<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

東京大茶会!!

東京大茶会!!

日曜日曇りですが、
浜離宮の『東京大茶会』を見に行きました。
初めてこんな多い人数の茶会を見るから、
とても楽しみしていました。
下記は入り口です。

f0070743_2040261.jpg


最初の入り口は日本の茶席です、
大人気で満席です。
私も始めてこんな風景を見ました。
思わずに声をかけてまして、
写真を撮りました。
とても優しい彼女の姿は本当に日本の「和」を感じます、
お茶の精神を感じます。

f0070743_20401739.jpg


下記写真は別の煎茶会が
開催した風景です。
とても素敵です。
皆和服を着ていることがとてもいい感じです、
何か日本でこんな多く人が着物をきる見るのが初めてです。
本当に日本の素晴らしい文化を感じさせる一日でした。

f0070743_20403593.jpg

[PR]
by 10tea | 2008-10-27 23:10 | 人生七味日記 | Comments(0)
待望!!期待した!!
上海宮廷料理!!


17日夜に上海の宮廷料理を
食べる予定になっています。
今年の5月に上海に行った時にある知人から、
美味しい料理を調べる時に
そのお店をしていたらしいです。
お店のこだわりは

「宮廷料理」の作り、
「無添加、天然惣菜」

など中心しているらしいです。
5月にも食べてみたいでしたが、
日程が合わないですから、
行くことを諦めました。
10月に上海に行く決めた時点で、
早速知人をお願いして、
絶対行くことをなりました。

宮廷料理を食べることを考えると
とても楽しみけど、心にも緊張します。
一帯に何を出てくることが想像もつかないです。

知人もとても楽しくしているから、
当日にとても、
とても素敵な服も用意していました。
宮廷料理にたいして失礼ではない服装考えです。

いつも普段着をしている私も、
スーツに着替えられて、
正装な服で行くことになりました。

下記写真はその料理の看板です。


看板を超えて、
とても素敵な入り口です、
周りの飾りもすごいお洒落です、
さすが宮廷料理のお店と思ったが、

これから面白い展開になりました。
お店の人が案内してくれて、
個室に座って、個室の部屋を見てたら、
ええど・・・・・・これは何流???
何派・・・・・・???
これは何???

続けて料理を出していました。
下記写真は前菜です。

f0070743_0185295.jpg

前菜の味があっさりして、
まあまあ美味しかった、
続きは一番美味しいスープも出してきた。
しかし、ここまでだけみたい、
残り出した料理があまり全部食べきれないでした。

もっともっと
宮廷料理を食べてことがない私が、
当然宮廷料理の味が分からないです。

でも口の味覚が自信を持ている私が、
その時に全く自信をなくなりました。
昔の皇帝や貴族はこんな味を食べているかな、
こんな味でしょうか?
これは本当の宮廷料理かな?
いろいろな疑問が頭に浮かびました。

この料理が食べて、
自分がまた眠られない夜になりそうだ、
いっぱいの疑問が解決できないだもん。

まあまあ、明日の朝ごはんは考えると、
また朝に食べた庶民のどこにいくことを決心しました。


今度宮廷料理が期待した、
待望した、結果にも想像以上でした。
本当に面白い宮廷料理でした。
[PR]
by 10tea | 2008-10-23 23:20 | 人生七味日記 | Comments(0)

満足できた庶民料理!!

満足できた庶民料理!!


17日朝にホテルの料理を辞めて、
ホテルに近い庶民料理を食べ行きことになりました。
昨日の夜はいっぱいお金を使いましたことと関係なく、
満足できる料理を探したいから。

朝の七時ですが、
庶民対象するお店の前に人が並んでいました。
自分もその流れで庶民な気分でした。

油条(唐揚げもの)は一本0.6元(日本円約80円)、
油餅(ねぎ餅)は一枚0.7元(日本円約80円)
豆腐お粥は一人分0.8元((日本円約80円)
それを手に入れて、
その場に朝ご飯として食べました。

f0070743_1134017.jpg

f0070743_1135666.jpg

f0070743_114102.jpg


当然は人が多くて、衛生が届いてない場所ですが、
庶民で私がなんと満足の味でした。

葱餅から豆腐お粥までどれでも私が好きな味です、
その味が飽きないほど毎日食べたい感じです。

昨日夜の豪華な料理比べる、
また食べてみたいと質問したら、
個人がやっはり庶民の味を選ぶという答えです。
確かに衛生面や座り、飾りなど全然だめですけど、
私にとって目が閉じて、
物味を味わい出来ればそれでも価値があるはずです。
今度中国に行く時にぜひご体験してみてください。
本当にびっくりかもしれないです。

