人気ブログランキング |

カテゴリ:問茶有感/読むべき本( 36 )

もやしから親父の思い。

もやしから親父の思い。

今日は事務所に仕事をしていました、
お昼になって外に外食しにいきした、

事務所近くある中華屋にいきました。
今日は「豚肉ともやし炒め」料理を注文しました。

もやし食べるとその味がなんか違い感じです、
正直な言うと日本でもやし食べることがあまり記憶ないです。

そのもやしのことを考えたら、
うちの親父のことを思い出した、
小学校三年生に通っている時に、
親父はもやしが作っていました。
その時に私の役目はお水を出す役です、
毎日いっぱい水が必要あります、朝晩にもやしに使う、
その時に水道のお水が使っていない、
井戸のお水を使っていました。
そのごろは小学校生の私がとても嫌いことです、
量が多くて、大きな水槽をいっぱいなるは本当に大変です、
なかなかいっぱいならないですごく時間をかかります。
後その水は一切油をつけないこと、
どんな油につけたら、
もやしすべてだめなってしまう、
だから水の清潔性とても大事です。

しかし、そのお水でもやしの芽に一日二回あけると、
もやしはとても成長がよいです。
出来上がったもやしがとても美味しくて、
毎日食べても飽きないことです。
特に水しいの感覚はとても覚えていました。

今日のお昼で親父のことをふたたび考えました。
子供ごろに親父が私に一番厳しかった記憶をある、
たまにも手が振ってくれる、
お尻から頭まで、もう覚えないぐらい回数をありました。
その時に親父のことを嫌いで怖かった、
いつも何をある時にお母さんのそばにいました。

しかし、それでも親父の手から逃げるあまり出来ないでした。
特に学校の勉強ことについて、
絶対にまあまあをすることだめ、
いつも親父が内緒で学校の担任と会って、
私の成績を調査している、
また私はかくしてかくして、
絶対どこ人から聞いて私の活動範囲を良くしている。
まるで不思議なことでした。
それのおかげで、
私が村中に同年齢の子供が数えるほど少ない、
ちゃんと学校に卒業生でした。


親父が優しいになったのは
私が田舎から遠い学校に通った時にでした。
そろそろ学校から社会人になるから
それから親父が私のことを一切聞かず、
私が何をしたいなら
自分が責任をもてやりなさいことがなりました。
小さい都会に就職して、
不安分の私が日本に来るまで親父にも何も言えないでした。

たまに中国に帰って、
親父がいつも私のお土産を自慢で近所に配っていました。
去年に自家に帰る時に親父が年をとっている顔をみて、
なんか年をとる感じました。
親父の長くなっている鬚がみて思わずに呼んで、
座らせて、鬚を剃ってあげました。


子供ごろの親父がいつも大きくなっている
親父が私の前に小さいなっている、
背も低くなって、少し丸くなっていました。
年をとっている親父の顔見て、
あの深い皺が見てとても複雑な心情をなりました。

親父その時に私に頼んでいることをありました、
それは実がうちの妹です、
今年に大学卒業予定です。
親父の話を夜と、
自分がもう年です、
妹の面倒も見る出来ないです、
これから私が親父の分の責任を持て、
妹を見守って欲しいことでした。

よく考えると、日本に来て10年になりました。
親父に何も親孝行できないでした、
たまに帰って短い時間しか一緒にいない時間ばかり、
本当に不親孝行である、
本当に親に申し訳ない気持ちがいっぱいです。

そろそろ6月17日に父の日ですから、
自分が何を出来るかな!
by 10tea | 2007-05-19 22:28 | 問茶有感/読むべき本 | Comments(0)

本来のお茶は本来の役人を持つ力がある!

本来のお茶は
本来の役人を
持つ力がある!


お茶は中国から世界に広がりました。

中国では最初お茶は薬として飲んでいました。
それなぜなら、
そのお茶は解毒効果がすこいですから、
漢代や明代などに医学本によく開訳していました。

日本でも有名な栄西禅師により
お茶が心臓に良い薬である、
(喫茶養生記)
の本まで作りました。

何で今まで薬として飲んでいるお茶は今があまり
薬として飲んでいないでしょうか?

