カテゴリ:中国茶の分類・物語( 21 )

少女茶とは?

少女茶とは

少女茶は実が結婚していない少女達がお茶を摘みして、
その摘みした茶葉をお茶が作り、
昔に皇帝に献上する贅沢なお茶です。

その摘みかたは摘みした葉芽が胸に先に置く、
一定量が貯まりましたら、
竹籠に移ります。

その茶葉が半分を土地の持ち主に渡して、
残り半分自分が所得する、
少女は自分のお茶を売ることが多いです、
いつも大人気ですぐに高い値段を売れます。
そのお金をお嫁さんに行く使うことを多いです。
f0070743_22115113.jpg

[PR]
by 10tea | 2007-04-30 00:42 | 中国茶の分類・物語 | Comments(0)
バラ茶は人気が高くて、
特に女性が好きらしいです。

バラ(玖瑰花)は薔薇科です、
5月から花を咲く多いです。
漢方によるは『徘徊花・はいかいふぁ』
『刺玫花・つめいふぁ』
も呼ばれている。中国の伝統園林植物、
漢代の《西京雑記》による、
漢の時代に宮廷の園林に植えていることを記録されている。

玖瑰花はビタミンCが豊富に含まれている、
美肌や健康にを効果あります。

しかし、
今はパラならプレンドする多いですが、
でも本当良いパラがプレンドしないです、
なぜならお茶とプレントすると、
お茶が酸素成分でパラの成分とあわないです。

また明代の『本草網目』による
バラは女性が生理をするときに飲むいけないです。

f0070743_2259616.jpg

これは最高級な有機栽培バラです。
[PR]
by 10tea | 2007-02-12 22:59 | 中国茶の分類・物語 | Comments(0)

孫義順茶荘 六安陳茶

【孫義順茶荘 六安陳茶】とは
私はしている資料で
1898年ごろ安徽省の孫義順という人が

六安瓜片(緑茶)を使って、
陳茶を作っていました。
作り方複雑です、
しかし1943年に生産に中止していました。

でも余り人気があるから、
1988年に中国安徽省にある会社を試作していました。
その後陳茶のブームを来て、
いろいろな偽物までできました。
今あるサイトは70年代について売っている、
基本はその時代がないはずです、
年数を古いならおいしい、高いで売れるのインチキ売り方法は
みんな気をつけてください。

その六安陳茶を入れる形こんな感じです。

f0070743_0171482.jpg


味が今回紹介します。
[PR]
by 10tea | 2007-01-22 00:17 | 中国茶の分類・物語 | Comments(0)
バラ科 (Rosaceae)
バラ科バラ属の種の総称。

去年はパラの会社有機栽培認定受けました、
今年にパラを販売する決めました。

f0070743_22272745.jpg

[PR]
by 10tea | 2007-01-13 22:28 | 中国茶の分類・物語 | Comments(4)
宋代からあることで、
現在まで計算すると900年近く歴史になってくる、
その時代に残りました宋種茶樹現在はわずか4株です。

第一棵(一本):宋種単叢

宋代時期から残った4株老単叢茶樹の一つです、
合計1株です。
最近『烏東宋種単叢』になりました。
香りは黄蘭花香にらしいです。
香りより味が深いです、何煎目でもできる、
冷めて香りや味がおいしいです。

馨華の『烏東宋種単叢』くわしくこちらです。
f0070743_2334072.jpg


年間わずかです。
(製茶する前に全て予約販売している。お金だけ、
人間関係ないと、手配できないお茶です。)


第二棵(一本):宋種芝蘭香
宋種芝蘭香は合計2株です。
茶の香りは平淡、幽雅、
少し芝蘭の花香をあります、
何煎でもよいです、
半年以上置いてから飲むと味がますます美味しいです。

年間わずかです。
(製茶する前に全て予約販売している。お金だけ、
人間関係ないと、手配できないお茶です。)


第四棵(一本):宋種蜜香単叢
宋代時期から残った4株老単叢茶樹の一つです、
このお茶は香りや味が甘薯『蜜味』の特徴をあります、
また,『宋種红薯香単叢』と呼びます。
香りより味が深いです、何煎目でもできる、
冷めて香りや味がおいしいです。

年間わずかです。
(製茶する前に全て予約販売している。お金だけ、
人間関係ないと、手配できないお茶です。)



後書き:

4株宋種鳳凰単叢はあまり生産量がなくて、
改良した物と比べると生産量がわずかことで、
あまり人気がないでした。
一番大きな老株単叢は何キロ単位しか製茶できない、
小さい老株単叢は1.5キロくらい製茶量です、
しかしこれは茶文化の財産である。

最近はこんなお茶はあまり流通していない、
何故なら今は保護されています。


注意事項:サイトに乗せる文章の
著作権は馨華(xinhua)に留保いたしますので、無断転載・掲載はお控え下さい!

