人気ブログランキング |

もやしから親父の思い。

もやしから親父の思い。

今日は事務所に仕事をしていました、
お昼になって外に外食しにいきした、

事務所近くある中華屋にいきました。
今日は「豚肉ともやし炒め」料理を注文しました。

もやし食べるとその味がなんか違い感じです、
正直な言うと日本でもやし食べることがあまり記憶ないです。

そのもやしのことを考えたら、
うちの親父のことを思い出した、
小学校三年生に通っている時に、
親父はもやしが作っていました。
その時に私の役目はお水を出す役です、
毎日いっぱい水が必要あります、朝晩にもやしに使う、
その時に水道のお水が使っていない、
井戸のお水を使っていました。
そのごろは小学校生の私がとても嫌いことです、
量が多くて、大きな水槽をいっぱいなるは本当に大変です、
なかなかいっぱいならないですごく時間をかかります。
後その水は一切油をつけないこと、
どんな油につけたら、
もやしすべてだめなってしまう、
だから水の清潔性とても大事です。

しかし、そのお水でもやしの芽に一日二回あけると、
もやしはとても成長がよいです。
出来上がったもやしがとても美味しくて、
毎日食べても飽きないことです。
特に水しいの感覚はとても覚えていました。

今日のお昼で親父のことをふたたび考えました。
子供ごろに親父が私に一番厳しかった記憶をある、
たまにも手が振ってくれる、
お尻から頭まで、もう覚えないぐらい回数をありました。
その時に親父のことを嫌いで怖かった、
いつも何をある時にお母さんのそばにいました。

しかし、それでも親父の手から逃げるあまり出来ないでした。
特に学校の勉強ことについて、
絶対にまあまあをすることだめ、
いつも親父が内緒で学校の担任と会って、
私の成績を調査している、
また私はかくしてかくして、
絶対どこ人から聞いて私の活動範囲を良くしている。
まるで不思議なことでした。
それのおかげで、
私が村中に同年齢の子供が数えるほど少ない、
ちゃんと学校に卒業生でした。


親父が優しいになったのは
私が田舎から遠い学校に通った時にでした。
そろそろ学校から社会人になるから
それから親父が私のことを一切聞かず、
私が何をしたいなら
自分が責任をもてやりなさいことがなりました。
小さい都会に就職して、
不安分の私が日本に来るまで親父にも何も言えないでした。

たまに中国に帰って、
親父がいつも私のお土産を自慢で近所に配っていました。
去年に自家に帰る時に親父が年をとっている顔をみて、
なんか年をとる感じました。
親父の長くなっている鬚がみて思わずに呼んで、
座らせて、鬚を剃ってあげました。


子供ごろの親父がいつも大きくなっている
親父が私の前に小さいなっている、
背も低くなって、少し丸くなっていました。
年をとっている親父の顔見て、
あの深い皺が見てとても複雑な心情をなりました。

親父その時に私に頼んでいることをありました、
それは実がうちの妹です、
今年に大学卒業予定です。
親父の話を夜と、
自分がもう年です、
妹の面倒も見る出来ないです、
これから私が親父の分の責任を持て、
妹を見守って欲しいことでした。

よく考えると、日本に来て10年になりました。
親父に何も親孝行できないでした、
たまに帰って短い時間しか一緒にいない時間ばかり、
本当に不親孝行である、
本当に親に申し訳ない気持ちがいっぱいです。

そろそろ6月17日に父の日ですから、
自分が何を出来るかな!
by 10tea | 2007-05-19 22:28 | 問茶有感/読むべき本 | Comments(0)

馨華献上銘茶・世界遺産からの恵み、唯一無二の慶びをあなたに!


by 馨華献上銘茶
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る