人気ブログランキング |

2007年 05月 28日 ( 2 )

最新!!茶馬古道遊ツアー決定!

茶馬古道遊ツアー決定!

何日にかけてお茶ツアーを直しました、
今度やっと出来ました。
みんなお待たせしました。これで開催します。



今回の中国茶ツアーを作ることは
実に4月12日の
【極楽、春のお茶で遊び】
くわしくこちらです

の参会者のおかげでです。
皆が楽しい姿を見て今度の10月のツアーを作りました。

しかし、4月から企画を作って、
毎日に中国側に連絡とって、
やっと中身が出来ました、
5月にサイトアップする時に、
一番心配の旅行代金の見積きました、
私の盛りたくさん内容で想像できない金額になりました。
いくら交渉しても下がる出来なく、また広州国際展示会をありますので、
宿泊かなり難しいです。

一から直し、別の道に選び、
内容も一部変更して、やっと今の形をなりました。
皆是非ご参加をお待ちしております。


今度のツアーをみるどころ:


①日本初!茶馬古道茶ツアー

茶聖の陸羽が書いてた世界初の茶の本【茶経】に記載される茶の発祥地に伺うこと、
これは日本国内どんなお茶会社、旅行会社など作っていないツアーである、
かなり刺激である楽しみ茶ツアーです。

②【三国時代】から行きている、
千年茶樹王を訪れ


歴史中に有名な茶馬貿易のシーソバンナ
「景洪」にゆっくり観光して、
三国時代から生きてきた茶樹王に訪れ、
茶の祖と呼ばれている孔明が命令して、
兵隊達が植えている茶山を観光する、
三国時代の歴史を学ぶツアーである。


③本物のプーアール茶と出会う


痩身で大人気のプーアール茶の造り現場にプーアール茶を学ぶ。
自分が身体に合うお茶をみつけましょう。


③世界遺産の
世外桃源『麗江』に観光


少数民族ナシ族の都である麗江古城に観光、
またすばらしい玉雪山の絶景をみて、大自然の魅力を味わい。



お茶の発祥地、
茶馬古道の起点、
本場のプーアール茶を飲んで、
少数民族の料理をたべて、歴史の学ぶ、
自然の味わい、
楽しい観光ツアーも盛り込んだ、
充実の4泊5日間!是非ご一緒に体験しませんか?
たくさんのご参加、心よりお待ち申し上げております。

詳しく画像を拡大みてください。
申し込みやお問い合わせは馨華までおねがいします。
                         
(代表:秦 国力)


最新!!茶馬古道遊ツアー決定!_f0070743_19554713.jpg

by 10tea | 2007-05-28 19:56 | 極楽!茶ツア- | Comments(0)

論春茶、夏茶と秋茶の是非!


論春茶、夏茶と秋茶の是非!


最近はお茶がシーズンとして、
お客さんに売り方法として消費者に案内する多いです。
また季節による作るお茶の楽しみ方に違い、
味わいも楽しみ案内も増えている。特に紅茶です。


本来のお茶の味から見る、
科学的の方法から見るとして、
春茶、夏茶、秋茶を論じます。
当然結論は緑茶、烏龍茶、紅茶、
すべてのお茶の適用しております。



春茶について:

大自然のサイクルによる、
陰陽五行論による。

春のお茶は清明前後に摘みしてお茶のことです。

冬の茶樹の成長は根の方に中心している。
アミノ酸は茶樹の根部に合成してから、
茶樹の頂上に運ぶすることになっている。

しかし冬なると、茶樹も冬眠されて、
内部が多い栄養成分を溜めている。
冬、春の季節に太陽の陽光が弱いです、
光合作用も弱くなります、茶樹の成長が遅くなります。
茶樹の成長をゆっくりすれば、
茶葉の香物質が形成しやすくなる。
だから春のお茶が茶葉の色が翠緑で潤す感がある、
香りも馥郁、味も醇厚で甘みが多いです、
浸出の茶葉も柔らかい厚みがある、
また産毛も多いです、
葉の脈も繊細です。


論春茶、夏茶と秋茶の是非!_f0070743_03450.jpg

これは清明前の黄山毛峰茶です。
このお茶に興味をある方こちらです。


続き、今度夏のお茶
by 10tea | 2007-05-28 00:04 | 茶品・古典茶経 | Comments(0)

馨華献上銘茶・世界遺産からの恵み、唯一無二の慶びをあなたに!


by 馨華献上銘茶
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る