[宋]赵佶著

《大观茶论》
【原文】

  尝谓首地而倒生,所以供人求者,其类下一。谷粟之于饥,丝[
上台下木]之于寒①,虽庸人孺子皆知常须而日用,不以时岁之舒迫
而可以兴废也。至若茶之为物,擅瓯闽之秀气,钟山川之灵禀,祛襟
涤滞,致清导和,则非庸人孺子可得而知矣,中澹间洁,韵高致静。

  则非遑遽之时可得而好尚矣。本朝之兴,岁修建溪之贡②,尤团
凤饼③,名冠天下,而壑源之品,亦自此而盛。延及于今,百废俱兴
,海内晏然,垂拱密勿④,幸致无为。缙绅之士,韦布之流,沐浴膏
泽,熏陶德化,盛以雅尚相推,从事茗饮,故近岁以来,采择之精,
制作之工,品第之胜,烹点之妙,莫不盛造其极。且物之兴废;固自
有时,然亦系平时之汗隆⑤。时或遑遽,人怀劳悴,则向所谓常须而
日用,犹且汲汲营求,惟恐不获,饮茶何暇议哉!世既累洽⑥,人恬
物熙。则常须而日用者,固久厌饫狼籍,而天下之士,励志清白,兢
为闲暇修索之玩,莫不碎玉锵金,啜英咀华。较筐箧之精,争鉴裁之
别,虽下士于此时,不以蓄茶为羞,可谓盛世之情尚也。呜呼!至治
之世,岂惟人得以尽其材,而草木之灵者,亦得以尽其用矣。偶因暇
日,研究精微,所得之妙,后人有不自知为利害者,叙本末列于二十
篇,号曰茶论。

  【注释】

  ①丝[上台下木]之干寒:[上台下木],音xi1,麻。《玉篇〉:

  “麻,有籽曰苴,无籽曰[上台下木]。”

  ②岁修建溪之贡:建溪,原为河名,其源在浙江,流入福瓯县境
内。所产的茶气味香美,唐代即为贡品。宋初,朝廷更派专使在此焙
制茶叶进贡。

  ③龙团凤饼:茶名,为福建北苑精制的“贡茶”。

  ④垂拱密勿:垂拱,垂衣拱手,古时形容太平无事,可无为而治
。密勿,勤劳谨慎。颜师古〈五经定本〉注:“密勿,犹黾勉从事也
”。

  ⑤时之汗窿:汗隆,即隆污,指世道之盛衰或政治的兴替。

  ⑥世既累洽:累洽,世代相承太平无事。

  【原文】

  地产:植产之地,崖必阳,圃必阴。盖石之性寒,其叶抑以瘠①
,其味疏以薄②,必资阳和以发之;土之性敷③,其叶疏以暴④,其
味强以肆⑤,必资阴荫以节之。阴阳相济,则茶之滋长得其宜。

  【注释】

  ①其叶抑以瘠:抑,受抑制;瘠,瘦小。

  ②其味疏以薄:疏,稀、少。〈老子〉:“天网恢恢,疏而不漏
。”

  ③土之性敷:敷,肥沃,敷腴。

  ④真叶疏以暴:疏,疏展、充分展开。暴,脱落,

  ⑤其味强以肆:肆,放纵无节制。

  【原文】

  天时:茶工作于惊蛰①,尤以得天时为急。轻寒,英华渐长;条
达而不迫,茶工从容致力,故其色味两全。若或对[1]郁燠②,芽甲
奋暴,促工暴力随稿,晷刻所迫,有蒸而未及压,压而未及研,研而
未及制,茶黄留积,其色味所失已半。故焙人得茶天为庆。

  【注释】

  ①茶工作于惊蛰:惊蛰,二十四节气之广。在每年农历二月上旬


  ②时[1]燠:[1],读音yang4,日出。燠,读音yu4,闷热。

  [1]:“炀”字火旁换日旁。

  【原文】

  采择:撷茶以黎明,见日则止。用爪断芽,不以指揉,虑气汗熏
渍;茶不鲜洁。故茶工多以新汲水自随,得芽则投诸水。凡牙如雀舌
谷粒者为斗品①,一枪一旗为拣芽②,一枪二旗为次之,余斯为下。

