人気ブログランキング |

凤鳳茶簡史 ―烏東鳳凰単叢之2

凤鳳茶簡史 

凤鳳茶は福建省潮州の凤鳳鎮にある凤鳳山で生産している、
風鳳茶もその山の名前からお茶の名前になりました。

凤鳳山は中国53民族にある少数民族の畲族の発祥地である、
隋、唐、宋時期による,少数民族の畲族が住む場所なら
必ずお茶をある、必ずお茶を植えることである、
畲族と茶樹が切れないほど縁をあります。
茶樹と畲族同生存、同命運で生活している。


隋朝年间,地震を起こって原因で、
山に火事をなりまして、
凤凰山の狗王寮(畲族始祖の発祥地)にある茶樹も燃えてしまいました、
乌祟山、待诏山だけ少し残りました。


宋代時に凤凰山の山民がある葉尖を
鶴の嘴に似ている紅茵茶樹を見つけました、
その茶葉で製茶して飲んで、味がとても美味しく、
それから植える始まりました。
その時に『鳥嘴茶』呼ばれているらしいです。
その時に宋帝が元兵から追いかけられて、
潮州に逃げていました。逃げている宋帝は喉の渇くて、
そのお茶を飲みまして、宋帝はとても気に入りまして、
よく誉めてされていることで
それから宋茶に呼ばれるなりました。

伝説において、
歴史による、南宋時期よる、
风凰山民は自分住む庭の前と後によく鳥嘴茶樹を植えていました。
茶が解渇、安静、消化、咳きとめなど効能あることで、
山民が皆植えていました。
烏東村の李老漢が一番よく植えていました。


明弘治時期、待诏山にある凤凰茶は献上されて、
贡品になりまして、『待诏茶』を呼ばれていました。


清康熙元年(公元1662年),
饶平(現在の饶平県)の軍隊総兵官の
吴六奇が兵士や民工を採用して、
乌岽山の途中に茶園にいろいろ茶種をうえました。
そのお茶は
凤凰山太平寺と饶平县衙の皆でよく飲ませていました、
残り周りに売れていました。

清康熙四十四年(公元1705年),
饶平县の知事郭于蕃が凤凰山に視察、
お茶を植えることが奨励していました。


凤鳳茶簡史 ―烏東鳳凰単叢之2_f0070743_23465349.jpg


この樹でも4百年近く歴史をあります。

注意事項:サイトに乗せる文章の
著作権は馨華(xinhua)に留保いたしますので、無断転載・掲載はお控え下さい!

by 10tea | 2006-12-04 22:58 | 中国茶の分類・物語 | Comments(0)

馨華献上銘茶・世界遺産からの恵み、唯一無二の慶びをあなたに!


by 馨華献上銘茶
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る