<   2006年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

中国第一僑郷

広州空港から降りて、
迎えきた車に乗って、
中国の『中国第一僑郷』の江門市につきました。

ちょっと『中国第一僑郷』の祭りを見ました。
とても規模が大きなでした。

f0070743_052225.jpg


祭りの隊列です。

f0070743_053739.jpg


伝統の龍の演出です。
[PR]
by 10tea | 2006-11-24 00:47 | 人生七味日記 | Comments(0)

茶種から感想。

明日中国に帰ります、
荷物を整理するときに、
このものを見つけました、
これは実にことに4月13日お茶ツアーする時に、
武夷山の茶葉研究所(御茶園)に大紅苞茶園中にある樹から
取りした茶種です。

2006年極上茶ツアーこちらです
f0070743_20533541.jpg


この茶種を見つけたときに、
自分がすごく大事していました、
私いろいろ茶の知識中に、
茶種からお茶をできるまで三年以上かかります、
その時に、また自然なことや天気原因など枯れることもあります。
でも世界の『茶経』により茶の栽培方法は実生法一番よい記載されています、
一回植えたらほかの場所に植える不可能らしいことで、
少数民族などこれはお茶の性質で忠実な愛情に使われている、
結婚する結納ものとして使っていました。

社会の発達で茶種から植える効率がわるいことで、
明治以後は挿し木繁殖法の技術を確立して、今も使っている。
でも正直な言うとお茶の美味しさからみる、
やっはり種からもの美味しいらしいです。

話を戻る、だから私は種をお茶植えることずっとかんがえました。
いつか、自分が自分の手で茶種から育てみたいです。
美味しいかもしれないけど、
その植える過程も楽しいではないでしょうか?

f0070743_1533129.jpg


これはこれからも大事していきます。
[PR]
by 10tea | 2006-11-23 15:03 | 問茶有感/読むべき本 | Comments(2)
烏東宋種単叢とは?

簡単に言うと、
広東省の潮州にある烏東山に
宋代ごろ植えていました茶樹から摘みした茶葉で作られているお茶のことです、

単叢とは?
一つ樹の意味です、1株の意味です。

風鳳山に生産しているものすべて風鳳茶を言う、
風鳳茶は烏東山に生産しているから名前をよばれました。


下記写真は現代に改良した烏東宋種単叢
f0070743_235526.jpg



何百年ものものがすくないです、
現在は宋代に残っている、老茶樹はわずか4株しかないです、
その茶木から摘み下お茶を量がすくないです。

これは傳説の宋代に残っている茶樹、
傳説による、
これは900年くらい年令をあります、
年間製茶1.5キロしかない貴重な宋種単叢です。

今度私はお茶を作る中国最高級茶技師を通じて少し手配できました。
詳しくこちらです。(ここ注意してください、
私は言う茶技師は日本によくある茶芸師ではないです、
茶技師はお茶を植えるや改良などする資格です、
茶芸師はそんなことをしないです。


茶芸師は日本でも何千人らしいです、
最高級茶技師は日本がないです、
これは中国でも30人未満です、
本格な技術ですから、簡単に中国政府から認定受けしてないらしいです。

下記写真の女性はその中の一人です、
武夷山茶葉研究所に所属です。
その技を見たら本当にびっくりしました。

f0070743_23185138.jpg




広東省潮州市鳳凰鎮鳳凰山・烏東山が産地で、
特に最高級の単叢は烏東山のものとされています。
詳しく写真こちらです。


注意事項:サイトに乗せる文章の
著作権は馨華(xinhua)に留保いたしますので、無断転載・掲載はお控え下さい!