次回は17日の夜、
上海の宮廷料理を紹介します。
ご期待をください。

[PR]
by 10tea | 2008-10-22 11:11 | 人生七味日記 | Comments(0)
庶民ご馳走になる豪華な料理!!


中国から日本に帰りました。
16日上海に着いたら、
一番楽しみしている秋に食欲を引き出す、
上海蟹のお店に行きました。

知り会うから聞いて、
かなり有名なお店です。
私が始めて体験として、
とても楽しみしておりました。

また庶民であり私が、
あまり豪華の料理を食べてことがなく、
今度はかなり期待しています。

お店に着いたら、
満席ですごく人気でした。
われわれは予約しているから、
それでも20分待ていました。
こんな風景です。
f0070743_22362712.jpg


f0070743_22363849.jpg


下記写真は上海蟹です、両方とも雌であります。
右側のものが一つだけで一万以上のものです。
f0070743_22365128.jpg


音楽を聴きながら、
蟹を味わい為に酒が飲まずに、
ゆっくり食べてました。

残念ながら、
庶民の私が味についてあまり分からなく、
普通な思い出になりました。
[PR]
by 10tea | 2008-10-21 22:39 | 人生七味日記 | Comments(0)

臨時休みの知らせ!!

臨時休みの知らせ!!


10月16日~20日まで休みとりました。

ご用件をある方はメールをください。
急ぎ方は携帯に電話をください。



食欲の秋!!上海蟹に食べ行く!!
10月前半に終わりました。
明日から16日です。

秋といえば食欲の秋です、
上海蟹を食べ行くことになりました。
蟹は今の季節に一番美味しいらしいです。
友人に頼んで、
蟹のお店が予約したら、
なんと余り混んでいるから、
なかなか予約できないでした。
日期が調整して、
やっと予約できましたが、
今度の上海にいくは蟹を食べる一つ重要課題です。
また感想を報告します。
ご楽しみ!!
[PR]
by 10tea | 2008-10-15 23:09 | 人生七味日記 | Comments(0)

心を喜ぶ一品!!

心を喜ぶ一品!!

最近は仕事が外に出る多くて、
事務所に帰ってもブログを更新時間がないです。
まあまあ、もっともっとブログは
自分の気持ちがあらわす場所ですから、
書く時間や気持ちがないんなら気持ちが尊重して、
自然にお任せ状態ブログは今日に更新します。

今日休みことで、
お茶を飲み終わってからすでに五時に回ります。
夜のご飯を考えると
自分がずっと食べたい餃子を作りことにした。

餃子を作ること最初が売る皮をお勧められたが、
自分がそれなら食べなくても良い考えで、
自分が皮から作りことをした。
時間がかけて、自分が大好きなものを作る決定する自分だ。

小麦粉を買いまして、
韮、豚肉、塩、胡麻油それだけ
自分が好きな具になります。

皮を伸びして、
具を入れて、
自分の手で詰む、
力が強く包んで、
お湯を沸かせして、
ドレシングにも自分が作って、
餃子を食べるまで1時間半をかかりました。

出来た餃子とドレシンクこの感じでした。

f0070743_21371090.jpg

f0070743_21374947.jpg


これは出来上がったものです!!
f0070743_21382666.jpg


この餃子は口に入れた一瞬、
自分がその美味しさは驚きました。
ついて、ついて、食べてしまって、
いったん何個食べた正直が覚えていないです。

でも本当に食べたくて、食べたくて、
お腹が入れる出来ない状態になりました。

お店に出したかわいものではない、
見た目もよくないものですが、
食べると、その美味しさは
心がとても喜ぶものです。
心が花を咲くみたい感覚で、
とても喜んで物でした。


食べ物って?!!

