<   2012年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

小原宏貴展示会



小原宏貴展示会



湯人の小原流の家元、

小原宏貴さんの展示会は

3月30日から日本橋高島屋でやっています。

とても素晴らしい作品が多くて、

近い方是非みてください。


f0070743_22364770.jpg

[PR]
by 10tea | 2012-03-30 22:36 | 人生七味日記 | Comments(0)


2012年新茶季節そろそろ来る。




知らず、知らず、

2012年新茶の季節がそろそろ来ます。

こともお茶を作るたび出かけます。

楽しい出会い始まり季節で

美味しいお茶を飲んで、

幸せな毎日にさらに幸福になると思っています。


今年はお茶の作りと

良い出会いを待てます。

さあ、春を楽しみましょう。



f0070743_22595494.jpg

[PR]
by 10tea | 2012-03-23 22:55 | 人生七味日記 | Comments(0)


茶館の庭にある梅花を咲きました。




f0070743_2255286.jpg


今年が寒いことで、

庭の梅花がやっと咲きました、

春の生命力がすごいですね。



f0070743_2263119.jpg



馨華の女神茶器セットと

花茶の蜜のセレクトです。
[PR]
by 10tea | 2012-03-15 22:09 | 第一香茶會の知らせ | Comments(0)

イベントお洒落な一枚



イベントお洒落な一枚







f0070743_019554.jpg

[PR]
by 10tea | 2012-03-10 00:21 | 人生七味日記 | Comments(0)


学士会館ラタンの
フランス料理料理長大阪さんと
馨華献上銘茶のコラボが
月刊誌「グルメジャーナル」
3月号の特集にて紹介されました。




f0070743_23242752.jpg



素敵な表紙

f0070743_23245465.jpg


私のお茶を入れる顔もはっきり映りました。


f0070743_23253521.jpg


美味しい料理と集合写真も取りました。

今は思い出すととても素敵な晩餐会でした。

またいつかやりたい気持ちでした。




学士会館 ラタンレストランはこちらです。
[PR]
by 10tea | 2012-03-08 23:26 | 第一香茶會の知らせ | Comments(0)


馨華の
「世界遺産・献上銘茶」が
月刊誌「料理王国」
3月号の特集にて紹介されました。




馨華の「世界遺産・献上銘茶」が月刊誌「料理王国」
3月号の特集にて紹介されました。


月刊誌「料理王国」は、

”食べる”ことの歓びと文化でいっぱいの

クオリティマガジンです!

料理レシピ、ワイン、お菓子、食材…。

シェフやグルメの方々への食情報が満載。

2012年3月6日発売。


f0070743_13275422.jpg


上記写真は料理王国3月6日の表紙


f0070743_13284735.jpg


上記写真は料理王国中に馨華の頁。
[PR]
by 10tea | 2012-03-06 13:30 | 第一香茶會の知らせ | Comments(0)



献上銘茶と

蘭花茶のハチミツセット



お客様の希望を応じて、

献上銘茶と

献上蘭花茶のハチミツセットを作りました。

箱が本当の桐を使って少し高めです、

真のおもてなしなら嬉しいo(^▽^)o

f0070743_22143513.jpg

[PR]
by 10tea | 2012-03-05 22:15 | 第一香茶會の知らせ | Comments(0)

雪の水



雪の花




この前に雪のお水を使いました、

あまり新鮮な雪でしたので、

お湯になるとき溢れる雪の花でした。

それは中に多く酸素に含まれている証拠です。


またお茶の味と茶湯の色が薄くてとても清らかな味です。

本当にびっくりしました。


唐代に雪の花の漢詩に残りました。

高正臣《晦日置酒林亭》诗:“

柳翠含烟叶,梅芳带雪花。”

唐白居易《题州北路旁老柳树》诗:

“雪花零碎逐年减,烟叶稀疏随分新。”

唐温庭筠《杏花》诗:

“红花初绽雪花繁,重叠高低满小园。”
[PR]
by 10tea | 2012-03-04 17:42 | 水品・煮泉小品 | Comments(0)

風流のお茶と雪



季節の風流 「お茶と雪」




今日は
.
雪が取り、お茶を煎じる。

お茶の水をこだわり日本、

雪の水でお茶を飲む風流です。


白居易の漢詩( 夜雪 )、


夜深知雪重、訳、静かな夜に大雪がふり、


时闻折竹声、訳、時々竹が折れた音が聞こえてくる。


とても素敵な漢詩、読むと風景画が目の前の現れるo(^▽^)o


f0070743_22303526.jpg


茶経による、

雪の水でお茶を入れる味が

湧き水より美味しいo(^▽^)o

それはなぜでしょうか?

