<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧


第三弾!!遊び知らせ!!
「秦さんの自家菜を味わい會」開催!!

馨華会員・
お世話になっている方限定!!


中国古典の料理本を
よく読んでいるうちに自分も
料理を作ってみたい気持ちがなりまして、
料理を作る動機は馨華の会員、
お世話になっている方、
仲間に御もてなし気持ちです、
商売としてやっていません。


f0070743_1564878.jpg


自然な物の天性を生かして、
秦さんの子供食べていた料理を再現し、
時代に外れかもしないですが、季節に合う、
体に合う健康な美味しい料理を出します。


形に凝らずに愛情気持ちが
たっぶり真な自慢料理です。


開催期間:2009年8月15日から 

参加条件:完全予約制、 *注意:一見さんは断り!

最短二日前、最少人数二人以上、馨華会員予約優先(今受付中)

参加費用:5000円/1人  
料理内容:四菜一スープ・高級茶・お昼寝場所無料提供  

(主食は手作り餃子、ラメン、饅頭です、

予約するときにどちら一つ選んでください、酒・ワイン・ビル別料金)

予約について:完全予約制(月から土曜日まで 時間Am10:00~PM21:00)

開催場所:馨華茶房 
〒157-0065 東京都世田谷区上祖師谷6-24-15
お問い合わせ: Tel:03-5314-2978 
Fax:03-53142979 E-mail: info@xin-hua.jp

作る人Profile:秦国力 (しんこくりき)
食べるを大好き、味覚の自信が持ています、
中国古典の料理本を研究してます。
有機栽培の中国茶を販売する「馨華」を主宰。
中国茶文化を伝える講師としても活躍中。
[PR]
by 10tea | 2009-07-26 15:00 | 自慢料理味わい会 | Comments(0)

第二弾!!古典文化講座開催!!
太古遺書―楷・隷・草書習字講座開催!!

習字生募集中!!


日本に於ける書道復興、
漢字の普及ためにエコ書道教室を開催します。

f0070743_14504978.jpg


自分が日本茶道を習い時に、
茶室に掛軸をよくかけていますが、
その時代による書き方は違って、
普通な方はなかなか読めない場は多くて、
先人の墨寶は多く人が読めるように
書道習字教室に開催することをなりました、
有志の皆さんはぜひご参加してほしいです。
ストレス解消できるだけではなく、真な文化、
真な教養にも身に付ける可能と思います。


開催期間:2009年8月15日から 
      (今受付中)見学可能(要予約)。初心者歓迎。

 

入会 金:2000円 (二千円)
会  費:年間3000円(三千円)


***多くお客さんから値段が安くて、本当にですから、
多く質問来たですが、私にとって
この安い値段でやることは商売ではなく、
多く人が書道文化をしてもらいたいためです。


指導・教材・筆・習字紙など費用:
   完全無料提供・完全予約制
    
  (月から土曜日まで毎日練習可能、時間Am10:00~PM20:00)

開催場所:馨華茶房 
     〒157-0065 東京都世田谷区上祖師谷6-24-15

お問い合わせ: Tel:03-5314-2978 

Fax:03-53142979 E-mail: info@xin-hua.jp




指導人Profile:秦国力 (しんこくりき)

書道愛好者、学校時代多く書道コンテスト大賞を受賞。
安全に配慮した有機栽培の中国茶を販売する「馨華」を主宰。
中国茶文化を伝える講師としても活躍中。
[PR]
by 10tea | 2009-07-25 14:45 | 古典文化教室 | Comments(0)

古典文化教養講座開催!!
太古遺音―七絃琴講座!!
生徒募集中!!



