<   2008年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

福沢論吉

福沢論吉

この方は日本でよく知られています。
最近は私が読んでいる本中でもしばしばできています。
確かに慶應義塾の創始者です。
私は2007年に
慶應カードNEWのインタビューを受けていました。
詳しくこちらです。

彼はこんな言葉が社会に残っています、
わたしはその言葉を読んで、
本当にすごく共鳴しています。
役人立つ言葉としてここで載せます、
人生が迷っている、
心が弱っている、
未来が見られない方是非納得して自分のものをなるように祈ります。


①世の中で一番楽しく立派な事は
 一生涯を貫く仕事をもつ事です。

私の答えは正しい
茶文化の仕事で一生に持つことです。

②世の中で一番みじめな事は
 人間として教養のない事です。

私の答えは知識が教養の源泉です、
自分が勉強して、
勉強して、理想に付きたい。

③世の中で一番尊い事は
 人の為に奉仕して決して恩に着せない事です。

私がやっている茶文化はビジネスとして、
認めてくれないかもしれないけど、
でもきっとその茶精神が理解する人はいる。
もし自分の時代が見えなくても、
きっといつか見えます。
  
[PR]
by 10tea | 2008-03-28 23:39 | 人生七味日記 | Comments(0)

素敵な花、謝謝!!

素敵な花、謝謝!!

府中市民塾で「中国茶の魅力」講座が
2007年10月からスタートして、
2008年3月まで全部六回でついで
3月23日終わりました。

半年間の間に多く教室参加者が
来て本当にありがとうございます。
皆勉強してくる日にも私も
みんなからいろいろな勉強できました。

毎回、毎回にみんなさんがお茶で楽しく、
一緒に過ごした時間が本当に嬉しいです。
自分が教室の先生になってとても充実な半年です。

また、幹事たちは毎回にいろいろな手伝うことを感謝します。
最後は参加者から素敵な花をもらって本当に大事な思い出なりました。

f0070743_9385343.jpg


機会がありましたら、
是非また会う約束しました。
次回に合う日わからないけど、きっと縁があれば会えるでしょうね。
[PR]
by 10tea | 2008-03-24 09:29 | 人生七味日記 | Comments(0)

美味しい中国茶の入れ方

美味しい中国茶の入れ方

本によるお茶の入れ方がいろいろなあります、
しかし、みんなお水や温度など書くが多いです、
私は今までの経験による、
水や温度当然大事ですが、
一番重要葉やっはりお茶葉です。

ここで私の経験で美味しいお茶を入れるコツを纏めました、
ご参考をなれば嬉しいです。

f0070743_1851041.jpg


①良質の茶葉を選びます。②濃くなったり、薄くなったりしないように茶葉の量はきちんと量ることが大切です。
③蓋つきのティーポットまた蓋碗を使用してください。
④くみたての水を沸騰させ、100度の熱湯を入れます。
⑤茶器を温める上に茶葉をじっくりと蒸らします。
⑥出来上がったお茶の茶湯が最後の一点まで出して、2煎目も美味しく出来ます。
[PR]
by 10tea | 2008-03-22 17:41 | 茶品・古典茶経 | Comments(0)

薔薇の演奏と薔薇茶

薔薇の演奏と薔薇茶

3月16日那須の二期倶楽部に行きました、
今度はビアノコンサートを開催する
イベント中に私がお茶を出す役貰いました。

f0070743_18414688.jpg


とても優しくて、春らしく
上品なコンサートです。

演奏する曲中に「薔薇」という曲もありました、
その曲がとても素敵です。


f0070743_18413116.jpg

また打ち合わせしてないはずなのに、
その時に出したお茶は薔薇のお茶でした。
本当にびったり合う曲のお茶です。
今度のイベント
とても気持ちよく過ごすできました。
[PR]
by 10tea | 2008-03-17 18:36 | 人生七味日記 | Comments(0)
残念のお茶!

今日はFOODEX国際飲食展示会に行きました。
去年が私も展示していました。
去年の経験は今年あまり期待しない展示会と思いました。
まあまあ、今度は台湾茶を中心して飲み行くと思っていく気持ちでした。

ずっと台湾茶は日本人がで好評です、
私もよい台湾茶を探して飲みまわっていました。

最初に飲んでお茶はあるオガニック烏龍茶です、
口に入れたけど、
なかなか咽喉まで行かない、
なぜなら美味しくないから、
本当に口から出したいほど気持ちでした。
バケツがないから我慢して飲みました。

しかし、美味しいお茶を飲みたい気持ちが強くて、
展示する会社の社長さんに声をかけました。
美味しいお茶をくださいお願いしていました。

結果として、特別な席が貰って、
わざわざ新しいお茶を入れ替えて、
社長さんが自ら入れたらお茶を飲みましたが、
なんか自分が美味しいと思うものではない気がします。
その展示場所が離れ、
別の会社に飲み行きました。

朝から午後3時まで、
すべて展示会社のものが飲みました。
回り皆美味しい声を聞いてけど、
しかし私の口から美味しい言葉がなかなかでないでした。
私の目が厳しいかも知れないけど、
でも本当に美味しいもの飲んでいない感じます、
もしかして、私の縁が悪いかも、
みんなわざわざで私に美味しいお茶をだしてくれないかも。
疑問しながら、最後にある自社栽培している会社に行きました。

