人気ブログランキング |

2006年 12月 05日 ( 1 )

凤凰茶の生産環境ーーー烏東宋種単叢之3

凤凰茶の生産環境

凤凰山,昔は『翔凤山』を呼ばれている、
宋代绍圣四年(公元1097年)にある《新定九域志•古迹•卷九•潮州》により、
凤凰山,《南越志》は『翔凤山』で記録している。
《南越志》は南朝(公元557-589年)の沈懐遠に書いている。

しかし堪舆家は山が川など見た形による名前にを命じすることで、
『翔凤山』は『凤凰山』に変更しました


凤凰山は海拔高度350--1498米の間、
『潮汕屋脊』にも呼ばれている、
潮州とスワトにある最高峰であることです。
1000メートル以上の山峰が50であります、
凤凰镇周りだけで18峰である、
西北部の大髻山(峰高海拔1497•8米)、
石壁寮山(1143•2米)、烏岽山(1228•6米)、
北部の鸡公譬山(1409米)、掘金岽(1394米)などかなり高いです。

凤凰茶の生産環境ーーー烏東宋種単叢之3_f0070743_054936.jpg


凤凰山は東海に近い原因で気候が暖かい、
年間降水量が充足です、また終年に雲霧が多い、
空気が湿度よい、昼と夜の温度差が大きです、
一年の平均温度は22℃以上です、
年間降水量1800ミリくらい、
土壌も有機物質と微量元素がある、
茶樹の植える自然環境を揃っている、
だから美味しいお茶をできます。

また昔の諺で
『高山出好茶』のことで、凤凰山のお茶がとても優れる環境に生産している表現されている。


凤凰鸟譬山、岛素山が伝説による
天上の神仙に遊びどころです、
今でもある『天池』は王母娘娘の沫浴地とも言われています。
いろいろな神話で凤凰山と凤凰茶に神密な色が染めている、
一つ不思議な楽しみことです。

注意事項:サイトに乗せる文章の
著作権は馨華(xinhua)に留保いたしますので、無断転載・掲載はお控え下さい!

by 10tea | 2006-12-05 23:23 | 中国茶の分類・物語 | Comments(0)

馨華献上銘茶・世界遺産からの恵み、唯一無二の慶びをあなたに!


by 馨華献上銘茶
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る