  茶之始芽萌则有白合,既撷则有鸟带③,白合不去害茶味,鸟带
不去害茶色。

  【注释】

  ①凡芽如雀舌谷粒者为斗品:雀舌谷粒,茶芽刚刚萌生随即采摘
,精制成茶后形似雀舌谷粒细小嫩香。后世“雀舌”成一种优质茶名
。斗品,品位最上等的茶。

  ②一枪一旗为拣芽:一枪一旗,即一芽一叶,芽未展尖细如枪,
叶已展有如旗帜。又称“中芽”。下文一枪二旗即一芽二叶。

  ③白合、乌带:百合,指两叶抱生的茶芽。乌带,当为“乌蒂”
,茶芽的蒂头。

  【原文】

  蒸压:茶之美恶、尤系于蒸芽压黄之得失。蒸太生则芽滑,故色
清而味烈;过熟则芽烂,故茶色赤而不胶①。压久则气竭昧漓②,不
及则色暗昧涩。蒸芽欲及熟而香,压黄欲膏尽急止。如此,则制造之
功,十已得七、八矣。

  【注释】

  ①茶色赤而不胶:胶,牢固。《诗经·隰桑〉:“既具君子,德
音孔胶”。

  ②气竭味漓,漓,薄。〈司马光赋〉:“弃漓而归厚”。

  【原文】

  制造:涤芽惟洁,濯器惟净①,蒸压惟其宜,研膏惟熟,焙火惟
良。饮而有少砂者,涤濯之下精也;文理燥赤者,焙火之过熟也。夫
造茶,先度日晷之短长②,均工力之众寡,会采择之多少,使一日造
成,恐茶过宿,则害色味。

  【注释】

  ①濯器惟净:濯,读音zhuo2,洗涤。〈孟子·离娄上〉:“清
所濯缨。浊斯濯足矣”。

  ②日晷:晷,读音gui3,日影,引申为时光。

  【原文】

  鉴辩:茶之范度不同,如人之有首面也。膏稀者,其肤蹙以文;
膏稠者,其理歙以实;即日成者,其色则青紫;越宿制造者,其色则
惨黑。有肥凝如赤蜡者。末虽白,受汤则黄;有缜密如苍玉者,末虽
灰,受汤愈白。有光华外暴而中暗者,有明白内备而表质者,其首面
之异同,难以慨论,要之,色莹彻而不驳,质缤绎而不浮,举之凝结
,碾之则铿然,可验其为精品也。有得于言意之表者,可以心解,又
有贪利之民,购求外焙已采之芽,假以制造,碎已成之饼,易以范模
。虽名氏采制似之,其肤理色泽,何所逃于鉴赏哉。

  白茶①:白茶自力一种,与常茶不同,其条敷阐,其叶莹薄。崖
林之间,偶然生出,虽非人力所可致。有者不过四、五家,生者不过
一、二株,所造止于二、三胯而已②。芽英不多,尤难蒸培,汤火一
失,则已变而为常品。须制造精微,运度得宜,则表里昭彻,如玉之
在璞,它无与伦也;浅焙亦有之,但品不及。

  【注释】

  ①白茶:宋代福建北苑贡茶品种之一,因品质优质、产量少而难
得,一直在北苑贡茶中名列第一。

  ②所造止二、三胯:胯,当作“[金夸]"。[金夸]为压制饼茶的
模具。《宣和北苑贡茶录》载有“贡新[金夸]"、”试新[金夸]"等饼
茶模具数十种。这里引申为度量单位。二、三[金夸]即二、三个用铸
压成的饼茶。

  【原文】

  罗碾:碾以银为上,熟铁次之,生铁者非掏拣捶磨所成,间有黑
屑藏干隙穴,害茶之色尤甚,凡碾为制,槽欲深而峻,轮欲锐而薄。

  槽深而峻,则底有准而茶常聚①:轮锐而薄,则运边中而槽不戛
②。罗欲细而面紧,则绢不泥而常透。碾必力而速,不欲久,恐铁之
害色。罗必轻而平,不厌数,庶已细青不耗。惟再罗则入汤轻泛,粥
面光凝③,尽茶之色。

