伝統な春秋時代文化ーーー中国藍印花布(いんかふ)

4月17日に私は中国藍印花布の故郷ーーーー南通につきました。
中国藍印花布の工場に調べていきました。
色々な見ましたが、すごくよい感じでした。

なんかすごく懐かしい感じです。
私の子供頃によくある藍印花布は使いました。
その時代ときに私はだけでは、
中国で全土に広がるいました服は
皆手つづりで生産できているでしたが、
でも今の社会は量だけ考えて既に機械化なりました。
昔は100%棉の服を着る当たり前ことですが、
今は皆高級品として求める社会なりました。
なんか皮肉みたいですが、それは現実でした。

色々な思いながらここで一つ伝統の服文化を紹介します。

f0070743_1153278.jpg

綺麗な花柄です、こんな生地で布団や服など作っている。
私にとって懐かしいものです。

中国藍印花布(いんかふ)は、
中国秦・漢の時代より庶民の日常生活の間で受け継がれ愛されてきた
伝統的な藍染め織物です。藍と白の二色の紋様で図案され、
それらは質素でありながら優雅で、
そして遠い中国郷土をほうふっとさせる情緒ある染め物です。
また、自然が生み出す濃い藍色は心落ち着かせ、現代でもなお世界中で愛されています。

しかし、一方では天然の草木を原料とする印花布は原料の生産量が少なく、
また多大な労力を必要とするため、今日では人工的に大量生産されることもしばしばです。詳しくこちらです。



f0070743_9522661.jpg


これは歴史博物館にあるものですが、
実は私子供ごろにも遊びしていました。
私の祖母や母親などよくこれ使って棉線を引いていました。
電気などない時代ですが、油灯の下で、すごく細い棉線を引くそれは技であります。
出来ない人はすぐに線が引き過ぎて切れることを多いです。
また女子は必ずできる技である、
何故なら、お嫁さんになる一つ条件です。
でも今は・・・・・・・
歴史になりました・・・・・

f0070743_103212.jpg


わあはは、これも古物ですよ、
線が出来たらこれで布になる作り機械です。
それでも人力です。先程より難しい技である、
本当に男性が苦ってものです。

生地に染める天然植物一つ種類です。
生地に染める天然植物です。

f0070743_10133182.jpg

食べ物である黄豆です、これも天然のものです、
普通でも値段が高い食料です。これは生地の上に塗る一つ材料です。
本当に感心です。

f0070743_10172748.jpg


生地上に天然材料(秘密ですから、中身内緒^。^)
花柄を塗る、二回や三回まで多いです。
f0070743_10275222.jpg


色がつける、漬ける時間は一日や一週間の時もあります。
物によるつけていく。

f0070743_10293282.jpg


乾すも技です、誰でも出来るわけないです、
竹の長さや重さだけもバランスを取りにくいですから、
まさか竹の頭上に布をかけて投げることはほんとうにびっくりです。

f0070743_10325511.jpg


形が出来合って、花柄は綺麗できあがりました。


>
f0070743_10343869.jpg


ここまで出来てるはかなり時間をかかりました。
素敵な魚で中国ならおめでたい意味があります。
こんな工夫して出来上がる物は大量できないですが、
でも体に優しいもの残りほうがいいとおもいます。


中国伝統的な「藍印花布」を買いたいかたこちらみてくだいさい。
[PR]
by 10tea | 2006-04-17 11:53 | 人生七味日記 | Comments(0)

馨華献上銘茶


by 馨華献上銘茶
プロフィールを見る
画像一覧