人気ブログランキング |

茶の道

茶の道


お茶を楽しむ三つの場面


①新茶・甘泉・美器


②良い環境(天・地・気候)


③風流儒雅、品格相当。


逆の場面がお茶を味わいしない。


茶の十三宜


一:暇 

二:良いお客

三:独り

四:詠詩

五:揮翰

六;徘徊

七:睡眠から起きる

八:宿醒

九:清供

十:精舎

十一:念心

十二:鑑賞

十三:文童



七禁


一:不如法

二:悪具

三:主客不均

四:冠裳苛禮

五;雑味

六:忙しい

七:掛け物や机に悪い趣味







茶の道_f0070743_231959100.jpg




茶の道:

色:
茶の色が白いほど貴重、(白茶ではない)

すべての種類のお茶を指す


なぜ今はのお茶の色が濃いなら

美味しい間違い概念を広がっている?

香 茶有真香

茶が本当の香りはあります、化学香料が入れるいけないです、

それは茶の真香を奪いことを恐れている。

なぜ、多く化学香料化をつけたお茶が流行りでしょうか?




味 
茶の味が甘・潤い滑る。



なぜ、今はお茶の味の表現が

甘い、渋い、苦いで表現になってしまった?



藏茶
茶の保存、

茶が匂いするものが嫌い、

湿冷を嫌い、温燥を好き、

なぜ今はお茶の保存方法が

冷蔵庫に保存するお勧めでしょうか??


茶の精妙:

茶の精妙の始まりは作るからになります。

保存が正しい、入れた方が適正、


優劣が殺青により変わります、

清らかと混濁が火による。

火が強いなら香りが高くて清らか、

火力が弱くて、釜が寒く神様は疲れる、

火力が強すぎると、焦げりやすい。

薪がすくないと翡翠の色できない。

長すぎると老死、

速すぎると生臭い。

熟成すると黄色になります。

火が足りない黒になりやすい。

順調なら甘い、

そうではないなら渋い、

少し白いがあっても問題ない、

焦げるないものが最高。
by 10tea | 2013-02-13 23:10 | 中国茶道 | Comments(0)

馨華献上銘茶・世界遺産からの恵み、唯一無二の慶びをあなたに!


by 馨華献上銘茶
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る