  【注释】

  ①底有准而茶常聚:准,平直。《说文〉:“准,平也”。此处
指碾槽底是平直的,槽身峻深,槽底平直,茶叶容易聚集在槽底,碾
出的茶未大小均匀。

  ②运边中而槽不戛:戛,读音jia2,敲击。

  ③粥面光凝,古人煎茶时称汤光茶多,茶叶浮在表面,如熬出的
粥面一样泛出光泽,叫“粥面聚”。

  【原文】

  盏:盏色贵青黑,玉毫条达者为上①,取其燠发茶采色也。底必
差深而微宽,底深则茶宜立而易于取乳②,宽则运筅旋彻不碍击拂,
然须度茶之多少。用盏之大小,盏高茶少则掩蔽茶色,茶多盏小则受
汤不尽。盏惟热则茶发立耐久。

  【注释】

  ①盏色贵青黑,玉毫条达者为上:宋人斗茶,茶汤尚白色,所以
喜欢用青黑色茶杯,以相互衬托。其中尤其看重黑釉上有细密的白色
斑纹,古人称为“兔毫斑”。见前注。

  ②易于取乳:宋人斗茶,以茶面泛出的汤茶色白为止,乳即指白
色汤花。宋代大诗人苏轼《试院煎茶》诗云:“雪乳已翻煎处脚,松
风忽作泻时声”。

  【原文】

  筅①,茶筅以[角力]竹老者为之:身欲厚重,筅欲[正束]劲,本
欲壮而未必吵,当如剑瘠之状。盖身厚重,则操之有力而易于运用;
筅[正束]劲如剑瘠,则击拂虽过而浮沫不生。

  【注释】

  ①筅:读音xian3,古时茶具,竹制形似帚,用以搅拂茶汤。

  【原文】

  瓶,瓶宜金银,小大之制,惟所裁给。注汤害利,独瓶之口嘴而
已。嘴之口差大而宛直,则注汤力紧而不散;嘴之未欲园小而峻削,
则用汤有节而不滴沥。盖汤力紧则发速有节,不滴沥,则茶面不破。

  构:构之大小,当以可受一盏茶为量,过一盏则必归其余,不及
则必取其不足。倾勺烦数,茶必冰矣。

  水:水以清轻甘洁为美①。轻甘乃水之自然,独为难得。古人品
水,虽曰中泠惠山为上②,然人相去之远近,似不常得。但当取山泉
之清洁者。其次,则井水之常汲者为可用。若江河之水,则鱼鳖之腥
,泥泞之污,虽轻甘无取。凡用汤以鱼目蟹眼连绎并跃为度。过老则
以少新水投之,就火顷刻而后用。

  【注释】

  ①水以清轻甘洁为美:古人烹茶,极重水的质量。清轻甘洁,就
是对水的要求。清,是对浊而言,要求水澄汪不混浊:轻,是对重而
言,好水质地轻,即今日说的“软水”;洁,干净卫生,无污染。这
三者是讲水质。甘则指水味,要求入口有甜美,不咸不苦。

  ②中泠惠山为上:中泠,在长江镇江一带,唐人〈煎茶水记》说
:“扬子江南零水,第一。”南零,即南泠,与北泠、中泠合称“三
泠”,唐以后人多称道中泠。惠山,在江苏无锡。《煎茶水记》说:
“无锡惠山寺石水,第二”。

  【原文】

  点①:点茶不一。而调膏继刻②,以汤注之,手重筅轻,无粟文
蟹眼者,调之静面点。盖击拂无力,茶不发立,水乳未浃,又复增汤
,色泽不尽,英华沦散,茶无立作矣。有随汤击拂,干筅俱重,立文
泛泛。谓之一发点、盖用汤已故,指腕不圆,粥面未凝。茶力已尽,
云雾虽泛,水脚易生。妙于此者,量茶受汤,调如融胶。环注盏畔,
勿使侵茶。势不砍猛,先须搅动茶膏,渐加周拂,手轻筅重,指绕腕
旋,上下透彻,如酵蘖之起面。[正束]星皎月,灿然而生,则茶之根
本立矣。第二汤自茶面注之,周回一线。急注急上,茶面不动,击指
既力,色泽惭开,珠玑磊落。三汤多置。如前击拂,渐贵轻匀,同环
旋复,表里洞彻,粟文蟹眼,泛结杂起,茶之色十已得其六七。四汤
尚啬。筅欲转稍宽而勿速,其清真华彩,既已焕发,云雾渐生。五汤
乃可少纵,筅欲轻匀而透达。如发立未尽,则击以作之;发立已过,
则拂以敛之。结浚霭,结凝雪。茶色尽矣。六汤以观立作,乳点勃结
则以筅著,居缓绕拂动而已,七汤以分轻清重浊,相稀稠得中,可欲
则止。乳雾汹涌,溢盏而起,周回旋而不动,谓之咬盏。宜匀其轻清
浮合者饮之,《桐君录》曰,“茗有饽,饮之宜人,虽多不力过也。