お茶を美味しいより、
担当の人と長い話をしていました。
彼女がよく説明してくれましたが、
サンプルあと送ってもらい形になりました。

一日かかけて、美味しいお茶を飲む出来なく、
本当に残念気持ちがいっぱいです。
こんな結果がいいたくないけど、
私の正直な感想でした。
あくまでも個人の感想ですから、
美味しいお茶を飲んでいた人いると思いますけど、
それは良かったと思います。

では、次回に美味しいお茶を出会うことを願いしています。
サンプルの到着も楽しみしております。
いいお茶をあるように祈ります。

f0070743_23505039.gif


FOODEXのサイトはこちらです。
[PR]
by 10tea | 2008-03-12 23:52 | 問茶有感/読むべき本 | Comments(0)
【音楽療法リラクシングコンサート】
ダニエル・コビアルカ来日公演ご案内


今日は取り先会にいる仲良し担当から
コンサートを紹介してほしい話が来ました。
その内容が私は確認をして、
音楽にもきいて、本当に素晴らしい癒し音楽という感想で、
ここでみんに紹介します、
興味がある方、
ぜひ行ってみてください。

きっと忙しいの仕事の中に、
気分がリセットできると思います。


日時 2008年6月27日(金)
会場 東京国際フォーラム ホールA
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
TEL03-5221-9000
全席指定 S席 ¥12,000/A席 ¥10,000/B席 ¥8,000
アクセス情報 JR線
有楽町駅より徒歩1分
東京駅より徒歩5分
(京葉線東京駅とB1F地下コンコースにて連絡)
地下鉄
有楽町線 : 有楽町駅とB1F地下コンコースにて連絡
日比谷線 : 銀座駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩5分
千代田線 : 二重橋前駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩7分
丸ノ内線 : 銀座駅より徒歩5分
銀座線 : 銀座駅より徒歩7分/京橋駅より徒歩7分
三田線 : 日比谷駅より徒歩5分

f0070743_2016025.jpg

演奏者ダニエル・コビアルカさんの情報は詳しくこちらです


詳細はこちらです。


[PR]
by 10tea | 2008-03-11 20:02 | 人生七味日記 | Comments(0)
陰陽論

「陰陽論」は
古代中国多く歴史文化中に一つの代表文化です。
[PR]
by 10tea | 2008-03-10 23:08 | Comments(0)
名花有主

情人節は
2月14日中国では男性が好きな女性にプレゼントを渡して、
自分の愛の気持ちを告白する機会になります。


しかし、日本に来て十年過ごして、
日本の習慣に合わせるになってきました。
今日は花を買いました、
これはあの人に渡すると思って買いました。



f0070743_19522031.jpg


今度の花は配らないです。
買った花は名花有主になりますから。
[PR]
by 10tea | 2008-03-10 19:41 | 人生七味日記 | Comments(0)
今日は生物博士の友人の話をします。
友人が色色なものが熱心な研究している人です。
今度は彼がこんな話をしてくれました。
纏めて下記。

普通、動物の寿命を計算するときに、

寿命が成熟期の5倍になるとされています。

人間の場合は、25歳を成熟期と見なしたら

人間は125歳まで生きられることになります。


しかし、実際125歳まで生きたという記録は見たことがありません。

人間の体は何時も紫外線や
電磁波、ストレス、
食品添加物、殺虫剤及び

タバコ、アルコールなどの
リスクにさらされています。

例えばタバコ一本吸ったら
寿命が15分ずつ減ったりするそうです。

実際生きられる年齢は
最長寿命からリスクにより
減っている時間を引いた分です。


男性の方が女性よりリスクにさらされる確率が多いから

寿命が女性より低いそうです。

長生きしたいなら上記のリスクを避けた方がいいでしょう。
[PR]
by 10tea | 2008-03-09 21:38 | 人生七味日記 | Comments(0)

山と水「煮泉小品」

「煮泉小品」山と水

今日は昨日続き、お水の話です。


山水や泉水が清らかよくあるけど、
清らか寒冷のものが珍しい。

良いお水が山と親密な関係をあります。
また山の霊気があるかとう、
山の形によるお水の美味しいをあるか問う判断もできます。

山は霊気があるこそ綺麗になる、
万物は霊気があるこそ生命力強いです。

f0070743_21444798.jpg


山が雄大なら、泉水も醇厚である、
山が奇特なら泉水も奇特である、
山の霊気が清らかだら泉水も清らかだ。
山が幽玄なら泉水も幽玄の味になり。
以上四種類の山水や泉水は皆良い水。


どちもないなら、無用な水である。
しかしお茶に合う山水や泉水なら、
味が甘いではないとお茶に合わないである。


今日も無用な水論ですが、
時代の流れでなくなったお水がのむできないなくても、
その知識があればきっと心が豊かになるでしょう、
なぜなら、知識が見えない財産だ!!!!




お茶を合う軟水と硬水
についてこちらの見てください

[PR]
by 10tea | 2008-03-07 20:36 | 水品・煮泉小品 | Comments(0)

馨華献上銘茶


by 馨華献上銘茶
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30