですから、高温必要です。

湯色が橘黄である、艶亮の中に緑が見える、清香が高くて繊細であります。緑茶より味が弱い、口に入れましたら喉から全身までパーワを感じます.。


君山銀針の購入こちら君山銀針はこんなに綺麗な葉である
# by 10tea | 2006-02-28 09:58 | 中国茶の分類・物語 | Comments(0)

中国茶の六種類(発酵度による)




中国茶は大きく分けて六つの分類で分けられますが、
これは、製造する過程での「発酵度合い」による違いで、
発酵度の低いものから緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶に分けられます。
また、ジャスミン茶などは花の香りを茶葉に添加させたもので、「花茶」として分類されます。そこで、お茶の発酵度を左右する、製造工程にちょっと触れてみます。


中国茶六種類は更に知りたい方こちら>
f0070743_16553135.gif


中国茶六種類は更に知りたい方こちら
# by 10tea | 2006-02-27 17:04 | 茶芸観賞・茶文化 | Comments(0)

懐かしいもので私の思い出

先日に調布市国領のあくろすどころに展示会みました、
一番懐かしい、一番時代を感じる物の写真を撮りました。

この二つものは、
ミシンはうちのお母さんよく使って、
家族の服を作りました。
ラジオは私が一番すきで、
よく聞いてました。

両方とも田舎にとって、
すごく大事の家庭用品でした。

本当に懐かしいでした。

# by 10tea | 2006-02-27 13:51 | 人生七味日記 | Comments(0)

馨華献上銘茶


by 馨華献上銘茶
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る