祁門紅茶


キーマン紅茶は光緒年間に作られています。1915年バーナマ国際展示会に金賞を受賞、


また1987年にビリス首都で26回世界優質食品会に金賞を受賞。国際市場にキーマン紅茶は“君羊芳最”“茶中英豪”ともよばれています。現在世界にある紅茶の元祖です、インドの大吉嶺・アサムー・スリランカなど紅茶より高級なものです。

キーマンは安徽省の南端、唐永泰二年(766年)県になり。もともとxian 州で所属、現在は黄山市。『続文献通考』による、キーマン県はと東北にきー山をある、西南はqiang門にある、あわせてキーマンを呼びました。
現在は2257平方キロ。宋代に有る詩で「三十六渓清浅水、二十四重高下山」で誉めている。

キーマンのお茶は唐代から有名、白居易の「ピバ行」に「商人重利軽別離、前月浮梁買茶去」による、「浮梁」は唐代のキーマンのことです、キーマンは唐代に有名の茶市場ことを表明している。また唐代(862年)にもxi州の知事はお茶市場を繁栄していたことが書いている文献あります。

キーマンは原産緑茶です。製茶方法は六安茶と似ている、また安緑も呼びます、屯緑なかに高級緑茶です.

光緒元年(1875年)安徽qian県に出身の余幹臣が福建県から官職を辞めて、武夷山で正山紅茶を勉強して、キーマンに茶荘を作って、武夷山同じ製茶方で紅茶を作り成功した。また同年に胡元龍も試製成功した。それから大面積で作って全国に広がりました。

光緒八年にきー門紅茶は国際市場に広がりました。1931年70キロ紅茶は360両白銀で高い値段でうれていました。同時に「王子茶」「皇室茶」などよばれました。イギリスは特に人気をあります。

キーマン香は烏黒でツヤであります、形がすこし曲がっている、金豪などある、茶湯が紅亮でma naoみたい、香が高くて果物や花の香りみたい、味があまくて、口間に味を残ります。色・香・味がすべて上品です、世界の紅茶に追い着かないであり。

インギリスの詩人がキーマン紅茶についてこんな詩を残っている、「中国茶の香には春天の花香をあります。」


祁門紅茶
f0070743_953852.jpg
f0070743_9540100.jpg



祁門紅茶の購入こちらへ
[PR]
# by 10tea | 2006-02-07 09:54 | 紅茶・物語 | Comments(0)

馨華献上銘茶


by 馨華献上銘茶
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31