人気ブログランキング |

淮南茶、信陽第一

信陽毛尖・産地ガイト信陽毛尖の緑葉


1987年に『茶葉通史』による、信陽地区に周始県で発見して墓に茶葉を見つけました、測定は2300年前のものです.

信陽は唐代に儀陽郡を所属で簡称『申』。『茶経』を作者陸羽は天宝十四年『755』春に信陽に茶事を考察していました。後来に陸羽は『茶経・八の出』で全国八大茶区を分かれています。信陽は淮南茶区でなります。淮南は光州が上等、「始固、商城など」義陽郡、xiu州次、これみると信陽は唐代からお茶主要なお茶産地である。
宋代は宋太宗趙光義の名前と重複しないように、義陽は信陽になりました.宋代の大文豪である蘇東坂が信陽のお茶を飲んで『淮南茶、信陽第一、西南山農家茶者多本山茶、色味香倶美、品不在淅みん以下』で誉めている。

信陽毛針良い品質は優質な自然地理と関係有ります。信陽は茶産区の最北縁です。江南や西南など比べると信陽茶園面積がすぐないけど、ずっと中国緑茶中に首席であることは、信陽茶区の気温、太陽あたり、雲霧、土壌などお茶を合うことです。
信陽は大別山の西段、地史は南は高い、北低い。丘嶺低山で中心です。茶区は陰坂の自然環境の特徴であります。斜傾度は緩やか、土壌黄色で土層が有機物質や養分は裕福です。南坂は太陽直射で、北坂は植物など多いです.土壌が湿度多いです.雲霧などおおいです。
大別山区は亜熱帯気候で、年均霧が100日~130日、信陽はその中に一番多いどこですから、年均は110~160.茶樹は陰で好き、耐陰特徴ある、低い温度でも散光性よいです。雲霧あるど、お茶の繊維など発育よい、茶芽が肥満、白豪でる、アルミ酸や芳香など物質がおおい、お茶は品質よいです。
また清代の詩人程悌は『雲去青山空、雲来青山白、白雲只在山、常伴山中客』
唐代に中国史に初めて女性皇帝の武則天が腸の病気になって、信陽毛針を飲んだら治って、令大臣は信陽の車雲山に千佛ダイを作りました,それから信陽毛尖は貢品になりました、
宋代に『夢渓筆談』による信陽が良く生産した。税金が重いで生産が減っている。
1915年信陽毛針はバーナマに金賞を受賞、1958年,中国名茶鑑定会に中国十大名茶に一つになりました.
“五山二潭”之稱,即車雲山、震雷山、集雲山、雲霧山、天雲山及黑龍漂和白龍潭。また車雲山が一番である。
習慣:一:品茶前に手を洗うこと、二:ガラスをいれる。三:沸かした水は沸騰を終わる後使う、四:洗う茶五:水入れる80%である、蓋しない。

特級は半展している一つ芽と一つ葉で雨前茶で摘み葉で、一芽一葉で特級は1キロ13万芽頭でつくっている。技術を必要な加工するお茶です。

第一:晒青、約6~9時間から10%重さぐらい減ってから鍋にいれて殺青。
第二:生炒、冷たい鍋から炒めする、それから揉んで、高温で160度から220度間で殺青する。
第三:熟炒め、鍋の温度が80から120℃間に竹茶器で混ぜる、『裏条』『扇条』『幹条』などする。
第四:烘焙は『初焙・坦放・復焙』など茶葉の水分を6%以下に落とす。
第五:練雑、品質をさらによいなる。
信陽毛尖購入こちら
淮南茶、信陽第一_f0070743_1120392.jpg
 1915の金賞

あと書き;
                 武則天について

姓名は武照です。唐太宗の後宮から出家、
還俗して高宗の後宮に入った美貌の女性。
690年9月、
武則天は群臣と民心の請願に応えるという形で、
帝位についた。中国史上初の女帝の誕生である。
人物を見る目が才能をあります、
政治力ともに優れ、
五十年間国政を動かし、
一時的に唐を簒奪する。
中国歴史史上、空前絶後、唯一の女帝である。
by 10tea | 2006-02-25 11:20 | 中国茶の分類・物語 | Comments(0)

馨華献上銘茶・世界遺産からの恵み、唯一無二の慶びをあなたに!


by 馨華献上銘茶
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る