[PR]
by 10tea | 2006-12-10 22:54 | 中国茶の分類・物語 | Comments(3)
鳳凰単叢の品種

鳳凰単叢は鳳凰水仙種の優れる品種です、
各の茶樹は外観や味など別々の特徴をあります、
各の品種になるから、
必ず一つ茶樹だけで製茶しないいけないです、だからこそ『単叢』とう言います。

鳳凰単叢はすべて優良単叢の総称です。



外観分種類方法:


鳳凰単叢は茶葉の外観で命名方法あります、
例えば『山茄子葉』、『橘仔葉』、『竹葉』など25種に分類している。

香りで分類方法:
鳳凰単叢の香りがいろいろながあります、
香りで分類『十大香型』あります、
具体的『十大香型』下記です:


一、黄枝香型
二、芝蘭香型
三、蜜蘭香型
四、桂花香型
五、玉蘭香型
六、姜花香型
七、夜来香型
八、茉莉香型
九、杏仁香型
十、肉桂香型


樹の外観で分類
茶樹の外観で分類方法もあります、
例:娘伞仔、大丛茶など15種にあります。

製茶の形で分類

製茶でき上げる外観で大贡骨、大乌葉、大白葉など26種に分類しています。

特別の意味で分類方法
お茶は時代による、
またそのお茶に特別の意味で分類方法もあります、

例:宋種、八仙過海、兄弟茶など。

注意事項:サイトに乗せる文章の
著作権は馨華(xinhua)に留保いたしますので、無断転載・掲載はお控え下さい!

[PR]
by 10tea | 2006-12-09 10:08 | 中国茶の分類・物語 | Comments(0)

馨華の茶缶

そろそろ2006年終わりになっている、
2007年について、
馨華は最近にいろいろな企画を作っている。

自分の気持ちで
来年もっと頑張りたいです、
だから、
来年は頭から足裏まで、
すべて面で努力していきます。

下記写真は弊社の新作写真です。
お茶を買うなら是非これ見つけて買ってください。

f0070743_12171057.jpg

[PR]
by 10tea | 2006-12-06 12:17 | 中国茶の分類・物語 | Comments(0)
凤凰茶の生産環境

凤凰山,昔は『翔凤山』を呼ばれている、
宋代绍圣四年(公元1097年)にある《新定九域志•古迹•卷九•潮州》により、
凤凰山,《南越志》は『翔凤山』で記録している。
《南越志》は南朝(公元557-589年)の沈懐遠に書いている。

しかし堪舆家は山が川など見た形による名前にを命じすることで、
『翔凤山』は『凤凰山』に変更しました


凤凰山は海拔高度350--1498米の間、
『潮汕屋脊』にも呼ばれている、
潮州とスワトにある最高峰であることです。
1000メートル以上の山峰が50であります、
凤凰镇周りだけで18峰である、
西北部の大髻山(峰高海拔1497•8米)、
石壁寮山(1143•2米)、烏岽山(1228•6米)、
北部の鸡公譬山(1409米)、掘金岽(1394米)などかなり高いです。

f0070743_054936.jpg


凤凰山は東海に近い原因で気候が暖かい、
年間降水量が充足です、また終年に雲霧が多い、
空気が湿度よい、昼と夜の温度差が大きです、
一年の平均温度は22℃以上です、
年間降水量1800ミリくらい、
土壌も有機物質と微量元素がある、
茶樹の植える自然環境を揃っている、
だから美味しいお茶をできます。

また昔の諺で
『高山出好茶』のことで、凤凰山のお茶がとても優れる環境に生産している表現されている。


凤凰鸟譬山、岛素山が伝説による
天上の神仙に遊びどころです、
今でもある『天池』は王母娘娘の沫浴地とも言われています。
いろいろな神話で凤凰山と凤凰茶に神密な色が染めている、
一つ不思議な楽しみことです。

注意事項:サイトに乗せる文章の
著作権は馨華(xinhua)に留保いたしますので、無断転載・掲載はお控え下さい!

