人気ブログランキング |

2008年 09月 10日 ( 1 )

中秋佳月を知る!!

中秋佳月を知る!!


「中秋佳節」は中国伝統季節です、
中国の第二重要な季節です、(第一はお正月)

古代帝王は春の時に「天の神様」、
秋に「月の神様」に捧げる習慣があります。

「中秋」の言葉は
公元前からあります。しかし、唐の時代から「祝日」になりました。
それから固定されています。

中秋の日は
秋の季節の真ん中のことで、
「中秋」の名前になりました。

だから「中秋節」、
「仲秋節」、「八月節」、「八月会」なども呼ばれている。
また家族や仲間に集まることで、「団円節」、「女儿节」とも言います。

「中秋節」は必ず祝季節であります。
中国は唐代から現在までずっと祝してきた季節です。


「中秋佳節の物語」
 ・「嫦娥馳月」


昔、昔、天空に10個太陽があります、
あまり熱くて、人や植物、動物など生きにくい昔でした。
村にある青年が地球に救えるために、
毎日「射術」を練習して、
そのうちに彼は「射術」がとても素晴らしいです、
天空の太陽に一気に9個を射落していました。

人間はその好青年を感謝するために、
村に一番綺麗は女の子
「嫦娥」は彼のお嫁さんに送りました。

好青年は自分が人間を救えることが
天神の王母娘娘の耳に届け、
仙人になる薬は青年に渡した。

その青年の妻である「嫦娥」と分かれたくないから、
ずっと飲んでいないで隠れていました。
ある日青年が出かけて、
妻の「嫦娥」その薬を見つけて、
飲んでしまって、
月に住むことになってしまいました。
月の神様になりました。


それは8月15日の夜でした。
村の人たち青年の妻戻って欲しい、
青年と「团圆」の願いで
毎年に8月15日に「拜月」する習慣になりました。


それは「中秋佳月」の由来でした。

良い願いである月ですが、
きっと人の心中にとても綺麗です、
とても大きなです。
とても不思議な神密である昔でした。

「中秋名月茶會」
についてこちらです。

by 10tea | 2008-09-10 00:21 | Comments(0)

馨華献上銘茶・世界遺産からの恵み、唯一無二の慶びをあなたに!


by 馨華献上銘茶
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る