人気ブログランキング |

ラプサンスーチョン(正山小種紅茶)の味

英国貴族を絶賛させたオリエンタルな紅茶
正山小種(ラプサンスーチョン)


ラプサンスーチョンー(正山小種紅茶)の
原産地は福建省武夷山市星村桐木関周りです。
『中国茶経』による、正山は高い地理の生産物で意味です。
武夷山中に生産しているお茶は『正山』
武夷山の周りどこ正山しているお茶は『外山』((人工工夫煙小種)という、
他の産地と区別為に
正山小種は星村小種も呼びます。

正山小種紅茶の味

正山小種紅茶は紅茶の鼻祖であります、
味が二種類をあります。

一は東方口味です、それは桂園味(龍眼香)、
二つ目は:Lapsang 小種です、クセのあるスモーキーな香り。

ただ、本来の中国茶としての正山小種には
龍眼香と呼ばれる独特の良い香りがあるそうです。

正山紅茶は17世紀に良く知られました。

『茶葉全書』の茶葉年表による、
1705年、イギリスに緑茶(greentea)はや紅茶(blacktea)など販売している。


f0070743_946836.jpg

武夷山の正山小種紅茶生産地により写真です。
by 10tea | 2006-08-10 09:46 | 紅茶・物語 | Comments(0)

馨華献上銘茶・世界遺産からの恵み、唯一無二の慶びをあなたに!


by 馨華献上銘茶
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る