[PR]
by 10tea | 2006-12-05 23:23 | 中国茶の分類・物語 | Comments(0)
凤鳳茶簡史 

凤鳳茶は福建省潮州の凤鳳鎮にある凤鳳山で生産している、
風鳳茶もその山の名前からお茶の名前になりました。

凤鳳山は中国53民族にある少数民族の畲族の発祥地である、
隋、唐、宋時期による,少数民族の畲族が住む場所なら
必ずお茶をある、必ずお茶を植えることである、
畲族と茶樹が切れないほど縁をあります。
茶樹と畲族同生存、同命運で生活している。


隋朝年间,地震を起こって原因で、
山に火事をなりまして、
凤凰山の狗王寮(畲族始祖の発祥地)にある茶樹も燃えてしまいました、
乌祟山、待诏山だけ少し残りました。


宋代時に凤凰山の山民がある葉尖を
鶴の嘴に似ている紅茵茶樹を見つけました、
その茶葉で製茶して飲んで、味がとても美味しく、
それから植える始まりました。
その時に『鳥嘴茶』呼ばれているらしいです。
その時に宋帝が元兵から追いかけられて、
潮州に逃げていました。逃げている宋帝は喉の渇くて、
そのお茶を飲みまして、宋帝はとても気に入りまして、
よく誉めてされていることで
それから宋茶に呼ばれるなりました。

伝説において、
歴史による、南宋時期よる、
风凰山民は自分住む庭の前と後によく鳥嘴茶樹を植えていました。
茶が解渇、安静、消化、咳きとめなど効能あることで、
山民が皆植えていました。
烏東村の李老漢が一番よく植えていました。


明弘治時期、待诏山にある凤凰茶は献上されて、
贡品になりまして、『待诏茶』を呼ばれていました。


清康熙元年(公元1662年),
饶平(現在の饶平県)の軍隊総兵官の
吴六奇が兵士や民工を採用して、
乌岽山の途中に茶園にいろいろ茶種をうえました。
そのお茶は
凤凰山太平寺と饶平县衙の皆でよく飲ませていました、
残り周りに売れていました。

清康熙四十四年(公元1705年),
饶平县の知事郭于蕃が凤凰山に視察、
お茶を植えることが奨励していました。


f0070743_23465349.jpg


この樹でも4百年近く歴史をあります。

注意事項:サイトに乗せる文章の
著作権は馨華(xinhua)に留保いたしますので、無断転載・掲載はお控え下さい!

[PR]
by 10tea | 2006-12-04 22:58 | 中国茶の分類・物語 | Comments(0)
烏東宋種単叢とは?

簡単に言うと、
広東省の潮州にある烏東山に
宋代ごろ植えていました茶樹から摘みした茶葉で作られているお茶のことです、

単叢とは?
一つ樹の意味です、1株の意味です。

風鳳山に生産しているものすべて風鳳茶を言う、
風鳳茶は烏東山に生産しているから名前をよばれました。


下記写真は現代に改良した烏東宋種単叢
f0070743_235526.jpg



何百年ものものがすくないです、
現在は宋代に残っている、老茶樹はわずか4株しかないです、
その茶木から摘み下お茶を量がすくないです。

これは傳説の宋代に残っている茶樹、
傳説による、
これは900年くらい年令をあります、
年間製茶1.5キロしかない貴重な宋種単叢です。

今度私はお茶を作る中国最高級茶技師を通じて少し手配できました。
詳しくこちらです。(ここ注意してください、
私は言う茶技師は日本によくある茶芸師ではないです、
茶技師はお茶を植えるや改良などする資格です、
茶芸師はそんなことをしないです。


茶芸師は日本でも何千人らしいです、
最高級茶技師は日本がないです、
これは中国でも30人未満です、
本格な技術ですから、簡単に中国政府から認定受けしてないらしいです。

下記写真の女性はその中の一人です、
武夷山茶葉研究所に所属です。
その技を見たら本当にびっくりしました。

f0070743_23185138.jpg




広東省潮州市鳳凰鎮鳳凰山・烏東山が産地で、
特に最高級の単叢は烏東山のものとされています。
詳しく写真こちらです。


注意事項:サイトに乗せる文章の
著作権は馨華(xinhua)に留保いたしますので、無断転載・掲載はお控え下さい!

[PR]
by 10tea | 2006-11-21 23:12 | 中国茶の分類・物語 | Comments(0)

馨華献上銘茶


by 馨華献上銘茶
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31