現代になって食べ物が豊富になって、
食べ物屋さんもよくあります。

多くお店の中に、
お客さんが自由選ぶ時代になります。
お店がお客さん選んでもらう為に、
お店の外観から、
サービスまで細かい繊細に対応してきました。

また料理に対して、
とても惣菜や作り方にも手間にかけて、
丹精に込めて作っている。

お客さん喜ぶために、
いろいろな方法が考えてしまって、
料理がどんどん進化しています。
どんどん見た目が良くなっている。

こんな進化の中に自分が少し寂さも感じます。
なぜなら、目が満足できる、
楽しく出来る料理が多いですが、
心が喜ぶ料理が少ない感じです。

ある日ある知り会う方と一緒にお茶を飲むときに、
私の気持ち、私の寂しさを通じる人もいました。
友人が飲食界でも有名な人で、
テレビや雑誌などにも良く出る人です。

彼の話によると、
自分が物の味や香り分からない時に、
目が閉じて、再びそのものを再チャレンジする。
そうすると物の良さが分かりやすくわかる。

なぜなら、
視覚が物の表てか取られないですから、
しかし、
その表ての見た目で物の中身をごまかせするときにもある。
「真」の味わい時に、
やっはり物の中身を見るべきことで、
目が閉じて、食べてみるとは味覚が良く働くできます。
だから本人はいつもそうしている。

だから、食べ物が視覚が大事ですが、
実は一番大事ことは味です、
それは味覚のことです。
その食べ物が心を喜ぶものではないといけないです。
目がだけ満足する物はいけませんです。
健康な心がこそ、
健康な身体になるでしょうね。

今日は心が喜ぶものを食べまして、
本当に嬉しいです。

あなたは食べ物について、
どんな考えでしょうか?
心が喜ぶものを食べていますか?

それでも見た目で楽しく食べているだけでしょうか?
[PR]
by 10tea | 2008-10-11 21:49 | 人生七味日記 | Comments(0)
重陽節に菊花茶を飲む!!

今日は10月07日です、
旧暦の重陽節の日です。

重陽節とは
農暦九月九日は重陽節である。
中国の古典「易経」による
九という数字を陽の数とされ、
九が二つ重なるので、
「重九」や「重陽」と名づけられたわけである。

また「茱萸節」にも称されるこの祭日は
中国の戦国の時代
(紀元前475年―紀元前221年)にすでに風習として定着されている、
漢朝(紀元前206年―紀元220年)から盛んになった。

重陽節の間に
山を登ったり、菊の花を観たり、
菊のお茶をや酒など飲んだり、
茱萸を着けたりして無事を祈る。

有名な唐代大詩人
「王维」
はこんな詩にも残っています。
彼は17歳時に作った詩である。

《九月九日憶山東兄弟》

独在異郷為異客,每逢佳節倍思親。
遥知兄弟登高処,遍插茱萸少一人。


今日は季節感を味わいために、
私が菊花茶を再び入れまして。
菊の力を借りて、健康な体を祈ります。
f0070743_16142092.jpg


しかし、
「王维」の詩が読むと、
本当に嬉しいでもあり、
寂しいもあり一日です。

f0070743_16144856.jpg

[PR]
by 10tea | 2008-10-07 16:14 | 人生七味日記 | Comments(0)
お茶の香り日本寺へ!!!

今日は朝から雨でしたが、
午後に少し晴れてきました。
土曜日に一日遊びしていました。

8月に偶然の機会で千葉にある


「日本寺」遊び茶会

をやりました。
そこは日本でいちばん大きな仏像がある。
そこの風景が今でも目の前にはっきり覚えています。
またそこの「呑海楼(どんかいろう)」に立ち寄り、
美しい庭園で「抹茶」を頂きながらホッとしていました。

「日本寺」の呑海楼の方にお世話になっていましたから、
手元にある「安渓鉄観音」茶をお礼として渡しました。
お茶屋さんにお茶を渡す失礼かもしれないですが、
でも感謝の気持ちとしてそれしかできないでした。

その後に日本寺にも行く機会がなく、
「安渓鉄観音」を飲んでいるか、
確認できない状態でした。

しかし、先週に日本寺の呑海楼の方から電話を着ました。
安渓鉄観音があまりおいしいですから、
わざわざ千歳烏山に買い来ました。

今度のことで自分が
お茶の味と香りの魅力の素晴らしさをあらかじめ感じました。


安渓鉄観音茶について
詳細はこちらです。

f0070743_15382650.jpg




[PR]
by 10tea | 2008-10-06 15:38 | 人生七味日記 | Comments(0)
「秋」と「愁」のから養生!!!

