カテゴリ:中国茶道( 6 )

茶の精妙

茶の精妙:





茶の精妙の始まりは作るからになります。

保存が正しい、入れた方が適正、


優劣が殺青により変わります、

清らかと混濁が火による。

火が強いなら香りが高くて清らか、

火力が弱くて、釜が寒く神様は疲れる、

火力が強すぎると、焦げりやすい。

薪がすくないと翡翠の色できない。

長すぎると老死、

速すぎると生臭い。

熟成すると黄色になります。

火が足りない黒になりやすい。

順調なら甘い、

そうではないなら渋い、

少し白いがあっても問題ない、

焦げるないものが最高。


お茶の入れる要旨

美味しいお茶を入れるまず火力の優先、

いにしえ、炉火が強く、団扇が速やかで速い、

音が起きたら、連続強く、

それは文武の火、

温柔すぎると水も柔らかくてお茶が沈みやすい、

火が強すぎて、茶が水の奴隷になり。

中庸は茶の聖人の用旨。


湯水の鑑別


お湯の鑑別は三大鑑別と十五鑑別である。

一つ音で鑑別

二つ形で鑑別、

三つ気の鑑別


形は内の鑑別、

音は外の鑑別、

気が速やかの鑑別。





エビの目、蟹の目、さかなの目の連続、

それは萌えお湯、沸かすお湯が波ように、

蒸気なくなり、それは純熟。

初音、転音、振音、

急音、みんな萌湯、音がなくなり、それは純熟。

蒸気が一糸、二糸、三、四糸、

糸糸相連、蒸気が不安定、それは萌お湯、

蒸気沖天、それは純熟湯である。


お湯の要旨


宋代の以前がお茶の点じるは

若く、やわらかなお湯がよい、

老けるお湯を使わない、

それは古人がお茶を作る時に

お茶を碾く、碾く後に必ず磨り上げ、

そのあとに羅を通す、

お茶は粉になります。

お茶がお湯あうと茶の神様が浮かぶ、

だから若いお湯がよいです。

今のお茶が、碾、羅が不使用で、

みんな元体揃い、

お湯が純熟で茶の元神が浮かべ、

だからお湯が五沸で、

お茶の奇抜になり。


お茶の正しい煎れ方


純熟のお湯を使い、

少し壷に入れ、

冷気を排出、

お茶を投入、

茶が多い分ける少ない良いが、

過ぎると茶が重く味が苦くて香りを沈む、

お湯が多くすると色が薄く、香りがすくない。

二、三煎。

冷水を洗い、壷が涼、清潔。

不、茶の香りが減る、

釜が熱く茶の神様が不元気、

壷が清らか、水が常霊気。


少々待ちお茶を使用、

分けの品要。

分けがはやくいけない、

飲むのは遅くいけない。

はやい、茶の神様が不現、

遅くと妙の味と香りが飛び。














f0070743_2347884.jpg

[PR]
by 10tea | 2016-01-24 17:46 | 中国茶道 | Comments(0)
茶道精神の真髄から
養生を得た皇帝―朱權







明代になると、青茶、紅茶が登場し、

現代と近い形で飲茶が楽しまれるようになりました。

景徳鎮が出来たというのも、

この時代の画期的な出来事でしょう。

明代の朱權は、

『茶譜』の中で、茶道の核心は詩興を得ること、

睡魔を克服すること、清淡な涼を得ること、

仙霊と自由に言葉を交す境地に達することが出来ることである、

と記しています。自然・仙霊の大らかな世界と

一体化する心地が詩的に表現されています。

「茶之爲物,可以助詩興而雲山頓色,

可以伏睡魔而天地忘形,可以倍清談而萬象驚寒,

茶之功大矣!其名有五:曰茶、曰槚、曰蔎、曰茗、

曰荈。一雲早取爲茶,晚取爲茗。食之能利大腸,

去積熱,化痰下氣,醒睡,解酒,消食,除煩去膩,

助興爽神。得春陽之首,

占萬木之魁。・・・・・・盧仝吃七碗、老蘇不禁三碗,

予以一瓯, 足可通仙靈矣。」

また彼は当時の茶道の実態の克明な記録者でもありました。

以下は、明の時代までに残されている最も詳細な中国茶道の記録となっています。

中国における礼茶道の原点を伝えてくれています。

主人と客の声の掛け合いや茶器の運び方など、

お客さんに御もてなし茶道を行い、

お茶を飲み後に琴、囲碁、

書画の道具を並べてお客さんが

自由に楽しくという形式です。

日本の茶道の原点を感じさせ、

非常に興味深い文献です。






f0070743_2344939.jpg

[PR]
by 10tea | 2014-10-12 23:04 | 中国茶道 | Comments(0)