  ”【注释】

  ①点:把茶瓶里煎好的水注入茶杯中。

  ②调膏继刻:调膏,来人饮茶,先在茶杯里放人茶未二钱,注入
少许水,加以搅动,使茶膏像融胶那样有一定浓度和粘度,这叫”调
膏”,此后才注入煎好的沸水。

  【原文】

  味:夫茶以味为上。香甘重滑,为味之全。惟北苑壑源之品兼之
。其味醇而乏风骨者,蒸压太过也。茶枪乃条之始萌者,木性酸,枪
过长则初甘重而终微涩,茶旗乃叶之方敷者,叶味苦,旗过老则初虽
留舌而饮彻反甘矣。此则芽胯有之,若夫卓绝之品,真香灵味,自然
不同。

  香:茶有真香,非龙麝可拟①。要须蒸及熟而压之,及千而研,
研细而造,则和美具足。入盏则馨香四达。秋爽洒然。或蒸气如桃人
夹杂②,则其气酸烈而恶。

  【注释】

  ①非龙麝可拟:龙麝,龙脑、麝香。都是古代著名香料。

  ②或蒸气如桃人夹杂:桃人,即“桃仁”。茶蒸不熟时会有桃仁
一类草木异味。宋人黄儒《品茶要录》说,“蒸不熟,则虽精芽,所
损者甚多,试时色青易沉。味为挑仁之气者,不蒸熟之病也。唯正熟
者味甘香”。

  【原文】

  色:点茶之邑,以纯白为上真,青白为次,灰白次之,黄白又次
之。天时得于上,人力尽于下,茶必纯白。天时暴暄,芽萌狂长,采
造留积,虽白而黄矣。青白者蒸压微生。灰白者蒸压过熟。压膏不尽
,则色青暗。焙火太烈,则色昏赤。

  藏焙,数焙则首面干而香减。失焙则杂色剥而味散,要当新芽初
生,即焙以去水陆风湿之气。焙用热火置炉中,以静灰拥合七分①,
露火三分,亦以轻灰糁覆,良久即置焙篓上,以逼散焙中润气。然后
列茶于其中,尽展角焙,未可蒙蔽,候人速彻覆之。火之多少,以焙
之大小增减。探手中炉:火气虽热,而不至逼人手者为良。时以手[
扌妥]茶,体虽甚热而无害,欲其人力通彻茶体尔。或曰,焙火如人
体温,但能燥茶皮肤而已,内之湿润未尽,则复蒸[1]矣②。焙毕,
即以用久竹漆器中缄藏之③。阴润勿开,终年再焙,色常如新。

  【注释】

  ①以静灰佣合:静灰,据其它茶书记载,应为

  ②则复蒸[1]矣:读音ye1,热气。

  ③缄藏之:缄,封闭。

  [1]:“喝”字口旁换日旁【原文】

  品名:名茶各以圣产之地叶。如耕之平园台星岩叶,刚之高峰青
凤髓叶,思纯之大岚叶,屿之屑山叶,五崇柞之罗汉上水桑牙叶,坚
之碎石窠石臼窠叶,琼叶。辉之秀皮林叶,师复师贶之虎岩叶,椿之
无又岩芽叶,懋之老窠园叶①,各擅其美,未尝混淆,不可慨举,后
相争相鬻,互为剥窃,参错无据。不知茶之美恶,在于制造之工拙而
已,岂岗地之虚名所能增减哉。焙人之茶,固有前优而后劣者,昔负
百今胜者,是亦园地之不常也。

