人気ブログランキング |

<   2006年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

馨華の茶缶

そろそろ2006年終わりになっている、
2007年について、
馨華は最近にいろいろな企画を作っている。

自分の気持ちで
来年もっと頑張りたいです、
だから、
来年は頭から足裏まで、
すべて面で努力していきます。

下記写真は弊社の新作写真です。
お茶を買うなら是非これ見つけて買ってください。

f0070743_12171057.jpg

by 10tea | 2006-12-06 12:17 | 中国茶の分類・物語 | Comments(0)

凤凰茶の生産環境ーーー烏東宋種単叢之3

凤凰茶の生産環境

凤凰山,昔は『翔凤山』を呼ばれている、
宋代绍圣四年(公元1097年)にある《新定九域志•古迹•卷九•潮州》により、
凤凰山,《南越志》は『翔凤山』で記録している。
《南越志》は南朝(公元557-589年)の沈懐遠に書いている。

しかし堪舆家は山が川など見た形による名前にを命じすることで、
『翔凤山』は『凤凰山』に変更しました


凤凰山は海拔高度350--1498米の間、
『潮汕屋脊』にも呼ばれている、
潮州とスワトにある最高峰であることです。
1000メートル以上の山峰が50であります、
凤凰镇周りだけで18峰である、
西北部の大髻山(峰高海拔1497•8米)、
石壁寮山(1143•2米)、烏岽山(1228•6米)、
北部の鸡公譬山(1409米)、掘金岽(1394米)などかなり高いです。

f0070743_054936.jpg


凤凰山は東海に近い原因で気候が暖かい、
年間降水量が充足です、また終年に雲霧が多い、
空気が湿度よい、昼と夜の温度差が大きです、
一年の平均温度は22℃以上です、
年間降水量1800ミリくらい、
土壌も有機物質と微量元素がある、
茶樹の植える自然環境を揃っている、
だから美味しいお茶をできます。

また昔の諺で
『高山出好茶』のことで、凤凰山のお茶がとても優れる環境に生産している表現されている。


凤凰鸟譬山、岛素山が伝説による
天上の神仙に遊びどころです、
今でもある『天池』は王母娘娘の沫浴地とも言われています。
いろいろな神話で凤凰山と凤凰茶に神密な色が染めている、
一つ不思議な楽しみことです。

注意事項:サイトに乗せる文章の
著作権は馨華(xinhua)に留保いたしますので、無断転載・掲載はお控え下さい!

by 10tea | 2006-12-05 23:23 | 中国茶の分類・物語 | Comments(0)

凤鳳茶簡史 ―烏東鳳凰単叢之2

凤鳳茶簡史 

凤鳳茶は福建省潮州の凤鳳鎮にある凤鳳山で生産している、
風鳳茶もその山の名前からお茶の名前になりました。

凤鳳山は中国53民族にある少数民族の畲族の発祥地である、
隋、唐、宋時期による,少数民族の畲族が住む場所なら
必ずお茶をある、必ずお茶を植えることである、
畲族と茶樹が切れないほど縁をあります。
茶樹と畲族同生存、同命運で生活している。


隋朝年间,地震を起こって原因で、
山に火事をなりまして、
凤凰山の狗王寮(畲族始祖の発祥地)にある茶樹も燃えてしまいました、
乌祟山、待诏山だけ少し残りました。


宋代時に凤凰山の山民がある葉尖を
鶴の嘴に似ている紅茵茶樹を見つけました、
その茶葉で製茶して飲んで、味がとても美味しく、
それから植える始まりました。
その時に『鳥嘴茶』呼ばれているらしいです。
その時に宋帝が元兵から追いかけられて、
潮州に逃げていました。逃げている宋帝は喉の渇くて、
そのお茶を飲みまして、宋帝はとても気に入りまして、
よく誉めてされていることで
それから宋茶に呼ばれるなりました。

伝説において、
歴史による、南宋時期よる、
风凰山民は自分住む庭の前と後によく鳥嘴茶樹を植えていました。
茶が解渇、安静、消化、咳きとめなど効能あることで、
山民が皆植えていました。
烏東村の李老漢が一番よく植えていました。


明弘治時期、待诏山にある凤凰茶は献上されて、
贡品になりまして、『待诏茶』を呼ばれていました。


清康熙元年(公元1662年),
饶平(現在の饶平県)の軍隊総兵官の
吴六奇が兵士や民工を採用して、
乌岽山の途中に茶園にいろいろ茶種をうえました。
そのお茶は
凤凰山太平寺と饶平县衙の皆でよく飲ませていました、
残り周りに売れていました。

清康熙四十四年(公元1705年),
饶平县の知事郭于蕃が凤凰山に視察、
お茶を植えることが奨励していました。


f0070743_23465349.jpg


この樹でも4百年近く歴史をあります。

注意事項:サイトに乗せる文章の
著作権は馨華(xinhua)に留保いたしますので、無断転載・掲載はお控え下さい!

by 10tea | 2006-12-04 22:58 | 中国茶の分類・物語 | Comments(0)

小鳥天堂

天気が晴れて、
家族みんな外に遊び、
今度行き場所は『小鳥天堂』です、
『小鳥天堂』とは:

ある380年前の蓉樹は死んた前に、
自分の生命力で新しい芽を作って、
その枯れる根から繁殖して、
大きな森を二なりました。

下記写真その一つ樹の遠い写真です、
本当に見たらびっくりです。
f0070743_22421855.jpg


これは船を乗って、
その樹に一週回りました、
正面の裏側の通洞です。

f0070743_22442144.jpg


この樹は多い鳥を住んでいる、
毎日朝6時前後この樹に帰り、
夜6時前後出る、
それはまるで鳥の国らしいです、
だから中国有名の作家『芭金』ここに来て、
自分の感想で『小鳥天堂』を書いて、
名作になって、現在でも教科書にも使っているらしいです。

ちなみにこの場所は広州から車1時間半の江門市にあります。
by 10tea | 2006-12-02 22:49 | 人生七味日記 | Comments(2)

全家楽

今日は家族みんな集まって食事することで、
あるホテルにいきました、
素敵な丸いテープルです、

f0070743_20491749.jpg

これはみるやっはり中国です、
日本はあまりこんな大きなテープルを親戚あつまらないです、
私達9人でこのテープルで本番飲茶料理を頼んでいました。

f0070743_20501861.jpg

一つ部屋中に色々な急須をあります、
本当にびっくりです。

料理ですが、とても美味しいです、
お粥や点心が本当に良くできました感じ、
こんな味は何で日本ないだろうかな、
少し考えながら、私は良く食べました。
by 10tea | 2006-12-01 20:51 | 人生七味日記 | Comments(0)

馨華献上銘茶


by 馨華献上銘茶
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る