人気ブログランキング |

茶の精妙

茶の精妙:





茶の精妙の始まりは作るからになります。

保存が正しい、入れた方が適正、


優劣が殺青により変わります、

清らかと混濁が火による。

火が強いなら香りが高くて清らか、

火力が弱くて、釜が寒く神様は疲れる、

火力が強すぎると、焦げりやすい。

薪がすくないと翡翠の色できない。

長すぎると老死、

速すぎると生臭い。

熟成すると黄色になります。

火が足りない黒になりやすい。

順調なら甘い、

そうではないなら渋い、

少し白いがあっても問題ない、

焦げるないものが最高。


お茶の入れる要旨

美味しいお茶を入れるまず火力の優先、

いにしえ、炉火が強く、団扇が速やかで速い、

音が起きたら、連続強く、

それは文武の火、

温柔すぎると水も柔らかくてお茶が沈みやすい、

火が強すぎて、茶が水の奴隷になり。

中庸は茶の聖人の用旨。


湯水の鑑別


お湯の鑑別は三大鑑別と十五鑑別である。

一つ音で鑑別

二つ形で鑑別、

三つ気の鑑別


形は内の鑑別、

音は外の鑑別、

気が速やかの鑑別。





エビの目、蟹の目、さかなの目の連続、

それは萌えお湯、沸かすお湯が波ように、

蒸気なくなり、それは純熟。

初音、転音、振音、

急音、みんな萌湯、音がなくなり、それは純熟。

蒸気が一糸、二糸、三、四糸、

糸糸相連、蒸気が不安定、それは萌お湯、

蒸気沖天、それは純熟湯である。


お湯の要旨


宋代の以前がお茶の点じるは

若く、やわらかなお湯がよい、

老けるお湯を使わない、

それは古人がお茶を作る時に

お茶を碾く、碾く後に必ず磨り上げ、

そのあとに羅を通す、

お茶は粉になります。

お茶がお湯あうと茶の神様が浮かぶ、

だから若いお湯がよいです。

今のお茶が、碾、羅が不使用で、

みんな元体揃い、

お湯が純熟で茶の元神が浮かべ、

だからお湯が五沸で、

お茶の奇抜になり。


お茶の正しい煎れ方


純熟のお湯を使い、

少し壷に入れ、

冷気を排出、

お茶を投入、

茶が多い分ける少ない良いが、

過ぎると茶が重く味が苦くて香りを沈む、

お湯が多くすると色が薄く、香りがすくない。

二、三煎。

冷水を洗い、壷が涼、清潔。

不、茶の香りが減る、

釜が熱く茶の神様が不元気、

壷が清らか、水が常霊気。


少々待ちお茶を使用、

分けの品要。

分けがはやくいけない、

飲むのは遅くいけない。

はやい、茶の神様が不現、

遅くと妙の味と香りが飛び。














茶の精妙_f0070743_2347884.jpg

by 10tea | 2016-01-24 17:46 | 中国茶道 | Comments(0)

馨華献上銘茶・世界遺産からの恵み、唯一無二の慶びをあなたに!


by 馨華献上銘茶
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る