  【注释】

  ①以上所述各产茶地和名茶,都是其时其地的。随着时代的发展
,有盛有衰,至旋生旋灭,即下文所言:“是亦园地之不常也”。今
己大部不存,注亦无甚意义,故不注。

  【原文】

  外焙①:世称外焙之茶,脔小而色驳②,体耗而味淡。方正之焙
,昭然则可。近之好事者,[上竹下夹]笥之中,往往半之,蓄外焙之
品。盖外焙之家,久而益工,制之妙,咸取则于壑源,效像规模摹外
为正,殊不知其宵虽等而蔑风骨,色泽虽润而无藏畜,体虽实而缜密
乏理,味虽重而涩滞乏香,何所逃乎外焙哉?虽然,有外焙者,有浅
焙者。盖浅焙之茶,去壑源为未远,制之能工,则色亦莹白,击拂有
度,则体亦立汤,惟甘重香滑之味,稍远于正焙耳。于治外焙,则迎
然可辨。其有甚者,又至于采柿叶桴榄之萌,相杂而造。时虽与茶相
类,点时隐隐如轻絮,泛然茶面,粟文不生,乃其验也。桑苎翁曰:

  “杂以卉莽,饮之成病。”可不细鉴而熟辨之。

  【注释】

  ①外焙:不是由官方正式设置的焙茶处处所,亦即个人私设的茶
叶加工制造处所。

  ②脔小而色驳:脔,本为肉块。《说文》:“切肉,脔也”。这
里指茶叶体瘦小.色驳,颜色不正。
 
[PR]
# by 10tea | 2006-02-16 10:48 | 茶芸観賞・茶文化 | Comments(0)

茶と十二星座

十二星座与花草茶

  牡羊座(ARIES)3月21日~4月19日

  率真、直接、精力旺盛、活力充沛的星座但卻有衝動易怒的缺點,這時應該來點降火的飲料可飲用薄荷或檸檬等清爽的飲料。

  金牛座(TAURUS)4月20日~5月20日

  平穩、認真重實際也重視美感的星座,是天生的美食家,金牛座喜歡真才實料的東西,以草莓、櫻桃、水蜜桃等果香較重的茶,較能滿足金牛座的口味。

  雙子座(GEMINI) 5月21日~6月21日

  活潑、伶俐、善變,勇於嘗試新鮮事物的雙子座,喜歡多變化的生活,單純的飲料是無法滿足犀利又敏感的他(她),所以有濃郁口感及成份多重的飲料是粉適合雙子座的唷!

  巨蟹座(CANCER) 6月22日~7月22日

  柔順溫和、善解人意、帶著母愛光輝的巨蟹,有著極度戀家的傾向,爲了填補巨蟹的不安全感,帶有奶香的茶特別適合飲用。消化問題是巨蟹們的健康毛病,可飲用含有橘橙片、薄荷的飲料。

  獅子座(LEO) 7月23日~8月22日

  具有熱情、膽識、講究氣派華麗的星座,向日葵口味的果茶最適合獅子座。但若要使獅子座舒緩壓力,薰衣草可算是不錯的選擇喔。

  處女座(VIRGO) 8月23日~9月22日

  重內涵、求真善美有點挑剔的處女座,帶著一股高雅的氣質。紫羅蘭、薰衣草及藍莓口味的果茶,都非常適合追求完美的處女座飲用。

  天秤座(LIBRA) 9月23日~10月22日

  愛美、對凡事追求平衡與公正,有著天生的外交本領周旋在各色人物之間,綜合了所有的花草與果粒的各種花果茶,是最適合的飲料。花果茶具有酸甜兩種滋味,浪漫與口感都具備,是在適也不過的飲料。

  天蠍座(SCORPIO) 10月23日~11月21日

  神秘詭譎,令人費疑猜的星座。神秘、美麗似乎與蠍子劃上了等號,所以色澤動人、香醇濃郁的茶,例如櫻桃、藍莓等口味的果茶可吸引蠍子品嘗,而爲了舒解易堆積的壓力,可嘗嘗含有橘橙片、薄荷等的花草茶。

  射手座(SAGITTARIUS) 11月22日~12月21日

  喜歡夢想的射手座,像永遠長不大的大小孩,熱情率真。熱帶水果口味,最適合射手漂迫的心了。對喜愛戶外活動的射手們來說,要消除疲勞應喝含有薰衣草、薄荷葉等飲料。

  摩羯座(CAPRICORN) 12月22日~1月19日

  “鐵杵磨成繡花針”的毅力和耐心,非摩羯莫屬。摩羯一步一腳印的實務作風,使得事業或愛情都能獲得結果,而爲了面對常期的壓力與煩燥,就來點帶有菩提子花及檸檬草的飲料吧!