日本に於ける琴樂復興
のために七絃琴講座を開催します。


f0070743_23414715.jpg


琴に興味を持つ方ならどなたでも、
たとえ楽器演奏の経験がなくとも基礎からお教え致します。
文人の音楽として、
曲とともに琴の歴史や文化、
文学についても楽しみながら学んでいきます。
最初は曲に至るための基礎的練習から入ります。
テキストは『古琴初楷』(日本語訳)を使用。
上達にしたがい其の他の琴譜へ移って行きます。
楽譜は減字譜を用います。その都度、
琴譜の複写をお渡しします。教室での琴はこちらで
用意します(無料)。購入の相談にも応じます。
指導は伝統的な対面式個人指導です。
琴はナイーブな楽器なので一対一
でなければ教えることが出来ません。
絹絃を張った琴のみ使用します。
伝統的な琴韻、太古遺音は絹絃を
張った琴でしか得られません。
絹の音はとても柔らかく、
深更において練習しても家人や隣人に迷惑を
かけることはございません。

開講期間:2009年9月から 
      (今受付中)見学可能(要予約)。初心者歓迎。
入会 金:10000円

授業 料:7000円/1回「出張代、
      電車代、資料代込み(1回1時間半程度)」学割有

開催場所:馨華茶房 
      〒157-0065 東京都世田谷区上祖師谷6-24-15

お問い合わせ: Tel:03-5314-2978 
          Fax:03-53142979 E-mail: info@xin-hua.jp

時間、曜日など個々人の都合に合わせて決めます。完全予約制。



講師Profile:
伏見无家(靖)(ふしみ むか)先生



鎌倉琴社主宰、東洋琴學研究所研究員
1986年東洋琴學研究所副所長稗田浩雄に
琴學を学ぶ、箏曲家、
一絃琴家新倉凉子に弾琴を師事。
1999年東京駒場近代文学館
『幽蘭研究国際シンポジウム』に
日本代表として参加国宝の
琴楽譜『碣石調幽蘭第五』を打譜、
弾琴、NHK首都圏ニュース「特集」にて放映2000年
中国浙江省杭州『中日琴楽交流祭』
─日本琴學の祖 渡来僧東皐心越禅師の音楽─
に日本代表として参加、弾琴、
現在古琴の復興ためにいろいろな活動中。
[PR]
by 10tea | 2009-07-23 23:42 | 古典文化教室 | Comments(0)
人間国宝――
ニ胡協会会長の周先生と遊び


昨日私が尊敬している二胡協会会長、
中国人間国宝の大先生周先生と会いました。
周先生はわざわざこちらの茶室に来ました。

周先生は中国二胡の世界に知らない人がいないほど有名です、
当然日本でもそうです。
彼は7歳から二胡の練習始り、
二十歳から華や舞台に登場しています。

中国の毛澤東主席から、
周恩来総理、鄧小平主席、
劉少奇副主席、胡錦涛主席まで

中国のトップの前に演奏している大音楽家です。

私のどこに二人は
人生会談見たいいろいろなことを話しました。

また共通な趣味もありまして、
筆で習字にも遊んでいました。

f0070743_17533472.jpg


本格な墨を磨りました。
これは黄山の墨と硯です。

f0070743_17531897.jpg


最後やっはり
周先生が私の目の前に二胡を引いてくれて、
本当にあり得ない贅沢な音楽茶会です、
わずか二人の音楽茶会、
本当に最高な思いででした。

f0070743_17544237.jpg


夜になり、周先生と車で
広尾に行きました。
高級な料理店の二期広尾で
夜の食事をしました。
そこでまた生の二胡のことを弾いてくれました。

美味しい料理、

美味しい音楽、
美味しいお茶、
楽しい会話、


本当に最高な一日でした。
[PR]
by 10tea | 2009-07-22 17:55 | 名人の顔 | Comments(0)
中国茶夏季セミナー2009!!
武夷山岩茶・紅茶の製茶事情



今日も暑い一日でした。
今日は「茶の友」のイベントで
講師として講座をやってきました。

午前中から午後4時まで、
いろいろなプロの先生がおちゃについて、
いろいろな紹介していました。

私の番のときに、
日本語があまり上手に話せないから、
自分が茶作り写真を中心して、

お茶の生産環境から
摘み、作る、製品など
紹介して、現実な現場のことにも、
表から裏ですべては話をしていました。

まあまあ、来るお客さんに失礼言葉が多いですが、
自分らしい話ですから、とても気持ちが良かった、

お客さんにも時々善意な笑ってくれば、
笑い声を続いていました。

私が人は笑うことが好きです、
特にお茶を飲み時に、
硬い表情でお茶を飲むのが
私にとってありえないです。

自分が自らお茶を入れて、
皆にサブしてお茶の講座の高潮になりました。

最高は持ていたお茶に売り切れたほど
いい商売になりました。


f0070743_2243719.jpg


講座は一杯人が着ました。

f0070743_2245030.jpg


三限はお菓子の講座でこんな素敵なお菓子でした、
食べたいけど食べられない見本で、
散会したあとに残る仲間が皆幸せな一服になりました。

わはわはーーーー

今日も満足な一日でした。
[PR]
by 10tea | 2009-07-19 22:07 | 人生七味日記 | Comments(0)

