人気ブログランキング |

2006年 07月 08日 ( 2 )

260年前の中国茶を飲んでみたい!



スウェーデンの古代商船のエーテボリ号を真似して、
2006年8月29日に上海に到着する予定です。
この商船の再建委員会の副総裁の奥福・蘭丁は
先日上海に到着して、1度の“ヨーロッパの沈没船の中国の磁器展”は同時期に催す。

260年前の中国茶を飲んでみたい!_f0070743_12521447.jpg


これはその船の画です。
すごく大きくみえます。
その時代ならこんな大きな船はいい感じですね。

“ヨーロッパの沈没船中国の磁器展”、
260年前に中国海上のシルクロード貿易の中の逸品を独占して、
これらヨーロッパ皇室あるいは貴族のために注文して作らせる磁器の中で、
スウェーデンの王妃の為にオーダー制の徽章の紋様の杯、
また注文して作らせる磁器の皿を宴席に招待するフランス宮廷用の磁器もある。
これらの磁器すでに海底で熟睡した2多い世紀、
専門家によって船から出している磁器・食品などの価値が上昇したことを見積もる。
今回展示する最も独特な物品はエーテボリ号の上から引き上げてくる中国の茶だ。

260年前の中国茶を飲んでみたい!_f0070743_12522581.jpg


こんな派手なつくりですね、
さすが宮廷用です。
今もあまり見えないです。

1745年の船上の品物の明細書によって、
この船上に安徽からの茶は2677箱あって、総重さの366トン。
蘭丁先生は、これらの緑茶はすでに海底で約260年熟睡したけれども、
部分は完全な茶を保存して、さらに香りの濃厚なお茶を浸すと表している。

このニュースを見た私は
一旦にお茶の味はとうなるでしょうか?
正直な言うと私はすごく興味あります。
飲んでいる人の感想を聞きたいです。

ニュースの元は中国の新民晩報です、詳しくこちらです。
by 10tea | 2006-07-08 12:54 | 茶品・古典茶経 | Comments(0)

紅茶を飲む


紅茶

日本で紅茶を言うと、
イギリスは紅茶のイメージあります。
紅茶、コーヒは世界によく飲むしている嗜好品である。

紅茶はもっと中国茶のひとつであります。
今でも中国は紅茶の生産量が世界三位に並んでいる。
元々中国の紅茶が、
イギリス人のよく飲んで、商売上手なイギリス人の手で世界に紅茶の王者になった。


祁門紅茶:



紅茶を飲む_f0070743_12114789.jpg

昔紅茶の茶票です、これでお茶発送に使うらしいです。

1915年パナマ太平洋万博覧会食品『金メダル』を受賞。
また商品は今でドイツ、イギリス全て輸出している。
今度弊社の努力で日本を始めて販売。


紅茶を飲む_f0070743_1351824.jpg


祁門紅茶1915年紅茶を受賞証、正面です。

John Flanaganさんから設計して、
フィラデルフィア(PHILADELPHLA)の造幣局から作ってなる。
原始の性質は銅で、男性と女性の意味は上帝を人を作る意味です。

紅茶を飲む_f0070743_1353069.jpg


これは裏です。
紅茶の歴史中に輝いている祁門紅茶は
今が生産量の限り、人にお見落としされている。
by 10tea | 2006-07-08 10:30 | 紅茶・物語 | Comments(0)

馨華献上銘茶・世界遺産からの恵み、唯一無二の慶びをあなたに!


by 馨華献上銘茶
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る