人気ブログランキング |

2015年 04月 03日 ( 1 )

2015年新茶、明前獅峰龍井、

2015年新茶、明前獅峰龍井、





2015年新茶、明前獅峰龍井、
日本初登場、清明節前に緑茶を頂き、
本当の贅沢だ。


2015年3月27日に手で摘みして、...
手で作りました最高な獅峰明前龍井茶です。
3月27日は日本や中国とも寒いです。
この時期のお茶がとてもおいしいです。

なぜなら
一つは春の太陽がアミノ酸を作るできます、アミノ酸の中にテアニン中心です。
テアニンが人を癒し効果高いことは現代の科学分析により証明できます。

4月5日前に摘みしたお茶のアミノ酸が6月1日摘みしたお茶の2倍になります。
タンニンは4月5日と6月1日摘みしたものがあまり変わらないです。
カフェインは4月5日摘みしたお茶は6月1日の二分の一になります。
だから3月28日摘みしたお茶が甘くて苦いないです。

しかし、日当たりがすくないことで生産量がすくないです.

現代の社会は量がとるために、
5月摘みや六月摘み、また夏、秋摘みなど行いますが、
それはどちいうと重点が量です、質ではないです。

実は唐代や宋代などの茶本にもお茶を摘み春良い文源残っています。

二つ、お茶の安全性からみると4月5日前にのお茶よいです。

なぜなら、3月27日、この時期がまた寒いです。
虫がわかないです、そうすると農薬など使えないです。
今は四月ですが、虫があまり飛んでいないことはそれが寒いことです。
昔の時代が農薬がないです、人間の知恵は早く摘みして、人間の分を取る、
残りは自然の分になります。年何回摘みして茶の木が疲れて、質が悪くなります。
最古の茶書「茶経」を読めばわかると思います、
こちらのお茶は「茶経」を基本にして、自然のリサイクルでお茶を作っています。

5月、6月熱くなり、農薬が使い始まり、人間の手で虫を捕まる不可能、
今の社会は人件費が一番高いだ。

冬を通して、肥料など使わないお茶は清明節前のお茶です、
長い時間通して、お茶が柔らかくてとても美味しいです。







2015年新茶、明前獅峰龍井、_f0070743_22070452.jpg
2015年新茶、明前獅峰龍井、_f0070743_22072422.jpg
2015年新茶、明前獅峰龍井、_f0070743_22074077.jpg
2015年新茶、明前獅峰龍井、_f0070743_22074077.jpg

















by 10tea | 2015-04-03 22:07 | 人生七味日記 | Comments(0)

馨華献上銘茶・世界遺産からの恵み、唯一無二の慶びをあなたに!


by 馨華献上銘茶
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る