思い出、夏といえば


思い出、
夏といえば!!


夏といえば、熱いだ!!

夏といえば、海に遊び行く季節だ!

夏といえば、緑の影の下にいたいだ!

夏といえば、熱くて寝不足だ!

夏といえば、西瓜を食べただ!

夏といえば、アイスクリムだ!

夏といえば・・・・・・・

夏といえば・・・・・・・

夏といえば想像にお任せだ!

ああーーーーそうだ・・・・

夏といえば、情熱な恋だ!!

爛漫な夏、爛漫な恋を生まれ時期です。

恋を落ちたあなたは

夏の花火を見ながら、

素敵な恋を燃えて、

星空に漫遊していかがでしょうか?

f0070743_22573428.jpg


f0070743_22574795.jpg



f0070743_22581464.jpg

[PR]
by 10tea | 2009-07-18 22:58 | 人生七味日記 | Comments(0)

「清麗饗宴」大成功!!


「清麗饗宴」大成功!!


火曜日に太古の音である古琴、
皇室ご用達切り立て生ハム、
と無農薬唯一無二のお茶のイベントを開催しました。

定員20名予定ですが、
最後は23名になりました。

最初は古琴が始まりました、

心を落ち着き音で周りに自然の風と
とても似合う流れで優美なひと時です。

琴の音がゆっくり、ゆっくり、
睡魔ように人を甘い夢中に誘い、
皆さんはとても癒してた。

多く反応は今まで聞いてことがない音、
これなら習いたいなどとてもいい演奏でした。

さてーーー

これから生ハムの番だ、
先ほど眠くなった人、
生ハム第一人言われる新町さんの前に、
皆の目がばっちり開けました。

美味しい味でみんな大喜ぶ、
その場で切り立て、
なんといっても新鮮で美味しいです。
今まで生ハムを食べた概念は
すべて壊れてしまってお客さんの声もありました。

お茶ですが生ハムととても似合いますから、
お茶にも大人気でした。
まあ、自分のことですがここでやまましょ!
自己満足だけは面白くないね・・・・・・・

しかし、ひどいことが発生しました。
69お店の主人が相談なく、
予定以外の最高級生ハムが出してた、
美味しいですが、
こちらとして赤字だ・・・・・・


予想できない、
乗り過ぎ主人がその後謝っても赤字は赤字だ・・・・・・
今度は皆に御もてなしで仕方ないでした。

次回絶対赤字まで遠慮して貰いたいね。
まあまあ、今回はみんな楽しかったから、
それは一番良かったです。

次回は「中秋名月」にやる予定ですが、
皆ぜひご早く予定入れてください。
次回は赤字が出ないように用心します。
あはああ・・・・・・・・




f0070743_20502078.jpg

[PR]
by 10tea | 2009-07-16 11:33 | 人生七味日記 | Comments(0)

清麗饗宴をいよいよ始まります!

ここで開催会場の歩き方に知らせます、
詳しく下記です。

最寄り駅は京王線の千歳烏山駅です、
西口南側出て、商店会中に通して、
突き当たり大きな道路に右側に曲がって、
ライフスーパの駐車場前に通して、
花屋さんを見えます。
花屋さん隣にクリーニングさんがあります、
その手前にある道から真っ直ぐ歩いて、
(二つ信号を渡ります)、
右側に給田ゴルーフ場をあります。
給田ゴルーフ場の入り口についてたら、
電話をください、迎え行きます。
事務所はその近くにいます。(駅から9分距離)。


住所と電話下記です。


東京都世田谷区上祖師谷6-24-15
Tel:03-5314-2978 
[PR]
by 10tea | 2009-07-13 23:59 | 人生七味日記 | Comments(0)
中国茶夏季セミナー2009!!

