<   2014年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

午後に一服

午後の一服



先週が三重県に行きました、


お茶会を開け、いろいろな人と出会いました、


とても楽しい旅でした。



今日はリラクゼーション場所として


都内のホテルに一息。





f0070743_2210012.jpg






f0070743_22101236.jpg







f0070743_22103282.jpg

[PR]
by 10tea | 2014-10-29 22:11 | 人生七味日記 | Comments(2)

温かい岩茶金賞水仙

寒い日に温かい岩茶水仙




最近は気温が下がって、


急に寒くなった感じました、


特に朝と夜は寒い感じます。


今は風邪を流行っているその季節原因と思います。


風邪を引かない用心必要です。


その一つ対策は極上癒すとも楽しむものをお茶です。

今日は金賞を獲得した岩茶水仙を楽しんで、

この寒さを乗り越えていきます。



f0070743_9364924.jpg







f0070743_937093.jpg







f0070743_9371413.jpg

[PR]
by 10tea | 2014-10-23 09:36 | 人生七味日記 | Comments(0)
【10月25日(土)のイベント】
馨華 中国茶品茶会




秋も深まり、そろそろ木枯らしの吹く季節。

香り高く、身体を温めてくれるお茶の美味しい季節の到来です♪

そのような時節、10月25日(土)に、

馨華(シンファ)代表の秦さんによります中国茶品茶会を開催致します。


今回は時節柄、「青茶(烏龍茶)」の飲み比べを行います。

発酵度合いで分類されるお茶の種類(緑茶・青茶・紅茶)の中でも、

もっとも種類が多いのが青茶です。

緑茶と紅茶、それぞれの良いとこ取りをしていると言われる青茶。

その数ある青茶の味わいの違いを、秦さんの紹介とともに味わうお茶会です♪

また、時節にあった漢詩を秦さんが朗唱し解説してくださるなど、

古の宮廷遊びのような悠久なひとときもまたこのお茶会の魅力のひとつ

お茶と合わせて、悠久な中国の文化を楽しんでいただきます。

そして、私が蓁さんの茶葉を使いましたスイーツも提供させていただきます。

今回は、今年の5月に開催したお茶会で使いました茶葉を使いまして、創ります。

こちらも楽しんでいただければ、幸いです♪


品茶会の詳細情報は下記をご覧ください。

お問い合わせまたはお申し込みは、

03-3944-2356

カフェ ェ バール ユウにお電話いただくか、

もしくは[u_u_info]宛てにメールにて、ご一報くださいませ♪



f0070743_22422790.jpg

[PR]
by 10tea | 2014-10-17 22:40 | 第一香茶會の知らせ | Comments(0)

今日もご馳走様

今日もご馳走様



今日はとてもいい天気です、


お昼まで寒い感じでした。


お昼はスープを多くために、


手作り水餃子を作りました。


温かいものを食べて体は暖めていました。


本当に美味しい日です。



f0070743_19584596.jpg

[PR]
by 10tea | 2014-10-16 19:58 | 人生七味日記 | Comments(0)

秋の養生と言えば、
呼吸気管、肺臓です。





おはようございます!

秋の養生と言えば、呼吸気管、肺臓です。

今日は肺臓を潤い菊花と肝臓を元気に

与える薔薇花を飲むことになりました!



f0070743_10205458.jpg

[PR]
by 10tea | 2014-10-14 10:21 | 人生七味日記 | Comments(0)
茶道精神の真髄から
養生を得た皇帝―朱權







明代になると、青茶、紅茶が登場し、

現代と近い形で飲茶が楽しまれるようになりました。

景徳鎮が出来たというのも、

この時代の画期的な出来事でしょう。

明代の朱權は、

『茶譜』の中で、茶道の核心は詩興を得ること、

睡魔を克服すること、清淡な涼を得ること、

仙霊と自由に言葉を交す境地に達することが出来ることである、

と記しています。自然・仙霊の大らかな世界と

一体化する心地が詩的に表現されています。

「茶之爲物,可以助詩興而雲山頓色,

可以伏睡魔而天地忘形,可以倍清談而萬象驚寒,

茶之功大矣!其名有五:曰茶、曰槚、曰蔎、曰茗、

曰荈。一雲早取爲茶,晚取爲茗。食之能利大腸,

去積熱,化痰下氣,醒睡,解酒,消食,除煩去膩,

助興爽神。得春陽之首,

占萬木之魁。・・・・・・盧仝吃七碗、老蘇不禁三碗,

予以一瓯, 足可通仙靈矣。」

また彼は当時の茶道の実態の克明な記録者でもありました。

以下は、明の時代までに残されている最も詳細な中国茶道の記録となっています。

中国における礼茶道の原点を伝えてくれています。

主人と客の声の掛け合いや茶器の運び方など、

お客さんに御もてなし茶道を行い、

お茶を飲み後に琴、囲碁、

書画の道具を並べてお客さんが

自由に楽しくという形式です。

日本の茶道の原点を感じさせ、

非常に興味深い文献です。






f0070743_2344939.jpg

[PR]
by 10tea | 2014-10-12 23:04 | 中国茶道 | Comments(0)

季節を楽しむ


季節を楽しむ






今日は朝から茶館テラスで


本を読みながら2種紅茶を楽しむ!

今の季節は気候が良くて、

風も涼しくて、お茶と本の香りで


今日も最高な気分です。




f0070743_17233932.jpg






f0070743_17235517.jpg



お昼に

自家製手打ちラーメン、

何日間寝かせて、

こしがあり、味もシンプルで


美味しい自家製ランチで


今日に最高な気分に引き続きました。



f0070743_17251216.jpg





f0070743_17252684.jpg

[PR]
by 10tea | 2014-10-10 17:25 | 人生七味日記 | Comments(0)

優雅な秋晴れ一日

楽しい、楽しい、

優雅な秋晴れ一日





今日はとてもいい天気です。


午後から上質なお客さんが来ました、

お茶を飲みながらいろいろな話しました。

茶館の部屋からテラスまで

お茶を楽しんでいました。


秋が気候よくて、気持ちがも良くて、

ほんとに楽しい、楽しい、


茶館から見える空の雲も素敵です。





f0070743_21543368.jpg




f0070743_21564577.jpg





f0070743_2157187.jpg





f0070743_21574667.jpg

[PR]
by 10tea | 2014-10-03 21:56 | 人生七味日記 | Comments(0)

馨華献上銘茶


by 馨華献上銘茶
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31