[PR]
by 10tea | 2006-11-21 23:12 | 中国茶の分類・物語 | Comments(0)

茶具(3)

こんばんは、
宋代の茶具最終回です、
これまでに茶具の名前はあまり紹介していないですが、
実はその難しい名前にが宋代の官職です。
ある意味宋代はお茶が貴族によく使用していました、
だから日本の抹茶の大師は千利休さんが貴族の茶頭になって、
茶を出していました。今もそのものの一部残っている、
デモなんでその名前聞くとしるひとがすくないでしょうね?

f0070743_23242636.gif


陶宝文(茶碗)

f0070743_23261745.gif


木待制(茶は粉砕するものです)

f0070743_23302221.gif


汤提点(これはだれでもわかるかな)

f0070743_23312681.gif


罗枢密(これはお茶の粉を繊細同じ大きさするサイズです)
[PR]
by 10tea | 2006-11-20 23:25 | Comments(0)

宋代茶具図讃 (二)

今日は宋代の茶具二紹介します、
きっとつまらないと思います人もいます、
でもこれはよく見て、
日本にどこに見かけた、
どこに紹介していました。

少し日本抹茶や煎茶に繋がる想像できればそれは私がうれしいです。

f0070743_22365521.gif


竺副帅

f0070743_22371940.gif


漆雕秘阁

f0070743_2238455.gif


宗从事

f0070743_22382718.gif


石转运
[PR]
by 10tea | 2006-11-18 22:45 | 茶芸観賞・茶文化 | Comments(4)

ハーブティ-

今日は朝から仕事が忙しくて、
なかなか休み出来ないです。

午後も続く、
郵便配送する人がきて、
とてもかわい封筒をありました、
私に届くものらしい、
かわい封筒がみると
どきどきします。

なんか恋人から来る封筒ですよ、
本当に素敵です。

見てこんな素敵な絵があります、
f0070743_16352496.jpg


開けてみたら、
とても高い香りを鼻にきました。
わあーー、あの素敵な夫婦からお茶を送ってきました。
早速新しいお水を込んで、
送ってきたハーブティ-を淹れました。

味があまくて、とても美味しいです、
疲れた私は元気になりました、
さずが愛情をあるお茶です。

f0070743_163887.jpg

[PR]
by 10tea | 2006-11-14 16:39 | 人生七味日記 | Comments(0)

自由自在の楽しみ茶時間

今日は友人が作ってくれた紫砂ふうをだして、
今まで使っていないから、
先になべにいれて、お水もいれ、
後火で湯で始まりました、
一時間ほど湯でました。

なぜ聞く人おおいかもしれないけど、
実は新品ものなら、
衛生のためです。

あまり使わないことでは、
作り出来上がるいろいろな雑物があることで、
一番よい方法は洗うより、
お湯で煮るいちばんよいです。

景徳鎮茶杯ととても似合います。

f0070743_23202998.jpg

その後に伝統安系鉄観音を入れました。
わあーー、香りがたかく、
味が醇厚で、喉から韻がぐっとでてきました、
さすがーー、
本当に幸福なchineseteaタイムでした。

f0070743_23203953.jpg

[PR]
by 10tea | 2006-11-12 11:01 | 人生七味日記 | Comments(4)

中国茶器

今日は知り合う人のお店に行きました。
かわい茶器をありました、
これはとても気に入りました、
使い方も色々なあります。
貴方ならこれつかえますか?

f0070743_174042.jpg

[PR]
by 10tea | 2006-11-11 17:01 | 人生七味日記 | Comments(0)

宋代茶具図讃

宋代にお茶の道具は12先生を呼んでいる、
先生ですから、
その先生の顔を紹介します。
宋代の飲茶文化の臨みを楽しんでください。
今日はその四つを写真公開します。
こんなものをしていますか?

f0070743_22562848.gif


韦鸿胪

f0070743_2254529.gif


金法曹

f0070743_2257784.gif


胡员外
f0070743_22574537.gif


司职方
[PR]
by 10tea | 2006-11-07 22:54 | 茶芸観賞・茶文化 | Comments(2)
10月に入ってから馨華の取先契約している工場から連絡来ました。
今まで何回覚えない口説くことを応じて、
中国工場側
日本有機JAS認定を調査受けました、
結果は見事で合格です。
これから中国有機栽培、ヨーロバオーガニクとも認定上に、
日本有機栽培JASにも販売可能なります。

これからかも馨華のお茶は全部日本有機JAS取り込む予定です、
是非宜しくお願いします。

現在日本有機JAS認定済みお茶下記です。

日本有機JAS認定した大紅包こちらへ

日本有機JAS認定した武夷肉桂
[PR]
by 10tea | 2006-11-06 19:44 | 人生七味日記 | Comments(0)

馨華献上銘茶


by 馨華献上銘茶
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30