  水瓶座(AQUARIUS) 1月20日~2月18日

  水瓶座具有思想超前、理性自重、思考敏銳,反應靈巧且聰明等特質,茉莉花香淡雅細膩,香味馥鬱,可以幫助水瓶座人士頭腦思考,智力加分。

  雙魚座(PISCES) 2月19日~3月20日

  天生多情,浪漫感性的雙魚座,充滿了唯美的想法,粉紅玫瑰再加點薰衣草淡淡的香味,更能襯托浪漫的雙魚寶寶們,而優雅的紫羅蘭,柔柔的紫色帶有芬芳的“感覺”。

  
  對於熱情,直爽的火象星座,悠閒的喝著下午茶似乎是一件遙不可及的事情,他們比較喜歡一飲而盡的方式,茶的品種也以清涼,降火的品種爲宜。而比較喜歡新鮮的風象星座,多半喜歡一些比較新奇的香味,滿足其好奇心;或者偏淡雅的茶葉,可以幫助他們理性的思考。土象星座的人最有品茶的適情雅興了,他們所鍾愛的茶葉,一般要香味濃郁,回味悠長的類型。而水象星座的人們,多有浪漫,神秘的氣質,適合一些帶有夢幻色彩類型的茶葉。
[PR]
# by 10tea | 2006-02-16 10:35 | Comments(0)

洞庭碧螺春購入


3万6千平方にある太湖は江蘇省とこう江省を渡っている、400キロあまり太湖は呉の時代と越の時代の政治と分化揺籃の中心です。太湖の周囲に昔から多く名茶を生産される上に燦爛なさまざま茶文化も生まれています。
宋代の太湖そばにある呉県(今の蘇州)の洞庭山漂少峰に水月寺を建てられています、その水月寺で生産されていた『水月茶』と蘇州虎丘に生産されている『白雲茶』とも同時の宮廷貢茶をしている。
茶は古人に『仙草の王子様』とも呼ばれている、仙草は天の国である、蘇州は天の国とも言われている仙境であります、そこで多い有名な名茶の中に碧螺春(緑茶)が一番であります。
洞庭碧螺春(緑茶)は明代終わりごろ、清の初期です。太湖洞庭山で生産していることで洞庭碧螺春(緑茶)を呼ばれています。由来はいろいろなあります。
清代1757年に書いた『柳南続筆』による、洞庭東山びろう峰に野生茶木から茶葉を摘み時に量が多く、残り茶葉は摘み茶少女が胸に置きまして、山におりまして、胸に体温で発酵したお茶が出したら、びっくりほど香りで皆が驚きました。それはシャオウジンシャはお茶の名前になりました。
また康シ時代(1699年)康氏皇帝が南下太湖時に,江蘇太守が朱正元に作った名茶シャオウジンシャを献上した、康氏はそのお茶の香りと韻味で好きでもとの名前が気に入れず「碧螺春」を命じした。それからずっと宮廷の献上茶になりました。

もっと信じる由来は『洞庭碧螺春』は『洞庭』は生産場所で解明したほうが正しい、『洞庭碧螺春』の『碧』は茶葉のことを表現しているとおもいます。また『洞庭碧螺春』の『螺春』は出来上がったお茶の形が螺をみたいで、春のお茶一番のことを表現していると思います。この解明方法は多く中国茶を名前にをつける方法とに似ているから、可能性も高いでしょうね。


