中国陶磁器

中国陶磁器のお話 -1  心の準備.

すごいですね、よく勉強しているね、
陶器や磁器などお茶を合うために何百年時間をかけて、
個人や宮廷など研究してきました。

特に明代後期から清代まで
磁器の色や模様などどんどんかわりました。

それはアジアにある伝統磁器にすごく大きな変化でした。
地味のアジア色と派手な欧米色、
今いろいろな綺麗物を出来ましたでしょうね!?
[PR]
# by 10tea | 2006-05-24 19:05 | Comments(1)

一緒に空を見よう。

今日は休みです、
気持ちを転回のために、
映画を見に行きました。

海猿ってあまり興味ないとおもいながらいきました。
日本に来て9年目、
映画があまり見ない私は、
映画を見ても感情が鈍感です。

でもーー
でもーーー
海猿はハーリボータなど有名ではない、
怖くない、でも、
ひとつ『一緒に空を見よう!」台詞を聞いてから、
私の涙は映画を終わりまでとまらなかった。

f0070743_17372826.jpg


是非これはお勧めです。
[PR]
# by 10tea | 2006-05-23 17:28 | 人生七味日記 | Comments(2)
日本茶道への思い -4  隣国の人たちへの感謝


今日は電車に中国茶の本を読みました.
読んだ一節は陸羽の「茶経』を紹介本でした.
正直な言うと陸羽見たい人は中国5千年歴史中にただのひとりです。
日本もそうでしょう。
千利休というひとですが、
子孫など多いですが、
茶道についてなにもできないでした。
茶道は人がお金に繋がると、
綺麗な精神をなくなる、
ひともつたえるできなくなるでしょうね。?
[PR]
# by 10tea | 2006-05-20 23:35 | Comments(3)
今日は朝から7時に起きまして、
朝ご飯を作ってから、
すぐに赤坂に迎えていきました。

赤坂についたら、
いろいろな打ち合わせや仕事の内容を手配したら、
なんど一時になりましたら、
お腹が抗議していることもわかりまして、
すこし我慢して、二時から食事にしました。

3時半に人を面接、
4時半渋谷につきました.
雨が大きくて、
駅にうろうろしていました。
またお茶の販売コーナーにいって、
今年の新茶を飲みました.

5時になってしかたなく、
傘を買いまして、
赤坂に戻りました.
今度は本格な仕事も始まりました.

お茶はとうする?
茶芸する?
お茶だけする?
いろいろな考えながら、
しごとをやっていました。

家に帰る夜10時、
つく時間を11時半。
もう、もう、
疲れました----。
[PR]
# by 10tea | 2006-05-19 23:28 | 人生七味日記 | Comments(0)

今日は新仕事です。

今日は赤坂に新しい仕事を始まりまして、
一日あというあいだおわりました。

正直な言うと一日目が何も出来なくて、
少し焦りました。
こんな状態を続けると首なりそう感じでした。
とにかくかんばります。
[PR]
# by 10tea | 2006-05-18 16:01 | 人生七味日記 | Comments(0)
黒茶の総論:

黒茶は後発酵茶です、
中国の特有の茶類です。
生産歴史は長いです。種類も多いです。
11世紀前後、北宋年間(公元1074年)に緑茶を加工して黒茶種類始まりました。
黒茶はいろいろな緊圧茶の原材料として使っている。
湖南、湖北、四川、雲南、広西など主要産地。
黒茶の生産量は緑茶、紅茶よりすくない、
三番目の生産量。中国国界周囲にいる民族など中心して飲んでいる、
部分国内内部に販売する、また少量外国も販売している。
代表種類:湖南黒茶(16世紀に作り、安化、桃江など)、
老青茶(1890年から湖北の通山、xian ningなどに出始めた。)
四川辺茶(宋代に“茶馬法“、明代の1371~1541年に“茶馬司”などから良く生産している。また南路辺茶と西路辺茶をあります。
六堡散茶(広西六堡郷に生産で200年の歴史ある)。

雲南省西双版納「シーサンパンナ」
周辺で古くから生産されている代表名茶です。
西双版納周辺でとれたお茶は、
その昔、プーアール県が管轄し出荷されていたことから「プーアール茶」と名付けられたとか(広東読みでは「ポーレイ」)。


普洱茶(雲南で生産、中国茶の発原地、
唐に普洱県に良くお茶を纏めてから各地に送っていることで普洱茶で命名した。)



“茶者、紫者為上”普洱茶の最高級品---
普洱紫茶(貢品散茶)・普洱紫茶(貢品七子餅)

f0070743_11545025.jpg


陸羽『茶経』に記載されている“茶者、紫者為上”の
ことが実は紫茶でことです。
普洱紫茶が雲南大葉種茶類のお茶中で稀有な貴重品種です。
普洱紫茶は西双版納の側、景谷県でつくられており
標高2000m以上の山岳地帯で生産され、
それが雲南の大葉種茶樹が数百年時間自然な変異を渡って植えた茶樹は天然に形成して、
茶樹に生きている茶葉は紫色中に紅色出来ている特徴ある、
晒青あとのお茶を日に当てて深緑色を呈することしている。
出来上がる普洱紫茶(プーアル)の茶湯色はを赤くて明るくて透明です、
香りは独特で、回甘はとても明らかです。
植える茶樹、葉が紫紅である、精製した幹茶がつやである黒緑である、
新奇な変化ある普洱紫茶は淹れる後茶湯が明るくて赤い色である、
だからプーアル府のお茶区の少数民族はこのお茶葉は『三色茶』
〈3色のお茶〉とも呼ばれています。普通の普洱茶栄養成分をある上に
またビックリすることは物理・化学の成分である中黄ケトン
(人体が吸収した後に免疫力は高めることができる、老衰している能力を延期する)、
アミノ酸、コーヒーは含有量になど普通のプーアル茶に比べて1倍余り多いともに測定数値に明らかです。
特徴:有機栽培、伝統な普洱茶の製茶工程で精製されている、
コレストレールを下げる、血圧を下げる、中性脂肪を燃える、動脈硬化、胃腸作用など薬効果が目立ちです。



プーアール茶の最高級品---普洱紫茶



f0070743_17215164.jpg

普通な茶葉が緑色ですが、最高級な普洱紫茶が茶葉は紫色がおおいです。
f0070743_16312493.jpg

普洱紫茶と普通普洱茶の茶湯を比べ。
f0070743_16313170.jpg

普洱紫茶の栄養成分は他の普洱茶より数値が高いです。(中国茶葉研究所に測定にて)さすが高級品だ。
f0070743_16313752.jpg

最高級な普洱紫茶の作り流れです。
[PR]
# by 10tea | 2006-05-16 11:56 | 中国茶の分類・物語 | Comments(0)

馨華献上銘茶


by 馨華献上銘茶
カレンダー