何で健康のお茶がわれわれの体に効かない、
見えない話をよくあります、

それはなぜでしょうか?

私の個人の偏見ですが、
今のお茶があまり中身はないからこそ、
栄養成分、薬効果などでないからではないでしょうかな。

最近は自分が自分の体試験台として使って、
いろいろなお茶を飲み比べています、
お茶の力が本当に不思議で、
本当に良いお茶は
人が元気になります。

だからこそこんな結論になりました。

本来のお茶は
本来の役人を
持つ力がある!


(本来のお茶がしているでしょうか?次回に紹介します。)


私は感じるけど、
他人感じないかもしれないけど、
一つ提案にとして、

一日そのお茶は7杯目ぐらいに飲んでいれば体に反応あるはず、でも普通市販されるものなら、
その効果ないと思います。

信じないかもしれないけど、
試して価値をあるはずです。
by 10tea | 2007-05-15 00:32 | 問茶有感/読むべき本 | Comments(0)

孟子の言葉と私の逃げ道?

孟子曰:
天将降大任于是人也,必先若其心志,労其筋骨・・・・・・

これは孟子の文書から取ったもの、
私は中学生時に勉強していました、
暗記しないいけない言葉です、
その時に孟子の言葉を尊敬しているけど、
正直言うとあまり理解していない、
少し分かるようにしていました。

日本に来てお茶の事を始めて、
今までいろいろな大変ことをあるときに
必ずこの言葉を思い出します。

この言葉を開訳すると、

天は人に責任重大の任務を与えているから、
その人が役人になる前に、
必ず苦労にさせる、
精神を訓練、肉体を体罰などひどいことがさせる、
また人が何をやるときに、
不順に与える、

神様の天が何でこんな残酷でしょうか、
実、それは神様の天が
その人を一人前になるためにやっている意味です。
そのうちに人が成長して、きっと任務を果たして、
一人前になる意味です。

私は一人前ならないと思いますけど、
出来るだけ、その一人前になりたい気持ちで、
自分が求めている目標に向かって、
仕事をかんばって動力ある言葉です。


孟子の言葉と私の逃げ道?_f0070743_0395999.gif

孟子(約前372~前289),
戦国時代の有名な思想家,
儒教の主要代表中のひとりです。

by 10tea | 2007-05-12 00:40 | 問茶有感/読むべき本 | Comments(2)

文人の茶趣―ー盧仝の「七碗茶歌」

今日は『茶仙』のことついて紹介します。
『茶仙』は陸羽と並べる人です。

唐代詩人の盧仝、号玉川子、
済源(今は河南に属する)人、
盧仝は、一生、癖になる茶を好きです。
常に「玉川泉」汲水に茶を沸かすことで
号「玉川子」に自称しています。

盧仝は1曲の《7碗茶歌》
(即《走筆謝孟諫議寄新茶》詩)のおかげで、名前が茶の世界の知られています。

唐代から、宋、元、明、清など数えると1000年超えても、衰えないことを詩歌である。
歴代文士の茶を飲み客が必ず賞味する茶の詩である。

下記一部です。『中国語と日本語対訳』


 一碗喉吻潤。兩碗破孤悶。
「一碗椀が咽喉の渇くを潤い、
二碗を飲んだら、孤独さがなくなる。」
  
三碗搜枯腸,惟有文字五千卷。

『三杯目を飲んだら、
干涸びた腸を探したら、五千巻の書物を書きたい気分になり』

四碗發輕汗,平生不平事,盡向毛孔散。

『四碗を飲んでだら、体が少し汗がかけて、
今まで生きている間のストレスや
不満など汗の汗腺から揮発し、気分がすっきりし。』

五碗肌骨清。六碗通仙靈。

『五碗が飲むと全身の肌や骨まで清らかになり、
六碗が飲めば仙界の仙人となり。』

七碗契不得,惟覺兩腋習習輕風生。」

『七碗のお茶を飲むなくても、
体の両わきから清風が続々出てきます。』

蓬莱山,在何処?玉川子乗此清風欲帰去。

『蓬莱山、何処にあるか?
玉川子はこの清風を乗って帰り』

by 10tea | 2007-05-02 23:31 | 問茶有感/読むべき本 | Comments(0)

