「蛍の茶会」有感

「蛍の茶会」を有感
世界遺産黄山の魅力!!



7月2日日本に戻りました、
今度中国に行く場所は自分が大好きな
お茶でもあり、住みたい場所でもあり、
世界自然文化遺産とも登録している黄山です。

黄山は昔でもとても人気がある綺麗どこです、
大詩人の李白にもここで修業していました。

上海から黄山に飛行機で1時間です。
黄山のホテルに向かえて来た人の車で
黄山の奥に行きました。

f0070743_1815499.jpg


道の両側に山が連綿して、緑も豊富で、
本当にいいとライブです。
しかし、車30分乗ってあと、

霧がどんどん増えてきます、
霧の中に車を走るのが
日本来て一回しかないでした、
霧がそんなたいへんではなく、
20分走り、霧がなくなりました。

2時間近く山道に乗って、
馨華のお茶とも作っている工場に着きました。

工場の裏側は
「山渓茶亭」
を作っています、
名前から見るとすぐ分かる。

目の前に綺麗な山があり、
山と「茶亭」間に綺麗な清渓が流れています。
時時に魚にも見えます。

そこの一服のお茶を飲んで
夕日を見てとても幸せでした。

もっとびっくりすることは
夜の「蛍の茶会」です。

f0070743_1813810.jpg


夜ご飯終わり、
茶亭にお茶を飲む時に、
渓の両側樹上から光がでています、
ええ、もしかして・・・・・・・
鬼?

怖いときに、どんどん増えてきて、
ああ・・・・・・蛍だ!!!
蛍の数が増えすぎで、
まさに花火みたいです、
自分がほかの友人にも呼んで
「蛍茶会」を始まりました。

みんな蛍の光を味わいときに、

ああ・・・・・・・・流れ星だ、

思わずに声を出した、

次回が出たら願いことをするぞ、

心から決めました。

その時に流れ星が着ました。

自分が何回お願いしたもう覚えてないほど、

流れ星を見ました。

蛍、流れ星、
明るい満天の星をみて、


友人と三人で興奮して眠られないです、
三人でお茶を飲んで、
朝三時まで話をしていました。

部屋が戻りまして、
いい夢が作りました。

しかし一緒に行った友人が面白いです、
部屋に蛍を飛んでいったから、
蛍を見つづめていました。
なんど一晩でした。


面白いだ!!!!!


中国の環境いうと、
きっと多く人が期待しない、
汚い印象もあります、
また上海に行った人にも
空気や水など悪い印象が多いです、

そう、その通りです、

でも黄山までに行くとこんな自然にもあります、
こんな大自然の中に馨華のお茶を栽培しています、
馨華のお茶を作っています。

本当に自然が好きなら、
黄山に行ってみませんか?

本当に美味しい自然な味のお茶を飲みたいなら、
馨華のお茶をいかがでしょうか?
[PR]
by 10tea | 2009-07-03 23:41 | 人生七味日記 | Comments(0)

馨華献上銘茶


by 馨華献上銘茶
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30