洞庭碧螺春は太湖の東山と西山であります、茶摘は清明から谷雨まで、谷雨以後に摘みした茶葉はビロシュンで売る出来ません。別の茶類として売るおおいです。優質なビロシュンは一芽一葉です「単芽だけするなら茶味が薄いでなり、また形が小さくて香りが弱いです。」
摘みされた茶葉は選抜してから加工する。工程が高温殺青(150℃~200℃、高級茶は低温、次は高温。)熱揉成形(65℃~75℃、軽い力で揉んで3-4分、あと重力で6~8分)成団露豪(55℃~60℃、12分~15分)文火乾燥(40℃~50℃、6分~8分)。
洞庭碧螺春は1997年前に七級で十三等に基準です、1997年以後は五級になりました。優質洞庭碧螺春は外観が美しい、色が碧緑で鮮やか、香りが高くて味が甘い濃厚であります。茶湯が浅い黄緑で明るいです、芽が大きくて葉が小さいです。
西山は大湖の最高佳境言われている、四面に湖を囲まれる西山は『包山』とも呼ばれている。また道教の『十大洞天』の一つ『林屋洞』ある事で西山も『林屋山』もいいます。
西山は太湖中に一番大きな島です、面積は82.36平方キロです、主峰は3365メートル。中国有名な茶菓産地です。西山に行くのは7キロほどである大湖橋7キロほどである大湖橋(7キロほどである大湖橋。)を渡らないはいけない。最初は蘇州東山湖岸から長沙少島に渡る、長沙少島に渡したら葉山島に渡る、それは渡したら西山です。西山は桃、梨、梅、杏、蜜柑など多いです。ここで宋代の水月寺の遺跡にあります。1747年の『蘇州府誌』による、茶が呉県西山、谷雨前に最貴重で最高級で言われている。宋代には『水月茶』で言う、近代碧螺春と同じお茶を見られます。唐代の大詩人皮日休と陸亀蒙とも水月茶を詠讃している。

皮日休《茶坞〉诗

闲寻尧氏山,遂入深深坞。种荈已成园,栽葭宁记亩。
石洼泉似掬,岩罅云如缕。好是夏初时,白花满烟雨。



それから見ると西山は唐代でも有名な産地あることで証明されています。




洞庭碧螺春と産地情報ガイト
f0070743_106543.jpg
f0070743_105198.jpg



写真は馨華の洞庭碧螺春極品です。


洞庭碧螺春購入こちらへ
[PR]
# by 10tea | 2006-02-15 15:05 | 中国茶の分類・物語 | Comments(0)
祁門紅茶


キーマン紅茶は光緒年間に作られています。1915年バーナマ国際展示会に金賞を受賞、


また1987年にビリス首都で26回世界優質食品会に金賞を受賞。国際市場にキーマン紅茶は“君羊芳最”“茶中英豪”ともよばれています。現在世界にある紅茶の元祖です、インドの大吉嶺・アサムー・スリランカなど紅茶より高級なものです。

キーマンは安徽省の南端、唐永泰二年(766年)県になり。もともとxian 州で所属、現在は黄山市。『続文献通考』による、キーマン県はと東北にきー山をある、西南はqiang門にある、あわせてキーマンを呼びました。
現在は2257平方キロ。宋代に有る詩で「三十六渓清浅水、二十四重高下山」で誉めている。

キーマンのお茶は唐代から有名、白居易の「ピバ行」に「商人重利軽別離、前月浮梁買茶去」による、「浮梁」は唐代のキーマンのことです、キーマンは唐代に有名の茶市場ことを表明している。また唐代(862年)にもxi州の知事はお茶市場を繁栄していたことが書いている文献あります。

キーマンは原産緑茶です。製茶方法は六安茶と似ている、また安緑も呼びます、屯緑なかに高級緑茶です.

光緒元年(1875年)安徽qian県に出身の余幹臣が福建県から官職を辞めて、武夷山で正山紅茶を勉強して、キーマンに茶荘を作って、武夷山同じ製茶方で紅茶を作り成功した。また同年に胡元龍も試製成功した。それから大面積で作って全国に広がりました。

光緒八年にきー門紅茶は国際市場に広がりました。1931年70キロ紅茶は360両白銀で高い値段でうれていました。同時に「王子茶」「皇室茶」などよばれました。イギリスは特に人気をあります。

キーマン香は烏黒でツヤであります、形がすこし曲がっている、金豪などある、茶湯が紅亮でma naoみたい、香が高くて果物や花の香りみたい、味があまくて、口間に味を残ります。色・香・味がすべて上品です、世界の紅茶に追い着かないであり。

インギリスの詩人がキーマン紅茶についてこんな詩を残っている、「中国茶の香には春天の花香をあります。」


祁門紅茶
f0070743_953852.jpg
f0070743_9540100.jpg



祁門紅茶の購入こちらへ
[PR]
# by 10tea | 2006-02-07 09:54 | 紅茶・物語 | Comments(0)

馨華献上銘茶


by 馨華献上銘茶
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30