人気ブログランキング |

皇帝の御茶園と有機栽培茶の風景

中国茶ツアーの三日目、
昨日雨の天気で今日は曇りなりました。
天気を心配しながら、
皆はバスを乗って私の仕入先管理している、
武夷山茶葉研究所につきました。

皇帝の御茶園と有機栽培茶の風景_f0070743_1922234.jpg


御茶園前の門石

皇帝の御茶園と有機栽培茶の風景_f0070743_19252261.jpg

茶を求める境界である茶魂

茶葉研究所は最高なトップである、
所長は親切で満面の笑顔で私達に案内してきました。
また中国でも数えほど少ない最高プロ製茶工程師を呼んで、
茶葉研究所のいい茶を一つ一つ紹介してきました。
今まで皆入り口だけ見ることおおいですが、
今度特別の関係で私とツアー参加している人をみせてくれました。

皇帝の御茶園と有機栽培茶の風景_f0070743_19452125.jpg


親切な所長は今年の新茶を見せてくれました。

皇帝の御茶園と有機栽培茶の風景_f0070743_19461080.jpg


中国でもわずか何人しかないプロ工程師、
生で『搖青』の工芸を見せてくれました。
その速さ、動くみたら、
みんなわあーーーー!

皇帝の御茶園と有機栽培茶の風景_f0070743_19442910.jpg


特別の招待ですから、
皆で写真を記念しましょう。


元の時代に「武夷山」に元の帝室御用茶園を作られました。
元の軍隊は「南宋」の首都「臨安」を攻略した、
「臨安」陥落(1276年)後、
「大徳六年」(1302年)「武夷山」に「御茶園」を置いたのです。

皇帝の御茶園と有機栽培茶の風景_f0070743_19404794.jpg

歴史にある御茶園門、
何百年に立ても、相変わらず姿をみると、やっはり皇帝の御茶園です。

皇帝の御茶園と有機栽培茶の風景_f0070743_10454871.jpg

皇帝用の井戸です、今でも活躍しているらしいです、
冬にすると井戸から光でるらしいです?--すごくない?

有機栽培は日本で厳しく決めているですが、
中国でも同じです。
ここの会社は、
山がすべて買って自分の資本の力で、
また中国福建省農業大学の専門家の指導を受け、
中国国内一番大きな有機栽培烏龍茶基地を作りました。

皇帝の御茶園と有機栽培茶の風景_f0070743_19492945.jpg


福建省農林大学専門家の指導を受け、有機栽培の茶畑。




工場の二階ビルから綺麗な有機栽培茶畑は満喫出来る綺麗風景、
この茶畑は5月20日前後収穫する季節になる、
今年の新茶も楽しみ出来ます。

『有機栽培』・『原産地標』に認定されている
『安全』で『美味しい』伝統中国茶にこだわり販売をしている。
中国の『有機栽培』・『原産地標』について知りたい方はこちらみてください。
皇帝の御茶園と有機栽培茶の風景_f0070743_19512382.jpg


皇帝御用達十大名茶馨華の有機栽培中国茶を飲見たい方は
是非こちら一回味見してください。
絶対納得させます。




皇帝の御茶園と有機栽培茶の風景_f0070743_2019122.jpg


山の登り終わりまして、
疲れている皆はお茶を飲んで疲れがとりました。
本当に気持ちで楽しい出来ました。

皇帝の御茶園と有機栽培茶の風景_f0070743_202122100.jpg


美味しい中国茶を淹れる美人たち、
皆再会した美人たち、私の顔を覚えている、
本当にお茶を飲んで頭がよくなっているらしいです。
私はあまり彼女達の名前を覚えていないでした。
しつれいかな^---!
by 10tea | 2006-04-15 18:58 | 人生七味日記 | Comments(0)

馨華献上銘茶・世界遺産からの恵み、唯一無二の慶びをあなたに!


by 馨華献上銘茶
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る