人気ブログランキング |

闘茶!tea-fight!古典茶楽之一

闘茶!tea-fight!!
古典茶楽之一!


お茶の快楽として、
いろいろな楽しみ方があります。
今週に「闘茶」と言う映画が上演する予定です、
その映画は「闘茶」という。

「闘茶」と言う遊びですが、
歴史がとても古いです。

隋唐時代から、飲茶の風習が中国全国に広がいました。
お茶を使っていろいろな遊び方法が出てきました。
「闘茶」のあそびその中の一つ遊び方法です。

唐代から「「闘銘」、「銘戦」とも言います。

唐代の「梅妃傳」による、
唐開元(738)年間、皇帝の李玄宗は梅妃と
「闘茶」する遊び記録が残っています。

原文記録は下記:
「此梅精也。吹白玉笛,
作《惊鸿》舞,一座光辉,斗茶今又胜我矣。」

意味は
皇帝李玄宗が
梅妃と「戦茶」を遊びして、
皇帝が負けてしまって、
梅妃のことを責める詩で言い出した。

意味は梅妃がフルートを吹きながら、
踊るにもして、とても輝いた、
またお茶の「闘茶」遊びにも皇帝に勝ちました。

しかし、頭が良い梅妃は皇帝の
気持ちが洞察して、
下記答えだした。

「草木之战,误胜陛下,
设使调和四海,烹饮鼎鼐,
万乘自有宪法,贱妾何能较胜负也。」

意味;
皇帝様はお茶の遊び
ゲームの勝負結果が
あまり気にしないでください、
私がたまに運が良くて勝ちました。

皇帝が天下を統一、
皇帝の知恵で天下に賢明な管理していることが、
私が皇帝と比べない、とても低いレベルです。

というと「闘茶」美談を残っています。

そう、本題に戻ります。
唐代の
「闘茶」
は宋代になってますます、流行りだして、
本当に上階層から民間まで広がりました。

その時代の
「闘茶」ですが、主要な遊び方は三つ方面
からゲームになっています。

一:闘茶
二:闘水
三:闘器


一:闘茶は
茶がとても重要で、
お茶の摘み、製造などとても厳しく、
一番良いお茶を使うことで、
宋代の餅茶が主流しているから、
その時期の要求:
饼茶要求“色莹澈而不驳,
质缜绎而不浮,举之凝结,
碾之则铿然,可验其为精品也。”

二:闘水
水がお茶の味を引き出す重要役している、
その時代は湧き水などよく使っている、
水は産地によって、お茶と合うなら、
お茶の味が良くできます。
合わないなら負けるに成る大きな原因になります。

三:闘器
器がお茶を入れる容器ですから、
お茶の色を引き出す為に、
とても工夫して作っています。
宋代は
茶湯が白いもの

貴重になっています。

だからその時代の器は
天目茶碗、
兔毫盏など主流です。
下記写真は建窑兔毫盏と
油滴天目茶碗です。

闘茶!tea-fight!古典茶楽之一_f0070743_23484484.jpg


闘茶!tea-fight!古典茶楽之一_f0070743_23534552.jpg

by 10tea | 2008-07-10 23:48 | 茶芸観賞・茶文化 | Comments(0)

馨華献上銘茶・世界遺産からの恵み、唯一無二の慶びをあなたに!


by 馨華献上銘茶
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る