朝から事務所のベランダを掃除しました。
秋になりまして、
植えた竹やほかの植物がすこし黄色葉が落ちている。
皆綺麗に集まって、
その葉は植物の根基に入れました。

私がゴミと思わないいつもそうしています、
きっといい肥料がなると思います。
ある諺が「葉落帰根」があります。
それは自然な世界の中に、
育ている自然な物が自然に返すルールです。

これから深秋にありますから、
きっとこれから落ち葉が多いです。
本当に秋になりました。

秋といえば
収穫の季節、
読書の秋、
芸術の秋 、
紅葉の秋、
食欲の秋、
運動会の秋、


秋といえば
梨、柿、栗、
秋刀魚、鮭

の季節です。
こんな物が食べていますか?
季節の物がこそ養生できます。
秋のものを食べて、夏の疲れを取りましょう。

秋といえば
愁え季節である、
思郷の季節である、


秋が楽しいことがいっぱいあります。
その楽しい中に愁いこともあります。

なぜなら愁えの字を見てみると
「愁え」
この字の構造は
上は秋という字、
下は心という字です。
二つ字で組み合わせで
「愁え」になってます。

だから、秋の楽しい中に、
心が調和して、
悩むなど解決して、
楽しい秋を過ごしましょう。
特に心のバランスを大事必要です。
切記、切記!!!
[PR]
by 10tea | 2008-10-03 11:29 | 人生七味日記 | Comments(0)
朝の一服で
元気な一日を働くぞ!!!!


今日は朝のお茶が
貢菊花茶と武夷肉桂と飲む気持ちで、
事務所についたら、早速始まります。

最近が使っていない陶器の急須が出して、
急須を入れて飲むことにした。
この急須も思いでがたっぶりあるものです。
4年前に宜興に行った時にある作家さんがくれたものです。
この急須の素材が現在市場にあるものと違います。
本人の話によると、
壺のいい素材の土が市場に流通していないです。
すでに作家さんがみんな買い占めている状態です。
貴重は素材がすくないから、大量生産できないです。
そうすると作家達も売りたくないから、
皆自分が売らないで自分で持ています。
市場に出てもかなりいい値段になるから、
なかなか売れにくいになる、
なぜならその中身が知られていないから。
だからみんな自分が持ている。

私が彼女の気持ちがよく理解します。
なぜなら、いいものなら皆欲しいです。
でもお客さんが二種類タイプが多いです。

ひとつはお金持ちの人が買うか、
「お金を持ち人が自慢したいから、
飾る使うが多いです」

正直ないうと、物を作る使うために、
それは物を作る人の気持ちであり、
またその物の本性もあり、
飾るなんで本当に作る人、
作ったものとも寂しいとおもいます。


二つ目タイプの人それも価値観がある人買うか、
「買って使って、その物を生かして、
自分の世界観を作る」
まあまあ、飾って使って、
両方とも当時に知ればよいと思います。
単純に飾るは実に物が古くなりやすいです。
いいものが人の気持ちが込めた作りものです、
そうするとその物が人の手による、
生命力が生きていく、だから使う人と出会って、
その使いよる、さらに輝きできます。
だから「養壷」という説があります。

ああー、話が長くなりました。
下記お茶をいた急須と蓋碗でした。

朝からこんな一服を飲んで、
元気な一日を働くぞ!!


f0070743_10432758.jpg


f0070743_10434362.jpg

[PR]
by 10tea | 2008-10-02 10:46 | 人生七味日記 | Comments(0)

馨華献上銘茶


by 馨華献上銘茶
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31