新イベントを紹介します。

夏の一日、中国茶について、
ちょっとまじめに学習してみませんか?
茶友の会では、中国茶を中心に
それぞれの分野で専門的な知識を
お持ちの先生方を講師にお招きしてセミナーを開催します。
1日4時限の集中講座、おししい中国茶付きです。
皆さまのご参加をお待ち申し上げます。
開催日:2009年7月19日(日)
時間:9:30~16:45
会場:China Tea 茶泉(東京・経堂)
参加費:5000円 (会員4000円)(一日通し)
人数:20名 (定員になり次第締切といたします。)


茶講座の詳しく情報はこちらです


この中に私が最後のコーナに担当しています。
正直な言うと今度の講座に来る人たちが
すごい先生ばかりです、
(私が以外皆有名な大先生人です、)
機会がありましたら是非講座が参加してください。
きっと面白いと思います。
[PR]
by 10tea | 2009-07-10 23:50 | 第一香茶會の知らせ | Comments(0)

「蛍の茶会」有感

「蛍の茶会」を有感
世界遺産黄山の魅力!!



7月2日日本に戻りました、
今度中国に行く場所は自分が大好きな
お茶でもあり、住みたい場所でもあり、
世界自然文化遺産とも登録している黄山です。

黄山は昔でもとても人気がある綺麗どこです、
大詩人の李白にもここで修業していました。

上海から黄山に飛行機で1時間です。
黄山のホテルに向かえて来た人の車で
黄山の奥に行きました。

f0070743_1815499.jpg


道の両側に山が連綿して、緑も豊富で、
本当にいいとライブです。
しかし、車30分乗ってあと、

霧がどんどん増えてきます、
霧の中に車を走るのが
日本来て一回しかないでした、
霧がそんなたいへんではなく、
20分走り、霧がなくなりました。

2時間近く山道に乗って、
馨華のお茶とも作っている工場に着きました。

工場の裏側は
「山渓茶亭」
を作っています、
名前から見るとすぐ分かる。

目の前に綺麗な山があり、
山と「茶亭」間に綺麗な清渓が流れています。
時時に魚にも見えます。

そこの一服のお茶を飲んで
夕日を見てとても幸せでした。

もっとびっくりすることは
夜の「蛍の茶会」です。

f0070743_1813810.jpg


夜ご飯終わり、
茶亭にお茶を飲む時に、
渓の両側樹上から光がでています、
ええ、もしかして・・・・・・・
鬼?

怖いときに、どんどん増えてきて、
ああ・・・・・・蛍だ!!!
蛍の数が増えすぎで、
まさに花火みたいです、
自分がほかの友人にも呼んで
「蛍茶会」を始まりました。

みんな蛍の光を味わいときに、

ああ・・・・・・・・流れ星だ、

思わずに声を出した、

次回が出たら願いことをするぞ、

心から決めました。

その時に流れ星が着ました。

自分が何回お願いしたもう覚えてないほど、

流れ星を見ました。

蛍、流れ星、
明るい満天の星をみて、


友人と三人で興奮して眠られないです、
三人でお茶を飲んで、
朝三時まで話をしていました。

部屋が戻りまして、
いい夢が作りました。

しかし一緒に行った友人が面白いです、
部屋に蛍を飛んでいったから、
蛍を見つづめていました。
なんど一晩でした。


面白いだ!!!!!


中国の環境いうと、
きっと多く人が期待しない、
汚い印象もあります、
また上海に行った人にも
空気や水など悪い印象が多いです、

そう、その通りです、

でも黄山までに行くとこんな自然にもあります、
こんな大自然の中に馨華のお茶を栽培しています、
馨華のお茶を作っています。

本当に自然が好きなら、
黄山に行ってみませんか?

本当に美味しい自然な味のお茶を飲みたいなら、
馨華のお茶をいかがでしょうか?
[PR]
by 10tea | 2009-07-03 23:41 | 人生七味日記 | Comments(0)

馨華献上銘茶


by 馨華献上銘茶
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31