美味しいお茶を

お茶を淹れる大切な要素




美味しいお茶を淹れるには

まず火力が重要です。


いにしえ、炉火が強く、


団扇が速やかで速い、


音が起きたら、連続強く、

それは文武の火、

温柔すぎると水も柔らかくて


お茶が沈みやすい、

火が強すぎて、茶が水の奴隷になり。




「中庸は茶の聖人の用旨。」




これはお茶を入れる最高なコツです。




f0070743_2212461.jpg

[PR]
by 10tea | 2013-07-24 22:15 | 中国茶道 | Comments(0)

中国茶を飲む場所と場面


中国茶を飲む場所と場面



現代はお茶を飲む時期はお菓子やイベント時にお茶を飲むですが、

実はお茶を飲む時期や場面はとても広いです。

下記古代茶本によるお茶を飲む良い場面がいくつあります。

心や身体は暇ある時に、

読み疲れる時に、

思考が混乱時に、

音楽を聴く時に、

音楽会が終了時に、

出かけるよくない時に、

琴を引く、絵画を鑑賞する時に、

深夜に仲間と歓語時に、

明るく綺麗な風景がある時に、

新婚夜の祝い時に

お客さんにおもてなし時に

良いお客さんと聡明な女性と会う時に、

出かけて帰ったばかり時に、

天気が良い時に、

曇りや霧雨時に、

素敵な橋や画廊にいる時に、

自然な森や竹の中時に、

花を鑑賞と鳥と遊び時に、

蒸し暑い避ける庭池の亭に休憩する時に、

庭にお香を立つ時に、

飲み終わり、人が去る時に、

若者と書房に読書する時に、

静かな寺、神社にある時に、

良い湧水や奇抜な石がある場所に

この時にもお茶を飲んで良いです。

書を書くときに、

劇場を見る時に、

手紙を書くときに、

大雨や雪を降るときに、

大宴会が続ける時に、

調べる時に、

忙しい時に、

以上場所、場面にお茶を飲む勧めます。




f0070743_18393159.jpg

[PR]
by 10tea | 2013-03-05 18:39 | 中国茶道 | Comments(0)

茶の道

茶の道


お茶を楽しむ三つの場面


①新茶・甘泉・美器


②良い環境(天・地・気候)


③風流儒雅、品格相当。


逆の場面がお茶を味わいしない。


茶の十三宜


一:暇 

二:良いお客

三:独り

四:詠詩

五:揮翰

六;徘徊

七:睡眠から起きる

八:宿醒

九:清供

十:精舎

十一:念心

十二:鑑賞

十三:文童



七禁


一:不如法

二:悪具

三:主客不均

四:冠裳苛禮

五;雑味

六:忙しい

七:掛け物や机に悪い趣味







f0070743_231959100.jpg




茶の道:

色:
茶の色が白いほど貴重、(白茶ではない)

すべての種類のお茶を指す


なぜ今はのお茶の色が濃いなら

美味しい間違い概念を広がっている?

香 茶有真香

茶が本当の香りはあります、化学香料が入れるいけないです、

それは茶の真香を奪いことを恐れている。

なぜ、多く化学香料化をつけたお茶が流行りでしょうか?




味 
茶の味が甘・潤い滑る。



なぜ、今はお茶の味の表現が

甘い、渋い、苦いで表現になってしまった?



藏茶
茶の保存、

茶が匂いするものが嫌い、

湿冷を嫌い、温燥を好き、

なぜ今はお茶の保存方法が

冷蔵庫に保存するお勧めでしょうか??


茶の精妙:

茶の精妙の始まりは作るからになります。

保存が正しい、入れた方が適正、


優劣が殺青により変わります、

清らかと混濁が火による。

火が強いなら香りが高くて清らか、

火力が弱くて、釜が寒く神様は疲れる、

火力が強すぎると、焦げりやすい。

薪がすくないと翡翠の色できない。

長すぎると老死、

速すぎると生臭い。

熟成すると黄色になります。

火が足りない黒になりやすい。

順調なら甘い、

そうではないなら渋い、

少し白いがあっても問題ない、

焦げるないものが最高。
[PR]
by 10tea | 2013-02-13 23:10 | 中国茶道 | Comments(0)

飲茶


品茶




品茶時に人数少ないことが貴であり、

客が多くと煩くなり、

喧すると雅趣がすくなり。


一人でお茶を飲むは神になり、

二人すると勝、

三、四人は趣を得る、

五、六人が平常する、

七、八人がお茶を施す



f0070743_23341691.jpg

[PR]
by 10tea | 2013-01-20 23:24 | 中国茶道 | Comments(0)

馨華献上銘茶


by 馨華献上銘茶
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31