茶種から感想。

明日中国に帰ります、
荷物を整理するときに、
このものを見つけました、
これは実にことに4月13日お茶ツアーする時に、
武夷山の茶葉研究所(御茶園)に大紅苞茶園中にある樹から
取りした茶種です。

2006年極上茶ツアーこちらです
茶種から感想。_f0070743_20533541.jpg


この茶種を見つけたときに、
自分がすごく大事していました、
私いろいろ茶の知識中に、
茶種からお茶をできるまで三年以上かかります、
その時に、また自然なことや天気原因など枯れることもあります。
でも世界の『茶経』により茶の栽培方法は実生法一番よい記載されています、
一回植えたらほかの場所に植える不可能らしいことで、
少数民族などこれはお茶の性質で忠実な愛情に使われている、
結婚する結納ものとして使っていました。

社会の発達で茶種から植える効率がわるいことで、
明治以後は挿し木繁殖法の技術を確立して、今も使っている。
でも正直な言うとお茶の美味しさからみる、
やっはり種からもの美味しいらしいです。

話を戻る、だから私は種をお茶植えることずっとかんがえました。
いつか、自分が自分の手で茶種から育てみたいです。
美味しいかもしれないけど、
その植える過程も楽しいではないでしょうか?

茶種から感想。_f0070743_1533129.jpg


これはこれからも大事していきます。
by 10tea | 2006-11-23 15:03 | 問茶有感/読むべき本 | Comments(2)

ありがとうという感謝言葉頂くと私の思い!真剣の話!

先はブログを書くする前に、
新しいコメントをありました。

ある方は中国茶を大好きで、
プーアール茶をだけ好きならないらしい、
それは私のブログをみて、
弊社のプーアール紫茶を買って飲んでみました。

お茶を着きましたら、彼女はすぐに飲んで、
すぐ自分のうれしい気持ちを伝えたくて、
素直のコメトを書いた、それは正直言うと私の心が響きました。

なぜなら、
『美味しい、ありがとう、感謝』という言葉は言う簡単ですが、
その素直気持ちが素直で伝えるとても難しい。

お茶のプロは細かいお茶を表現する、難しい言葉使う、
自分の身分や地位を合う言葉など表現するなど多いですが、
私から見る、素直の表現は何もより素敵です。

話題を変りここで私の言いたいことを書きます。

実はよい物を売る本当に大変です。
でも私は自分できるだけ努力します。
そんなにやらないと誰がやるでしょうか?
自分が出来ることをやるは当たり前です。


私がお茶をやる、
何のためにやる、
何でここまでやる、

中国で安い素材をいっぱいある、
中国茶をやすいものいっぱいある、

安いほど求めると、安く生産するしかない、
日本の商社など応じるために大量を生産しないいけない、
大量を生産するは機械や工場を増えるしかない、
また原価を下げるために、機会化どんどん進む、
そしたら、生産量を優先するして、環境を壊して、
作られないどこに無理作る、
悪い循環になる、それは中国は悪いなって関係ないみたいけど、
実は地球の温暖化問題世界問題です、
ある意味は中国悪い環境していくなら、
周りにきっともよくないです。

それは考えできれば真剣になります。

昔自給自足生活できている、
今自給自足はあまりできないです。
個人をできるかもしれないけど、
それは狭い人生観です。
今は人が人生観が変わるないいけないです。
美しい地球を作るみんなの力を必要です。

今は正しい習慣、正しい知識、
正しい茶文化を見直しないいけない時代になりました。



多く素直人がお茶を飲んでほしいです。
なぜなら、素直は人なくなるいけないものです。


弊社のプーアール紫茶とは?こちらみてください。
ありがとうという感謝言葉頂くと私の思い!真剣の話!_f0070743_742149.jpg


後書き:

私は少し言いすぎとおもいますけど、
でも本当にみんなと一緒に考えてほしい、
これから自然とうなる?地球とうなる?
環境とうなる?私たちの家族とうなる?
私たちの子孫とうなる?
by 10tea | 2006-10-07 22:30 | 問茶有感/読むべき本 | Comments(2)

馨華献上銘茶・世界遺産からの恵み、唯一無二の慶びをあなたに!


by 馨華献上銘茶
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る