知りたいなら勉強しましょう。


今日の仕事は雪を集まるでした、

これから豊富な雪で美味しいお茶を楽しみo(^▽^)o
[PR]
by 10tea | 2012-03-01 22:25 | 人生七味日記 | Comments(0)


蘭香茶館の会員制度について




最近は蘭香茶館の会員になりたい人が増えています。

ここで蘭香茶館の会員制度について説明します。

「蘭香茶館」会員制趣旨

伝統茶文化や教養など触れる真髄場所として

提供していきたいです。

安静な空間で「真なお茶」として純粋に味わいして欲しいです。


お客さんに「真なお茶」を味わいために、

茶館が丸ごと貸切状態です、

許可がなければ他者は入館できないです。

一日多くても二組みしか受けないし組みです。

お客さんは時間気にしなくて、好きな時間で来ると帰りできます。


会員になる条件について


馨華のお茶を理解し、

馨華のスタイルを賛成する前提で下記条件つきます。



1:馨華のお茶は2回以上購入する方

2:馨華のお茶会を2回以上参加した方

3:馨華の会員になった方の紹介された方

4:私が認めれた方、また誘い方


以上4点いずれ満たす方は「蘭香茶館」の会員になれます。


「蘭香茶館」会員の費用について

商売目的ではなく、

会員登録料10,000円のみ支払いになります。

退会するときに返金ないです。


年会費や更新費など

他の費用は一切ないです。



また一年以上お茶を購入していない、

「蘭香茶館」にも利用していない方は、

自動退会としてなります、再入会する場は

会員登録料を発生しますので、ご注意をください。



「蘭香茶館」会員の使用料金について



使用時間が

営業時間代「10:00~18:00」まで制限ない、


お茶代について一人が3,000円~5,000円まで、

お茶による料金がかわりますが、

特別のお茶や特別な要求ないでしたら料金が追加しないです。

お茶を味わいためにお菓子がないです、

でも持込み出来ます。



「蘭香茶館」のお茶について



定番の49種類のお茶以外、

150種類セレクト者を持ています。

新茶以外に、50年以上の生プーアル茶、

20年以上のプーアル茶、

24年の鉄観音茶、

5年一度、年間300gしか生産できないお茶、

品茶大会に受賞したお茶、

中国の迎へん館に使用しているお茶、

外交部など使われたお茶などいろいろな種類があります、

ここにきればきっと好きなお茶を見つけると思います。

ご楽しみきてください。



完全予約制ですので、

会員の方は予約する上にご来館をください。

わらないどころがありましたら遠慮なくお問い合わせをください。



「蘭香茶館」の風景





f0070743_1081159.jpg


上記写真は茶館の入り口になります。


f0070743_1083044.jpg


上記写真は茶館の1F茶室の風景。



f0070743_1085257.jpg



上記写真は茶館の2F和室風景。



駅に~歩いてくる方は是非茶館に行く必ず通る

ミドリ橋に川中に見てください、春がとても気持ちよい

ミドリやいろいろな花を咲いています。

またみどり橋のしたに縁起よいものがいます。

このミドリ橋は実に別名は仙人橋とも呼ばれています。

下記写真通りです。

f0070743_2334622.jpg




「真なお茶」、運命を変わるお茶はここにいる、

幸せになる、自分をご褒美できる場所ここにいる、

自分を見つめる、禅を得る機会はここにいる、


大自然なお茶、山のエネルギ、きっとあなたに

不思議な思い出になると思います。

量ではなく、上質な品格がある一服は

きっと元気になるうえに心にも浄化して、

清らかな気持ちで良い時期を過ごすできると思います。



唯一無二の慶びをあたなに


良い出会いを楽しみしております。
[PR]
by 10tea | 2012-03-01 09:18 | 蘭香茶館会員制について | Comments(0)

馨華献上銘茶


by 馨華献上銘茶
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30