人気ブログランキング |

美味しい茶の真相と左右する要素


『茶経』の之源:

第一:茶の栽培:
茶の栽培方法は実生法、つき木・取り木によるもの二種類です。明治以後は挿し木繁殖法の技術を確立して、今も使っている。

『茶経』による、野生茶樹は上等、茶園次である、茶樹の土壌は岩が上等、碎石と砂石が次ぎ、また赤土がよい、黄色い粘土が一番良くない。


お茶の品質に左右するお茶の育て環境である、なぜなら茶が吸収する特徴あります、この特徴で宋代から薫香して花茶を発明した。

お茶は植えている土壌、水分、温度、栄養がお茶に特別の魅力の基本である


『茶経』による茶樹は日を畏れる、桑や竹など樹の下に植える、また北陰に場所よい、水をかけすぎないこと、山の傾斜面がよい、平地なら両側に水路に作ります、水をかける。最初三年は草が生えるのにも任せ、除草していけない。

■■美味しいお茶の要素:

①地理:

高い山なら霧や雲がかかります、空気が一定的な湿度が保たちすれば、茶葉が流動して空気が吸収しやすい、そうしたら茶葉に含まれるカフェインやアルミ酸が増えて行く、お茶の味が甘さ強くなります。

②気温:
高山なら、昼夜の温度差が大きくなります。光合成が有利になる、茶葉の成長が良いです。

③日照時間:
高山なら日当たり短いなる、紫外線が強くて茶木の葉が成長遅くになります、お代わりに茶葉は繊維が柔らかくなります。ミネラル分を吸い上げているので、お茶の味が新鮮でよい味をなる。

④土壌:
山の湧き水が流れる時に山の土壌を染込むので、湧き水のミネラル質が吸収できます。茶葉のミネラル分は良く含まれます。茶の栄養成分、味が美味しくなります。

⑤周り環境:

緑植物や森から出しているオゾン、山の霊気など、お茶に生命力になります。大自然を優れる茶葉は味が天然で身体に良いです。

第二:

摘み時期と茶樹・茶葉

唐代の『茶経』による、茶摘みの日に雨が降れば摘みない、晴れても雲があるときに採らず、晴れる日に摘み。
茶樹について:野生の茶樹は上等、茶園のものを次。
茶芽について:陽あたりの崖に出来ている林に生きている茶樹で、茶葉の芽が紫色のが上等、緑色が次。
茶芽の形について:芽の形が筍ような上等、歯の形ような次。
茶葉について:葉が巻いてるのが上等、真直ぐ葉が次。

美味しい茶の真相と左右する要素_f0070743_2136470.jpg



ご意見、ご希望、ご指摘をなどご指導してください。
qinyunjct@hotmail.com

尚サイトに乗せる文章の
著作権は馨華(xinhua)に留保いたしますので、無断転載・掲載はお控え下さい。

Commented by twister203 at 2006-04-30 23:32
晩上好! 今日は中国茶の会に行ってきました。奥の深い世界ですね。これからもよろしくお願いします。
by 10tea | 2006-04-27 21:36 | 茶品・古典茶経 | Comments(1)

馨華献上銘茶・世界遺産からの恵み、唯一無二の慶びをあなたに!


by 馨華献上銘茶
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る